100均DIY♡キラキラと動く「ウォータースマホケース」の作り方

海外でも話題になっているウォータースマホケース。ウォータースマホケースとは、中に液体が入っているスマホケースのことです。スマホを傾けると中の液体も一緒に動くので、摩訶不思議なスマホケースで回りと差をつけられます♪そんなウォータースマホケースが100均のアイテムだけで作れると話題に!ARINE編集部も早速挑戦してみました!

海外で話題のウォータースマホケースが作れる?!

ARINE編集部

スマートフォンを傾けると同時に中の液体も動く摩訶不思議なスマホケース。市販でもよく見かけるのですがが100均のアイテムだけでオリジナルのウォータースマホケースが作れたら嬉しいですよね♪しかも、一般的にある身近なもので作れちゃうので、ぜひ、挑戦していてくださいね♪

用意するのはこちら!

ARINE編集部

1. 集めのジップロック
2. ヘアアイロン
3. クッキングシート
4. ベビーオイル
5. グリッターやラメ、お好きなパーツ
6. スマホケース(透明でソフトな物)

1. スマホの型どり

ARINE編集部

まずは、スマホの型を取ります。クッキングシートにスマホケースを置きカメラの部分をペンで囲みます。スマホケースの周りもペンで囲みハサミで切り取ります。スマホ型のクッキングシートができたら次の工程へ♪

2. ヘアアイロンで温める

ARINE編集部

クッキングシートをジップロックの中に入れ、ある程度の大きさに合わせてハサミで切ります。その上からさらにクッキングシートを重ね、アイロンが直接ジップロックに当たらないように包み込みます。

ヘアアイロンを110度~120度に設定し、クッキングシートを鋏みながら何度も滑らせます。上と下のジップロックが熱で完全にくっつくまで、続けます。

3. 透明の袋が完成♪

ARINE編集部

スマホの形に型をとったクッキングシートにそって、ハサミで切ります。これでスマホの形をした透明の袋が完成♪

4. 好みでデザインを変えて

ARINE編集部

袋の上部分を切り取りお好きなラメやグリッター、スパンコールなどを入れたら、ベビーオイルを全体が湿る程度に流し込みます。

5. キラキラの袋が完成

ARINE編集部

先ほど開けた口をもう一度クッキングシートではさみ、ヘアアイロンで温めます。これで、ラメとオイルが入った袋が完成です♪

6. セロハンテープで貼り付ける

ARINE編集部

出来上がった袋をスマホケースの後ろから貼り付けます。セロハンテープでも良いのですが、100均で売られているグルーガンで貼り付けるのもおすすめです♪セロハンテープでとめるのは上、下の2か所で大丈夫です。

キラキラ動くスマホケースが完成♡

ARINE編集部

ほぼ100均のアイテムだけでつくることができました♪テーブルクロスや、ラメ、グリッター、ベビーオイルも100均でそろえることができるので、手軽にDIYができちゃいます!温めるのも専用の機械ではなく、ヘアアイロンで代用できるので、身近なもので作れるのも良いですよね!冬にピッタリのスノードームのようなスマホケースをぜひ、作ってみてください♪

ライフスタイルの記事ランキング昨日人気のあったライフスタイルに関する記事

  1. 1イライラを吹き飛ばす!?家で使えるおすすめ【ストレス発散】グッズniwaco
  2. 2ちょっと特別なプレゼントを♡【3,000円】で買える贈り物まとめnrm_95
  3. 3【ハンカチ】をプレゼントする意味は?女性・男性別のおすすめ紹介♡yama_eri
  4. 4「洗う」の基本は石鹸!おすすめの石鹸集めてみました【7選】chucky
  5. 5100均DIY♡キラキラと動く「ウォータースマホケース」の作り方ARINE編集部
  6. 6≪手鏡編≫あげる前に知っておきたい【プレゼントに含まれる意味】kyonoka
  7. 7さり気なくふわっと良い香り♡クローゼットに入れたいおすすめ芳香剤mnmn
  8. 8化粧ポーチで周りと差がつく♡【おすすめブランド8選】moon
  9. 9今話題の「アロマワックスサシェ」とは?簡単な作り方をご紹介♡shiratama
  10. 10【おすすめ】本当にいい香りがする柔軟剤10選♡sssor