出産祝いのお返しのマナーは?金額や贈るタイミングも知ろう

子どもが生まれることは家族みんなの喜びです。たくさんの人たちからお祝いをもらったら、ささやかなお礼をしたいですね。しかし初めてのことだとわからないことが多いかもしれません。『出産内祝い』と呼ばれる、お返しのマナーを解説します。
目次

出産内祝いとは

出産が初めての人にとって、何かと戸惑うことが多い『出産祝いに関するマナー』ですが、どのような点に気をつければよいのでしょうか?出産祝いに関するマナーがまったくわからない人のために、まずは出産内祝いとは何か解説します。

出産祝いをもらった人にお返しをすること

出産内祝いの『内祝い』とは、元々は『身内のお祝い』という意味で使われる言葉でした。出産を家族全員の喜びととらえ、その喜びを分かち合うために金品を贈りあったのです。

近年では家族だけではなく、友人や親戚などの出産を祝うことも多くなったため、広く『結婚祝いをくれた人へのお返し』という意味で『内祝い』という言葉が使われるようになっています。

内祝いの金額の目安は?

出産祝いをくれた人へのお返しには、祝ってくれた人への感謝が伝わるものを選びたいですよね。しかしどれぐらいの金額のものを選べばいいのか、また何を選べばいいのかわからない、と悩む人もいるでしょう。

内祝いの金額には目安があるため、まずはおおよその価格帯を決定してからアイテムを選びましょう!

もらったお祝い金額の半額程度

内祝いの金額の目安は、もらった金額の半分程度です。つまり1万円分のお祝いをもらったら5,000円ということになります。この金額はあくまでも目安ですので、正確に計算する必要はありません。

1/3程度の金額でもOK

お祝いをくれる人の中には、高額なお祝いをくれることもあるでしょう。特に目上の親戚などは、一族のめでたい出来事とあって、かなりお金をかけて祝ってくれる場合もあります。そんな時は無理をせず、1/3程度の金額でも大丈夫です。

立場が上の人からの贈り物の場合、あまり高額なものをお返しするとかえって失礼になってしまう場合もあるので注意しましょう。見栄を張らず、相手を立てるように心がけるとトラブルになりませんよ!

お返しは基本的に品物を贈る

最近は商品券やギフトカードなど、現金と同じような用途を持つ贈り物もありますが、内祝いの場合は品物を贈るのがマナーです。ネットショップなどで内祝いを検索すると、内祝い用のギフトがたくさんヒットするので、選びやすいでしょう。

それでも何を選んだら良いのかわからない場合は、『カタログギフト』をおすすめします。価格帯に合わせた複数のアイテムから、相手方に好みのものを選んでもらえるので便利ですよ。

なお品物には『のし』を付けます。デザインは『花結び(蝶結び)』のものを選び、のしには赤ちゃんの名前を記入します。このとき、夫婦の名前を入れないように注意してくださいね!

内祝いを贈るタイミングは?

内祝いを贈る際は、タイミングも重要です。あまり遅れてしまうと失礼になってしまうので注意しましょう。

出産後の1~2カ月

内祝いは産後1ヵ月から2か月の間に贈りましょう。しかし産後は忙しく、なかなか手続きを進められない場合もあるため、内祝いの品物選びや送り先の確認は妊娠中に済ませておくと安心です。

内祝いは直接渡すことができればいいのですが、産後1~2カ月だと出かけるのが難しい場合もあるため、無理をせずに配送を依頼しましょう。自宅へ郵送する場合は、ギフト専門店を利用するとスムーズです。また、その場合は内祝いを贈ることを相手先に連絡しておくと確実ですよ。

なお相手方が喪中だった場合は、49日が済んでから贈るようにしてください。

遅れてしまった場合は?

赤ちゃんのお世話が予想以上に忙しく、内祝いまで手が回らないこともあるでしょう。また体調がなかなか戻らず、内祝いの手配が遅れてしまうこともあるかもしれません。

そんな時は、内祝いを贈る際に『遅れてしまったことをお詫びするお礼状』を一緒に贈るのがマナーとなっています。白無地で縦書きの便せんを用意し、『遅れてしまったことをお詫びする文言』を記載します。その際『赤ちゃんの名前』や『家族の近況』『お祝いをしてくれた感謝の気持ち』も盛り込むと良いでしょう。

なおお礼状を書く際は『お返し』という言葉は使わないのがマナーです。

あとからお祝いをもらった場合

出産祝いは産後1ヵ月の間に贈られますが、出産を後で知った人から日を置いて出産祝いを頂く場合もあるでしょう。そんな時は個別に内祝いを贈ります。この場合はお祝いを頂いてから1ヵ月以内に贈りましょう。

相手の喜びそうなものを選ぼう

内祝いを選ぶのは嬉しい反面、大変な作業です。特にたくさんの人からもらった場合は、個別に選んで対応すると負担が大きいかもしれません。そんな時はギフト専門店を活用し、相手に喜んでもらえるものやお礼の気持が伝わるものを選びましょう!

※画像は全てイメージです。

ライフスタイルの記事ランキング昨日人気のあったライフスタイルに関する記事

  1. 1≪手鏡編≫あげる前に知っておきたい【プレゼントに含まれる意味】kyonoka
  2. 2おしゃれ女子必見♡かわいいペンケースで素敵なライフスタイルを♡tamu
  3. 3毎日持ち歩きたくなる♡【歯ブラシケース】で女子力アップ!niwaco
  4. 4今どき女子はパソコンが手放せない!パソコンケースブランドまとめYUKI
  5. 5【オススメ加湿器6選】かわいい女子は身の回りもかわいいを♡chucky
  6. 6イタリアの伝統菓子ビスコッティとは?レシピや食べ方を紹介!はせはせ
  7. 7これは困った!会話が続かない!面白い会話ネタ一覧【デート編】haru
  8. 8今話題の「アロマワックスサシェ」とは?簡単な作り方をご紹介♡shiratama
  9. 9デザインも質も妥協なし♡誕生日プレゼントに人気のコスメブランド!kaho
  10. 10さり気なくふわっと良い香り♡クローゼットに入れたいおすすめ芳香剤mnmn

おすすめの記事いまARINEで話題の記事

  • 「実際、みんな貯金してる…?」アラサー女子のリアルお金事情PR|ARINE公式
  • FPさんに聞く「貯まる人・貯まらない人」の特徴PR|ARINE公式
  • 【2時間集中】彼を射止めよ!デート前夜にやっておくべき5つの準備PR|ARINE公式
  • お風呂時間をさらに癒しに♡自宅でできるカンタン頭皮マッサージPR|ARINE公式
  • クリスマス直前!素敵なクリスマスのために、今からできる5つの準備PR|ARINE公式