結婚式招待状を返信する時の宛名等の書き方。マナーをしっかり守ろう

結婚式の招待状に同封された返信用ハガキには、書き方のマナーがあります。宛名欄の修正や出欠を表す書き方のマナーや、使用する筆記用具や言葉遣いには気を付けましょう。新郎新婦が見た時に喜んでくれるような、返信用ハガキの書き方を紹介します♡
目次

結婚式招待状はいつまでに返信する?

結婚式の招待状が届いたら、できるだけ早めに返信するのがマナーです!結婚式の出欠確認が遅れてしまうと席次表の作成に手間取ったり、食事代や引き出物のキャンセル料がかかったりする恐れがあります。

結婚式の招待状の返信は『遅くても1週間以内』を心がけましょう。またすぐに返信ができない事情がある場合は、返信用ハガキを送る前に電話で新郎新婦に直接事情を話しておくと安心ですよ。

欠席の返信は早すぎると失礼に

結婚式の日程と外せない用事がかぶってしまい、やむなく欠席の返信をする時は『1週間程度の期間を空ける』のがマナーです。出席の場合は早ければ早い程喜ばれますが、欠席の返信が早すぎると新郎新婦に対して悪い印象を与えかねません!

新郎新婦の晴れ舞台を欠席してしまう申し訳なさを込めて、欠席の返事は失礼のないように対応しましょう。また、予定の見通しが立たずに返信期限までに返信できない場合は、新郎新婦に迷惑をかけないよう欠席で返信を出すという人も多いようです。

返信用ハガキの書き方マナー

結婚式の招待状には、結婚式の出欠を確認する返信用ハガキが同封されています。招待状の返信用ハガキには独自のマナーがあり、社会人であれば覚えておきたいポイントです。

結婚式の招待状が届いたら、書き方のマナーを確認しながら返信用ハガキに記入しましょう♪

表面にある宛名の書き方

宛名書きの手間をかけさせないようにと、返信用ハガキの表面には新郎新婦の住所が印字されています。ハガキの表面で用いる書き方のマナーは『敬称の修正』です。

返信用ハガキの表面を見てみると、宛名の下には『行、宛』と書かれています。この敬称は招待状を送る人への謙遜を込めた書き方ですから、改めて返信をする時は宛名をきちんと敬称に修正しなければ失礼です!

返信用ハガキの表面は『行、宛』の文字を斜めの二重線で消し、横や下に『様』と書くのがマナーですよ。

裏面にある出欠、名前等の書き方

返信用ハガキの裏面には『出席、欠席の文字』と『自分の住所や氏名の記入欄』が印字されています。裏面では『自分の敬称を消す』『出席、欠席どちらかの文字を消す』ことの二つを行いましょう。

ハガキ裏面の欠席や出席の文字の上にある『御』や氏名欄の『御法』は自分へ向けた敬称ですので、返信する前には必ず二重線で消しましょう。また結婚式に出席する場合は『御欠席』の文字を二重線で消し、出席の文字を丸で囲みます。

丸で囲んだ上にある『御』を二重線で消さない代わりに『寿』の文字で隠すテクニックも人気です。さらに「慶んで出席させていただきます」「残念ながら欠席させていただきます」といった文章になるように言葉を加えると、より丁寧になりますよ♡

返信用ハガキの書き方の疑問

招待状の返信用ハガキを書く時は、上記で取り上げたマナーだけでなく以下の点にも気を付けましょう!

ボールペンで書いてもいい?

招待状の返信用ハガキには『筆ペン』『万年筆』を使って書くようにしましょう。どうしてもという状況であれば水性ボールペンでも差し支えはないものの、インクの色は『黒』を選ばないと失礼にあたります!

グレーインクや一部のカラーインクは不幸を連想させる色ですので、筆記用具だけでなくインクの色にも配慮しましょう。

メッセージも添えたほうがいい?

返信用ハガキは出欠の確認に使用されるものなので、必ずしもメッセージを確認する必要はありません。しかし、招待してくれた感謝を込めた意味でも、簡単なメッセージを添えると好印象ですよ。

メッセージは「ご結婚おめでとうございます!お2人の晴れ姿を楽しみにしています」など、2~3行程度でOKです。新郎新婦に向けた祝福の言葉や、式を前にした自分の気持ちなどをメッセージにしましょう♪

メッセージを書く時の注意点は?

返信用ハガキにメッセージを書く時は『句読点を使わない』のがマナーです。句読点のある文章は『終止符を打つ、切れる』などを連想するため、お祝いの席では使用を避けています。

お祝いのメッセージを書く時は、くれぐれも句読点を使用しないように注意しましょう!

出席で出した後、行けなくなったら?

出席で返信用ハガキを出した後に欠席せざるを得ない状況になったら『新郎新婦に直接会って伝える』のがベストです。急な変更であることを詫び、身内の出産などのおめでたい理由でなければ欠席する理由を話す必要はありません。

もしも遠方に住む友人など直接会うのが難しい場合は、電話をして欠席を伝えましょう。また式当日欠席をしてしまっても、ご祝儀を用意するのはマナーです!

欠席を報告したのが式直前なら料理や引き出物のキャンセル料を考慮して、結婚式でご祝儀として渡そうとしていた額を包みましょう。また式当日には、新郎新婦に向けた電報を送ってあげると良いですね。

返信用ハガキに祝福の気持ちを込めて

結婚式招待状の返信用ハガキは適当に書いてしまうと、大変な失礼に当たります。書き方のマナーを覚えて、宛名の敬称や出欠の記入にも気を配りましょう!

※画像は全てイメージです。

恋愛の記事ランキング昨日人気のあった恋愛に関する記事

  1. 1好きな人と付き合いたい♡【自分磨き】で自分史上最高のかわいさを!mi-z
  2. 2【男目線】手放したくないと思わせる女性の特徴厳選まとめ6選☆taishin
  3. 3ラブラブカップルの定番!二人で身に着けたい腕時計ブランド10選air777
  4. 4男性が喜ぶ褒め言葉の「さしすせそ」とダメ言葉「たちつてと」とは?Shihoko
  5. 5【後ろから抱きつく男性】の心理とは?それに対するかわいい反応もふろこ
  6. 6キスはいつ?誕生日はどうする?付き合いたてのカップルマニュアル♡yuriri
  7. 7「好きな人ができない…。」あなたに好きな人を作る方法教えます♡maaya
  8. 8いい彼女でいたいから。彼の気持ちをつかむ【いい彼女】の恋愛指南書Hiro
  9. 9男性がキスしてくる心理とは?キスにまつわる男性心理から対処法までUTA
  10. 10恋愛テクニックを使って彼を思い通りにしたい♡段階別にテクを伝授kaikun

おすすめの記事いまARINEで話題の記事

  • 【人気ランキング10選】ジョーマローンの人気香水は?徹底比較!Miu
  • もう朝迷わない!+1アイテムで簡単おしゃれなオフィスコーデPR|ARINE公式
  • おすすめ泥パックランキング10選♪ドラッグストアのプチプラもaya
  • 素肌感たっぷり《水ファンデーションランキング》9選♡moeppi