高校生必見!学校でもOKのナチュラルメイクやり方&プチプラコスメ

高校生のみなさんは、普段どんなメイクをしていますか?校則の範囲内でメイクをするのは難しいと思いますが、高校生のあなたにおすすめしたいのは「ナチュラルメイク」。けして手抜きではなく、ポイントを抑えるだけで簡単に普段と違う雰囲気に。 この記事では、平日と休日に分けてメイクのやり方とおすすめのコスメをご紹介します!これからメイクを初める高校生は、ぜひチェックしてくださいね。
目次

高校生メイクのポイント

1. 素肌感

kazufumi_ohashi (MISS ESSENCE 表参道店所属)

高校生のナチュラルメイクには、ポイントが3つあります。

1つ目は、素肌感。
ファンデーションで肌を整えすぎると素肌感は演出できないので、基本的にベースは薄づきが◎。そしてベースメイクは、肌の健康状態がメイクの仕上がりに影響してきます。そのため、化粧水や乳液などのスキンケアを日ごろからしっかり行ってくださいね。

2. 自眉を活かす

@monica_moorry (monica所属)

2つ目は、自眉を活かすこと。
アイブロウは整えすぎず、自眉を生かすことで抜け感のある眉毛になります。なかには校則で眉毛を剃ることが、禁止されている方もいるでしょう。
眉毛からはみ出ている産毛は剃り、ペンシルやパウダーでナチュラルに仕上げるのがおすすめです。

3. くるんとしたまつ毛

3つ目は、くるんとしたまつ毛。
くるんとしたまつ毛は、アイシャドウやアイラインが控えめでも、ぱっちりとした目元に仕上げてくれます。自然なまつ毛を演出するには、ボリュームタイプより、ロングタイプか透明マスカラがおすすめ。つくり込んだまつ毛ではなく、自まつ毛のように見せることを意識しましょう。

揃えるコスメ

ARINE編集部

ナチュラルメイクに必要なコスメを紹介します。

使用するコスメは、化粧下地・フェイスパウダー・マスカラ・ビューラー・アイライン・アイブロウパウダー&ペンシル・リップ。平日メイクで使ってほしいコスメです。
「こんなに多いと予算オーバーしてしまう。」と不安に思う方もいるかもしれませんが、プチプラブランドでは1000円以下で買えるものが多いので、6000円程度で揃えられると思います。

ARINE編集部

続いて、顔に彩りを与えてくれるアイシャドウ・チークと、立体感をつくってくれるシェーディング・ハイライト
これらは、メイクをすると分かりやすいので、学校のない休日に使うことをおすすめします。もし平日メイクにも使いたい場合は、バレないように薄づきにしてくださいね。

学校でもOKの平日メイク

Masatoshi Yamanouchi (スターベリー 逗子店[STARBERRY]所属)

まずは、学校にもしていける平日メイクです。やり方とおすすめコスメを紹介するので、ぜひ試してみてください!

【ベースメイク】はCCを味方に

やり方

ARINE編集部

すっぴんのような素肌感をつくるには、CCクリームとフェイスパウダーが◎。

1. 両頬、鼻、おでこ、アゴの5つにCCクリームをのせる。
2. 手やスポンジで広げる。
3. 最後にフェイスパウダーを軽くのせたら、ベースは完成!

スガオのCCクリーム

スフレのようなふわふわ軽やかなCCクリーム

スフレのような質感が特徴のCCクリーム。軽やかな仕上がりでなじみやすく、肌にフィットしやすいところが魅力のアイテム。ふわふわしたやわらかい塗り心地で通気性にも優れているので、時間が経っても化粧くずれしにくいところがポイント。さらっとした質感で自然な透明感を。

こちらのCCクリームは、素肌を生かしてきれいな肌にみせてくれるので、高校生のベースメイクにぴったり。スフレのように軽いつけ心地は、メイクをしているのを忘れてしまうかのような感覚に…。光を味方にして透明感のあふれる肌を演出してくれます。

セザンヌの下地

皮脂崩れを防ぎ、化粧モチをよくする化粧下地

こちらの化粧下地はテカリだけでなく、化粧モチ自体をよくしたい方におすすめ。"化粧もち持続成分(ロングラスティング成分)"配合で、化粧したてのビジュアルを保てます。"皮脂吸着パウダー"(公式HPより)が皮脂だけでなく毛穴の凹凸もカバーしてくれるのも嬉しいです。コスパのよさも◎。

夏場など皮脂崩れでメイクが浮いてしまいやすい時期におすすめしたいベースアイテム。べたつきにくく、サラサラ肌に仕上がるのが特徴。高校生でも購入可能なリーズナブルな価格も魅力のひとつです。
カラー展開は、顔を明るく見せてくれるピンクベージュカラーと、透明感を演出してくれるライトブルーカラーがあります。

キャンメイクのフェイスパウダー

こちらはサラッと軽くつけるだけで、マシュマロのような美肌に導いてくれるフェイスパウダー。厚塗りをせずにナチュラルな肌に仕上がるので、高校生メイクにおすすめです。鏡つきなのもうれしいポイント。
カラーバリエーションも豊富なので自分の肌に合うものを選んでくださいね!

もっとベースメイクのやり方が知りたい方は、下記のリンクをチェック。

【アイメイク】はくるんとまつげがポイント

やり方

ARINE編集部

ナチュラルな目元に仕上げるには、アイラインとまつ毛に注目します!

1. アイラインを目尻に引く。目尻からから5mmはみ出すくらいが自然です。(画像上2つ)
2. ビューラーを使ってまつ毛をあげる。
3. まつ毛の下からマスカラをつける。(画像下2つ)

キャンメイクのアイライナー

1.5mmの超極細ジェルアイライナーなので、細いラインを簡単に描くことができます。また一度乾けば落ちにくい特徴があるので、くっきり濃密発色が長続き。
カラー展開は何色かありますが、ナチュラルメイクはブラウンが◎。シンプルでやわらかい目元に仕上がります。

エテュセのマスカラの下地

アイエディション(マスカラベース)

アイエディション(マスカラベース)

全然、盛ってないのにね。 ベースに仕込んで、かるがる上向きまつげへ。 つけるほど長く、太く、濃く、かるがる...

マスカラではなくまつ毛用化粧下地です。まつ毛になじみやすい黒いマスカラ下地なので、自然に目力がUPできます。汗や皮脂、涙に強いので、長時間カールが続いて心強いですよね。
平日メイクでは、これ1本で十分ぱっちり目元に仕上がります。休日はまつ毛の下地の上に、マスカラを重ねるのがおすすめです。

資生堂のアイラッシュカーラー

美しいカールを作れる、定番ビューラー

日本人女性のまぶたにフィットするように作られたフレームが、しっかりと目元にフィットしてくれます。弾力性のあるゴムによって、簡単にまつ毛をカールすることが可能!プチプラでお手頃にゲットできて、コスパがいいビューラーです。メイク初心者さんで「どのビューラーを買えばいいかわからない」という方には、ぜひおすすめしたい商品ですよ。

ビューラー選びに迷った方には、こちらのアイテムがおすすめ。適度な弾力性のあるゴムの丸みで、まつ毛への負担を抑えながらくるんとしたカールが叶えられます。
何千人もの日本人女性のまぶたの形を研究し開発されたビューラーなので、様々な方のまぶたの丸みにフィットしてくれるはずです。

【眉メイク】は自眉を活かして

やり方

ARINE編集部

自眉を生かしたいので、基本的にはパウダーのみでOK。眉尻など描く必要がある方は、ペンシルで描き足してください。

1. (必要な方は)ペンシルで眉毛の少ない部分を描く。
2. 明るめのブラウンのパウダーで眉毛をなぞるようにのせる。

自然な眉毛にするには、眉頭は薄い色のパウダーを、眉尻に向かって濃い色をのせるのがポイントです。アイブロウパウダーは、ブラウンアイシャドウでも代用できるのでぜひ試してみてください!

エクセルのアイブロウペンシル&パウダー

これ1本で理想の眉をゲット!

ペンシル、パウダー、ブラシの3機能一体型で、これ1本で理想の眉を演出できちゃうアイブロウ。
カラーバリエーションも豊富で、驚きの8色展開。細かくカラーが分かれているので、髪色に合うぴったりのカラーが見つかるはず!"パール感"(公式HPより)のあるふんわりパウダーは、アカ抜け眉を叶えてくれますよ。

ペンシルとパウダーとスクリューブラシの3機能が1本にまとまっているアイテム。これ1本あるだけで美眉が叶うので、お財布にもやさしいですね。ナチュラルフィットパウダーは、濃淡がつけやすいので立体的な眉毛に仕上がります。
ベーシックからトレンドカラーまで8色ありますが、高校生メイクにはナチュラルブラウンかグレイッシュブラウンがおすすめ。

ケイトのアイブロウパウダー

3色のパレットで立体グラデ眉を演出

2種類のヘッドがついたアイブロウブラシを部分ごとに使い分けて、まるで3Dのような立体的な眉メイクが叶うアイブロウ。1番濃い色のパレットで眉毛の下を軽くなぞり、陰影をつけることでほりの深い目元に近づけます。
複数の色を混ぜ、髪色に合わせたり、部分使いすることで理想の眉に近づけることができますよ!

こちらのアイブロウパウダーは、高校生から大人の女性まで、幅広い年齢層から人気の高いアイテム。ナチュラルメイクのポイントである、自然でしっかりとしたアイブロウメイクが完成します。1番薄い色を眉頭にのせて、真ん中の色を眉毛の中央から眉尻にのせて、きれいなグラデーションをつくってみてください。

ナチュラルな眉毛の描き方とアイテムが知りたい方は、下記のリンクをチェック。

セザンヌの眉マスカラ

元から美まつげ風♡夜まで自然なカールをキープ

透き通った透明な液体が印象的なマスカラトップコート。アイブロウのトップコートとしても使用できます。まつげ保護成分として"パンテノール"と"シルクエキス(保湿成分)"(公式HPより)が配合されています。まつげをケアしながら、カールをキープしてくれます。

ツヤ感が演出できて、ナチュラルメイクを叶えることができるクリア眉マスカラ。
プチプラで手に取りやすいアイテムなので、ぜひ一度試してみてください。普段使っているマスカラの上に重ねて塗るのも◎な汎用性が高いところもおすすめポイント。

【リップメイク】は肌なじみの良さがポイント

やり方

ARINE編集部

色や質感で雰囲気を変えられるリップメイク。高校生メイクでは、肌なじみの良い色づきバームやグロスを選ぶのがポイント。

1. 唇全体にリップを塗る。
2. 仕上げは、唇の中央にリップをポンポンと重ねる。

血色感のあるピンクをチョイスすることで、顔がパッと明るく見えます。

ニベアのリップ

ほんのりとした色づきで健康的な唇に見せてくれます。リップケアができるだけでなく、さりげないリップメイクも完成。高校生のナチュラルメイクにはもちろん、お泊りの時のすっぴん風メイクにも使えるリップです。

オペラのリップティント

メディアでも注目されている、実力派のナチュラルリップティント

人気のリップティントとして、名高い「OPERA(オペラ)」。@cosmeベストコスメアワード2019 では殿堂入りしている実力派リップティント。うるツヤ感があり、ナチュラルな発色のオペラリップティントは上品な口元に仕上げてくれるので、オフィスやデートなどでも使えそう。くっきり色を残したいという方よりも自然に色づく赤色を残したいという方におすすめです!

ナチュラルメイクには、オペラのリップがおすすめ。
唇にのせた瞬間スーッと伸びて、うるうるのリップに仕上がります。透明感のある発色で、うるおいと色気のある唇に。リップティントなので、色落ちせずにつけたての色をキープできるのがうれしいポイントです。

おしゃれをして出かけたい休日メイク

ここまで、校則の範囲内でばれないようなすっぴんに近い平日メイクを紹介してきました。
しかし高校生も学校のない休日は、華やかなメイクをしたいですよね。以下では、高校生の休日におすすめのアイシャドウやチークなどを使ったメイクをご紹介します。

【アイシャドウ】はメイクの雰囲気を変えてくれるアイテム

やり方

ARINE編集部

アイシャドウは、メイクの雰囲気を大きく変えてくれるアイテムです。選ぶ色味によってかわいくしたり、大人っぽくしたりコントロールすることができます。

1. ハイライトカラーをアイホールに広げる。
2. ミドルカラーを二重幅より広めにのせる。
3. シェイドカラー(締め色)を目のキワにのせる。
4. 下まぶたは、ハイライトカラーを目のキワにのせる。

一重の方は、目を開けたときにキワに塗ったカラーが全て見えてしまうので、締め色は細く引くことを意識してくださいね。

リンメルのアイシャドウ

こちらのアイシャドウは、まぶたに溶け込むようなしっとりとしたテクスチャなので、初心者の方でも失敗しにくいのがポイント。ソフトマットの質感は、ほんのりツヤ感のあるきれいな仕上がりに。高校生の休日メイクでは、多めに目元にラメをのせるのもおすすめ。
どのカラーもブラウン系で発色が良いので、深みのある印象的な目元になります。

キャンメイクのアイシャドウ

パーフェクトマルチアイズ

パーフェクトマルチアイズ

究極のナチュラルを目指す、ラメなし5色のパウダーアイシャドウ。 アイブロウとアイライナーにも使えるので、ポ...

ラメなしのマットなアイシャドウで、パレットに5色もカラーが入っているので、単色使いからグラデーションまで、さまざまな使い方ができます。肌にとけ込む控えめな陰影で、ナチュラルメイクにぴったり。
こちらのクラシックピンクは、シックで落ち着いたピンクグレーで、大人っぽい雰囲気に仕上がります。

エクセルのアイシャドウ

エクセルのアイシャドウは、カラー展開も豊富で休日メイクにぴったり。つけ心地が軽さと、透け感のある発色が特徴です。使いやすい色が5色集まっているので、単色もグラデーションも思いのままに叶いますよ。
華やかな色味が多いので、好きなカラーを選んでみてください。

アイシャドウグラデーションのやり方とアイテムをもっと見たい方は、下記のリンクをチェック。

【ハイライト・シェーディング】で立体的な顔立ちに

やり方

ARINE編集部

自分の肌より明るい色と暗い色を使って、顔に陰影をつくってくれるハイライトとシェーディングではっきりとした顔立ちを目指しましょう。

1. ハイライトはTゾーン(おでこと鼻筋)と、目の横のCゾーン、目の下にいれるのがおすすめ。
2. シェーディングは、ノーズシャドウと輪郭にいれるのが◎。

陰影によってワンサイズ顔を小さく見せることができるので、ぜひ試してみてください。

セザンヌのハイライト

高校生のナチュラルメイクに必要なのは、メリハリと自然なツヤ肌。セザンヌのハイライターは、スティックタイプなので持ち運びにも◎。Tゾーンや目頭、頬の高い部分などにオンするだけでメリハリと輝きのあるナチュラルメイクが完成します。

ハイライトの使い方を詳しく知りたい方は、下記のリンクをチェック。

キャンメイクのシェーディング

こちらのキャンメイクのシェーディングは、パウダータイプなのでつけすぎを防ぐことができます。
自分の顔の輪郭に合わせてシェーディングを入れることで、小顔見せが可能に。プチプラで高校生も挑戦しやすいので、彫の深い顔立ちにトライしてみましょう!

シェーディングの使い方を詳しく知りたい方は、下記のリンクをチェック。

【チーク】でほんのり血色感を

やり方

ARINE編集部

ほんのりとした血色感を演出することで、かわいいフェイスに仕上がります。リップとチークの色を揃えると、統一感がでて簡単にナチュラルなメイクが完成。

1. ニコッと微笑んだときに1番高くなる頬の位置にのせる。濃くなりすぎないよう、少しずつ足していきましょう。

丸くのせたり、縦にのせたりすることで、雰囲気を変えられるのでぜひ試してみてください。

セザンヌのチーク

発色◎でナチュラルに仕上がるパウダーチーク

付属のブラシでさっとオンするだけで、ナチュラルな発色が◎のパウダータイプのチーク。豊富なカラーバリエーションなので、あなたのなりたい印象に合ったチークを選びやすいかも。かわいらしい花柄のデザインも魅力的です。

初心者の方には、薄づきのパウダーチークがおすすめ。
ピーチピンクやコーラルピンクのような、やや黄みがかった肌なじみの良いピンクを選べば、自然な仕上がりに。また、パールが含まれているものは、上品な華やかさもプラスできます。

マジョマジョのチーク

液体タイプのチーク。
動くことの多い高校生は、落ちにくい液体タイプを使用するのがポイントです。濃さの調節もしやすく、内側からじゅわっと色づいたような仕上がりになるので、血色感のあるかわいい頬に。
塗り直さなくても、発色が持続されるのが高校生にはうれしいですよね。

チークの塗り方をもっと知りたい方は、下記のリンクをチェック。

【番外編】デパコス×ナチュラルメイク

ナーズ×チーク

ここまでプチプラコスメを紹介してきましたが、番外編としておすすめのデパコスもお伝えします。

こちらのナーズのチークは、ソフトな肌触りのパウダーでつけ心地の良さが◎。マットな質感ですが、頬にのせるときらめいて見える美しい仕上がりが、上品で大人っぽい印象に。
肌をきれいに見せてくれるので、肌のくすみで悩んでいる方にもおすすめです。

ディオール×リップ

唇の魅力を引き出してくれる色付きリップクリーム

「Dior(ディオール)」の「アディクト リップ グロウ」は、ナチュラルな血色感に仕上がる色付きリップクリームです。なめらかでマットなテクスチャながら、透明感のある唇に仕上げてくれます。自分の唇の魅力を引き出したい方におすすめです♡

こちらのディオールのリップは、はナチュラルメイクにもってこいのアイテム。
色づきリップのような感覚なので、カラーが濃すぎることもなく、ナチュラルに唇に血色感を与えてくれます。テクスチャの軽さや、保湿力、またティントタイプで色が持続してくれるのも嬉しいポイント。
カラー展開も豊富なので、自分好みのカラーをみつけてくださいね。

シャネル×リップ

メイク上級者の高校生には、シャネルのリップがおすすめ。
このモダンというカラーは、サーモンピンクよりなピンクベージュで品のあるカラーです。肌なじみの良いナチュラルなカラーですが、しっかり発色してくれるので唇をきれいに見せてくれます。

ナチュラルメイクをマスターして学校でもかわいい私に

山口祥 AFLOAT 表参道 店長 (アフロート ディル<AFLOAT D'L>所属)

今回は、高校生向けにナチュラルメイクとおすすめのアイテムをご紹介しました。
メイクに興味を持ち初めたばかりのころは、使い方も分からず悩むことが多いと思いますが、まずはチャレンジしてみることが大切。毎日行うことで徐々に慣れてくるはずです。高校生のみなさんは、プチプラコスメを使ってメイクの楽しさを感じてみてくださいね。

※画像は全てイメージです。
※記載しているカラーバリエーションは2020年4月現在のものです。
※本サイト上で表示されるコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。
※商品の一般的な使用方法をご紹介しています。効能・使用法は、各社製品によって異なる場合もございます。各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。

メイク・コスメの記事ランキング昨日人気のあったメイク・コスメに関する記事

  1. 1老け顔なんてもう言わせない!今すぐ知りたい【脱!老け顔メイク♡】sayokop345
  2. 2【イエベ春・秋】あなたに似合うメイク・髪色・ファッションは?ARINE CATAL...
  3. 3ナチュラルメイクはアイラインが鍵♡ナチュ盛りEYEの作り方を伝授miretan
  4. 4【プチプラ~デパコス】美容オイルおすすめ13選!使い方・選び方もrabbit055
  5. 5【プチプラコスメのリップ24選♡】魅力が詰まったリップはこれだ!miicha
  6. 6持ち歩き必須コスメはこれ!できるあの子の化粧ポーチの中身を調査♡Karen
  7. 7【ケイトのアイブロウシリーズ】ブルべ・イエベ別♡パウダーもsy
  8. 8色で可愛く?いやいや、今は【カラーレスメイク】で色っぽ美人です♡Nao
  9. 9目指すは「素肌がきれいな人」。エテュセのCCシリーズを大特集♡kanako
  10. 10じわじわ人気がきてる!?「リップフォンデュ」が気になるhrkz

おすすめの記事いまARINEで話題の記事

  • 【保存版】注目人気コンシーラー31選&肌悩み別カラーの選び方講座ARINE CATAL...
  • ハリもツヤも全部欲しい!今使いたいイオナのシンプルスキンケアPR|ARINE公式
  • 今のクレンジングで満足?マナラホットクレンジングゲルを徹底解説PR|ARINEレポート
  • 【保存版】人気クッションファンデランキング&使い方や選び方も解説ARINE CATAL...
  • クレンジングがとろける?!おすすめクレンジングバームランキングARINE CATAL...