結婚式のネクタイはシルバーが正解?気を付けたいマナーを紹介

結婚式に参列する際の着こなしは、失礼がないようにマナーを守らなければいけません。特に男性はスーツで出席するため、ネクタイはコーディネートの顔になる重要なアイテムです。マナーに従いつつ、華やかさもプラスできるネクタイの選び方を伝授します!
目次

お呼ばれしたときの基本的なマナー

WEAR

結婚式に参列する場合、ご祝儀はいくら包むべき?と頭を悩ませる人も多いのではないでしょうか。

ご祝儀は『お祝いの気持ち』として渡すものです。適切な額を包んで結婚を祝福しましょう!

ご祝儀の相場は3万円

WEAR

友人の結婚式に参列する際のご祝儀は「2人の仲が割れないように」という縁起を担いで、2つに割れない数字の奇数である『3万円』とする場合が多いです。

実際、披露宴の食事代と引き出物代は、合わせておよそ2万円ほどかかります。3万円なら、おもてなしにかかる費用の2万円とお祝いのお金1万円を合わせた額になり、友人の結婚をお祝いする金額としては妥当です。

しかし、どうしても3万円を用意することができない…。というときは、2万円でもマナー違反ではありません。おもてなしにかかる費用分は賄えているため、最低限の費用はお返しはできています。

2万円は偶数なので、千円札や5千円札を混ぜて枚数が奇数になるように包みましょう!

当日は早めに会場に行こう

WEAR

お祝いの場である結婚式で、遅刻は厳禁です。ギリギリ間に合ったとしても、当日受付で並んで時間がかかる可能性もありますし、新郎新婦へのメッセージカードの記入などもあるかもしれません。

プラスで、会場についてから荷物を預けたり、お手洗いに行ったりする時間も考えると、最低でも20~30分前には到着しておく必要があります。交通機関の乱れも、30分前に着くように行動していれば対処できるでしょう。

到着が早過ぎると、会場が準備できていない可能性があります。もし30分以上早めに着いておきたいという場合は、事前に会場に問い合わせておきましょう。

結婚式のネクタイは何色がマナー?

WEAR

結婚式の服装は、新郎新婦や親族に対して失礼があってはいけません。友人なのでかしこまり過ぎる必要はありませんが、マナーを守って華やかな席にぴったりのネクタイを着用しましょう!

シルバーなら華やかさもプラスできる

WEAR

結婚式のマナーに従いつつ、華やかな雰囲気が演出できる色は『シルバー』です。光沢がある素材であれば、無地ではなく柄物でもOKです。また、柄の中ではストライプが良いとされていますが、ドットや小紋など柄は問いません。

シルバーも色の濃さによって与える印象が変わるため、お祝いの場にふさわしいホワイトに近いシルバーを選びましょう。

ホワイトが定番

WEAR

結婚式にふさわしい色といえば、やはり『ホワイト』です。昔からフォーマルな場にふさわしいとされている定番なので、どんな式場でも安心して着用できるでしょう。

無地のホワイトなら間違いないですが、少しシンプルになり過ぎるかもしれません。白地に白織柄の入ったものなど、アクセントのある柄物にすると、おしゃれで周りとの差もつけられます。

優しげなパステルカラーも人気

WEAR

パステルカラーのネクタイも、最近は明るく華やかで良いと好まれるようになってきました。スーツに合った色を選べば、統一感のあるおしゃれな装いになるでしょう。

しかし、カラーだからこそ生地にはこだわるべきです。結婚式の特別感が出るように、質の良い、光沢のある素材を使ったネクタイを選びましょう。

その他のマナーを守ろう

WEAR

ネクタイには、選んではいけない色・柄があります。また、だらしない結び方をしていては、せっかくの装いが台無しです。ネクタイはマナーに従って選び、結び方にもこだわりましょう。

喪服を連想させる黒は絶対にNG

WEAR

『黒』は、結婚式でご法度の色です。喪服に使われる縁起の悪い色と考えられているため、黒のネクタイは着用しないように気を付けてください。

黒というだけでマナー違反です。光沢のある素材のものも、柄が入っているものもすべて避けましょう。

アニマル柄は避けよう

ZOZOTOWN

アニマル柄は『殺生』を連想するため、お祝いの場ではふさわしくない柄です。ヒョウ柄、クロコダイル柄など、アニマル柄全般は避けましょう。

最近の若い世代はあまり気にしない人も多いのですが、年配だと気にする人も多いため、多くの年代が集まる結婚式の場にはふさわしくありません。

綺麗な結び方を意識

WEAR

結び方には、その人の性格が出ます。ネクタイは首元までちゃんと引き上げて、結び目は緩まないようにしましょう。定番は『ダブルノット』と呼ばれる結び方です。結び目に適度なボリュームが出て、シルエットのバランスが良くなります。

まずは一度結んで、鏡で全身をチェックしてみてください。何度か結び直し、ベストな結び方をマスターしましょう。

ネクタイ選びに気を付けよう

WEAR

結婚式はマナー厳守が鉄則です。友人として参列するからこそ許されることもありますが、マナー違反には気を付けなければなりません。

華やかで明るく、そして上品なネクタイを選んで、新郎新婦にとって特別な日を祝福しましょう!

※画像はすべてイメージです。

ファッションの記事ランキング昨日人気のあったファッションに関する記事

  1. 1【黒ブルゾン】おすすめのレディースコーデ&魅力を徹底解説!motsu
  2. 2【Kastane】でつくる♡イマドキ女子の注目トレンドコーデ特集maaya
  3. 3スーツのインナー何を着る?おすすめレディースアイテムで個性魅せmaaya
  4. 4【17選】どのスニーカーブランドが好み?プチプラのおすすめedamame6
  5. 5レディースの赤スニーカーを使いこなせ♡今っぽメンズライクコーデちゃちゃ
  6. 6男ウケ抜群アイテム♡かわいい彼女が着ているナイトウェアとは?may
  7. 7スポーツにも普段使いにも♪レディーススポーツタイツでイイ女に♡umepooh
  8. 8【ワイドデニムパンツ】レディースのおすすめコーデ15選をご紹介meguu
  9. 9しまうのはメイク道具だけじゃない?今話題のバニティケースに注目!chucky
  10. 10【2020最新版】大学生に人気の服・ブランド特集!安い×オシャレUTA

おすすめの記事いまARINEで話題の記事

  • ビオデルマは乾燥肌の味方♡イドラビオのクレンジング水をレビュー!PR|ARINEレポート
  • 話題のビオデルマ♡イドラビオのセラムや他商品の人気の理由に迫る!PR|ARINEレポート
  • 人気のビオデルマ♡まずはお試しセットでトライしてみてはいかが?PR|ARINEレポート
  • おすすめリップライナーランキング10選!使い方の基本〜応用も解説ARINE CATAL...
  • 大人気♡【スック】のアイシャドウを肌色で選びましょ♡mapip
  • サボテンシードオイルがたっぷり!ハクスリーの新感覚うるおいケアPR|ARINE公式