【ケイト】フェイスパウダーが人気♡選び方・使い方をおさらい!

ベースメイクの仕上げとして使うフェイスパウダーは、肌の見え方を左右します。そこでおすすめなのが、ケイトのフェイスパウダーです♡なりたい肌を叶えるために、上手に活用しましょう。選び方や使い方も解説します。
目次

フェイスパウダーの選び方

アース 北千住店<HAIR&MAKE EARTH>

フェイスパウダーは何でも同じ、と考えている人もいるかもしれません。しかし、選び方を間違えると、肌の見え方が全く違ってしまうんです。

色の違いや形状の違いを理解することで、自分にぴったりのフェイスパウダーが選べます♡

肌の色から選ぶ

大西絢子 (ウル[HOULe]所属)

自分に合うフェイスパウダーを選ぶには、肌の色に合わせることが大切です。パウダーにも色がついているので、何色にするか考えて選ぶことで、理想の肌に近づけます。

健康的な肌を目指すなら、オークル系の色がおすすめです。さっと塗れば活発な印象になります。透明感を演出するならピンク系をチョイス。赤みのあるポイントメイクが映える色でもあります。

ホワイトやパープル系のフェイスパウダーも透明感のある肌に演出してくれる色ですが、重ねすぎると白浮きすることに注意しましょう!

自然な仕上がりには、黄にも赤にも寄らない中間色や、ファンデーションを生かすクリアカラーがぴったりです。余計な色がプラスされないので、初心者でも失敗しにくいのがうれしいポイントといえます。

肌質から選ぶ

hhhrcan (imaii scaena×colore所属)

フェイスパウダーには、固形で落ち着いた質感を演出できる『プレストパウダー』と、粉末でふんわりとした仕上がりになる『ルースパウダー』があるので自分の肌質に合ったものを選びましょう♪

脂性肌でメイクが崩れやすいなら、密着性がありカバー力の強いプレストパウダーが向いています。敏感肌や乾燥肌で刺激をできるだけ避けたいなら、負担の少ないルースパウダーがぴったりです。

また、配合されている成分によって、肌へののり方に違いが出ることも考えられます。手の甲や指などで実際に試して、肌なじみのよいものを選ぶのがおすすめです。

フェイスパウダーの使い方

萩原 翔志也/Hagiwara Toshiya (ヴィッカ 青山[vicca]所属)

ナチュラルな仕上がりに見えるようフェイスパウダーを使うには、ポイントを押さえた塗り方が大切です。基本の塗り方を覚えれば、ベースメイクの仕上がりが見違えます♡

ブラシの場合

Masatoshi Yamanouchi (スターベリー 逗子店[STARBERRY]所属)

『ブラシ』を使ってフェイスパウダーを塗るときは、ムラを予防するために容器のフタや手の甲でパウダーを均等に広げます。これだけでパウダーのつき方が自然になるんです。

塗り方は中央から外側へ放射線状を意識します。全体に塗れたら、使っていないブラシを用意して、余計なパウダーを落とします。肌にパウダーがなじみ、より自然な仕上がりです♪

ブラシを使ってフェイスパウダーを塗ると、より柔らかくふんわりした質感に仕上がりますよ。

パフの場合

『パフ』を使うときも、まずはフェイスパウダーのつき方が均一になるように、パフ同士をあわせて調整します。それから、放射線状を意識して、中央から外側へパウダーを塗りましょう。

きれいなブラシで、余計なパウダーをさっとはらえば完成です。

ブラシと比べて、しっかりと肌にフェイスパウダーを密着させられるのが、パフの特徴。そのため、皮脂や汗が気になるときにぴったりです。

ケイトのフェイスパウダー使ってみよう

ナチュラルなマット肌に♡さらりとした付け心地のフェイスパウダー

「KATE(ケイト)」の「ケイト フェイスパウダーA」は、さらりとしたマットな肌に仕上げたい方におすすめのフェイスパウダー。テカリや崩れの気になる部分にさっと塗ると、自然にカバーしてくれます。ナチュラルできれいなお肌を演出してくれますよ♡

さまざまなフェイスパウダーがありますが、中でも「KATE(ケイト)」の「フェイスパウダーA」です。ナチュラルタイプとグロウタイプの2種類あるパウダーは、シーンによって使い分けるのがおすすめ。

それぞれの特徴を知ることで、ベストな状態に仕上げられます。

ゼロ肌シリーズのフェイスパウダーがスゴイ

『ゼロ肌シリーズ』のフェイスパウダーは、“陶器のようななめらか肌”(公式HPより)が続くのが最大の特徴です。

微細なパウダーをなじませれば、まるで真珠のようなに仕上がりに。付属のパフも魅力的ですね。たっぷり厚みがあるパフは、やみつきになる使用感のよさです。

お化粧直しに向いている

萩原 翔志也/Hagiwara Toshiya (ヴィッカ 青山[vicca]所属)

ケイトのフェイスパウダーはなじみやすいのが特徴のため、『化粧直し』にぴったりです。 配合されている“キメ細かい繊細なパウダー”(公式HPより)が、なめらかな質感を持続します。

自然なカバー力で、色ムラや毛穴を目立たなくするため、ナチュラルな仕上がりが特徴です。

グロウタイプは自然に華やかに

萩原 翔志也/Hagiwara Toshiya (ヴィッカ 青山[vicca]所属)

肌に華やかさをプラスしたいなら『グロウタイプ』がぴったりです。キラキラのラメが入っているため、素肌に自然なきらめきをプラスします。

華やかさがアップするので、デートやパーティなど、特別な日のメイクにも使えるアイテムです。

フェイスパウダーを使いこなそう

フェイスパウダーはベースメイクの仕上げに使うアイテムです。選ぶ色や形状によって、仕上がりに大きな違いが出ます。基本の塗り方を覚えることで、ベースメイクの完成度を高めることも可能です。

特におすすめのケイトのフェイスパウダーは、目的別にぴったりのものを選んで使うと、理想の仕上がりになりますよ♡ぜひ、チェックしてみてくださいね!

※画像は全てイメージです。
※本サイト上で表示されるコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。
※記載されたカラーバリエーションは2020年1月現在のものです。
※一般的な使用方法をご紹介しています。効能・使用法は、各社製品によって異なる場合もございます。各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。

メイク・コスメの記事ランキング昨日人気のあったメイク・コスメに関する記事

  1. 1《アイシャドウの塗り方》徹底解説!コスメアイテムもご紹介Yuko
  2. 2プチプラコスメでできる!初心者さんの【ナチュラルメイク】とは?♡sayokop345
  3. 3持ち歩き必須コスメはこれ!できるあの子の化粧ポーチの中身を調査♡Karen
  4. 4【ブルベ夏】おすすめアイシャドウ20選!プチプラ~デパコスまでpaty
  5. 5【スックアイシャドウ】あなたに似合うアイシャドウカラーNo.は?ARINE カタログ
  6. 6【全色紹介】セザンヌ「ラスティンググロスリップ」ブルべ・イエベ別saki_my
  7. 7ニベアといったら青缶でしょ!おすすめの使い方【顔編】Nao
  8. 8【保存版】アイラインがにじむ人必見!落ちない引き方・アイテム5選kuretantanm...
  9. 9【黒髪さんへ送る】黒髪に似合うメイクをパーツ別に徹底解説します!rina629
  10. 10肌に優しいを極めたい人へ。クレンジング不要ファンデーション特集!nanamaru

おすすめの記事いまARINEで話題の記事

  • 乾燥肌・敏感肌に!肌あれを防ぐイオナのスキンケアはもう試した?PR|ARINE公式
  • 1日ゆっくり自分を磨く!3つのオススメおこもり美容PR|ARINE公式
  • 【ノンシリコンシャンプー】おすすめランキング20選!特徴や選び方ARINE カタログ
  • 【2020年最新版】おすすめ韓国シートマスク・パック16選ARINE カタログ
  • カラートリートメントおすすめ人気ランキング10選【髪色キープ!】jun