100均DIY♡キラキラと動く「ウォータースマホケース」の作り方

海外でも話題になっているウォータースマホケース。ウォータースマホケースとは、中に液体が入っているスマホケースのことです。スマホを傾けると中の液体も一緒に動くので、摩訶不思議なスマホケースで回りと差をつけられます♪そんなウォータースマホケースが100均のアイテムだけで作れると話題に!ARINE編集部も早速挑戦してみました!
目次

海外で話題のウォータースマホケースが作れる?!

ARINE編集部

スマートフォンを傾けると同時に中の液体も動く摩訶不思議なスマホケース。市販でもよく見かけるのですがが100均のアイテムだけでオリジナルのウォータースマホケースが作れたら嬉しいですよね♪しかも、一般的にある身近なもので作れちゃうので、ぜひ、挑戦していてくださいね♪

用意するのはこちら!

ARINE編集部

1. 集めのジップロック
2. ヘアアイロン
3. クッキングシート
4. ベビーオイル
5. グリッターやラメ、お好きなパーツ
6. スマホケース(透明でソフトな物)

1. スマホの型どり

ARINE編集部

まずは、スマホの型を取ります。クッキングシートにスマホケースを置きカメラの部分をペンで囲みます。スマホケースの周りもペンで囲みハサミで切り取ります。スマホ型のクッキングシートができたら次の工程へ♪

2. ヘアアイロンで温める

ARINE編集部

クッキングシートをジップロックの中に入れ、ある程度の大きさに合わせてハサミで切ります。その上からさらにクッキングシートを重ね、アイロンが直接ジップロックに当たらないように包み込みます。

ヘアアイロンを110度~120度に設定し、クッキングシートを鋏みながら何度も滑らせます。上と下のジップロックが熱で完全にくっつくまで、続けます。

3. 透明の袋が完成♪

ARINE編集部

スマホの形に型をとったクッキングシートにそって、ハサミで切ります。これでスマホの形をした透明の袋が完成♪

4. 好みでデザインを変えて

ARINE編集部

袋の上部分を切り取りお好きなラメやグリッター、スパンコールなどを入れたら、ベビーオイルを全体が湿る程度に流し込みます。

5. キラキラの袋が完成

ARINE編集部

先ほど開けた口をもう一度クッキングシートではさみ、ヘアアイロンで温めます。これで、ラメとオイルが入った袋が完成です♪

6. セロハンテープで貼り付ける

ARINE編集部

出来上がった袋をスマホケースの後ろから貼り付けます。セロハンテープでも良いのですが、100均で売られているグルーガンで貼り付けるのもおすすめです♪セロハンテープでとめるのは上、下の2か所で大丈夫です。

キラキラ動くスマホケースが完成♡

ARINE編集部

ほぼ100均のアイテムだけでつくることができました♪テーブルクロスや、ラメ、グリッター、ベビーオイルも100均でそろえることができるので、手軽にDIYができちゃいます!温めるのも専用の機械ではなく、ヘアアイロンで代用できるので、身近なもので作れるのも良いですよね!冬にピッタリのスノードームのようなスマホケースをぜひ、作ってみてください♪

ライフスタイルの記事ランキング昨日人気のあったライフスタイルに関する記事

  1. 1出前館の最新クーポン情報|使い方や取得方法もARINE編集部
  2. 2念のため…がいちばん無駄。旅行先に必要ないもの、調べてみましたsawako
  3. 3脱ごちゃごちゃ!女子力アップのキーワード【バッグの中身】整理術♡MK33
  4. 4毎日持ち歩きたくなる♡【歯ブラシケース】で女子力アップ!niwaco
  5. 5大人も夢中に!セリアの「ふしぎなクリアジェル」を簡単アレンジ♡Rina
  6. 6【簡単リフレッシュ】頭皮マッサージグッズおすすめランキング12選ARINE カタログ
  7. 7人気ブランド勢揃い!おすすめ手帳型iphoneケースはこれだ♡chucky
  8. 8プレゼントに【ハンカチ】はいかが?メンズのおすすめブランドを紹介chucky
  9. 9女子力UPのマストアイテム。おすすめ《ブランドハンカチ》21選♡yuki5
  10. 10冬が来ても怖くない!人気のあったかブランケットをまとめてご紹介♡changrina

おすすめの記事いまARINEで話題の記事

  • 楽天お買い物マラソン|次回開催はいつ?攻略法とおすすめ商品を紹介ARINE編集部
  • 次回のAmazonタイムセール祭りは3月12日から!攻略法や事前準備、おすすめ商品ARINE編集部