【Tシャツイン】おしゃれに見せるコーデとテクニックを紹介!

Tシャツは1枚でも重ね着でもコーデに欠かせないアイテムです。Tシャツをさらっと着こなすのもおしゃれですが、よりこなれ感のあるコーデにするならTシャツインがおすすめです。Tシャツをボトムスにインするだけで、いつものコーデも見違えますよ♡今回は、Tシャツインのやり方やTシャツインのコーデをボトムス別に紹介します。また、Tシャツインをよりおしゃれに見せるテクニックも紹介!
目次

Tシャツインで断然おしゃれに見せちゃおう♡

ZOZOTOWN

Tシャツ1枚あれば、ワンランク上のおしゃれテクニックが完成します!ただTシャツをボトムスにインするだけです。「ダサく見えそう」なんて心配になるかたも多いかもしれませんが、Tシャツインの仕方を変えたり、ボトムスとのバランスをうまく取るだけで、ダサく見えなくなりますよ。
Tシャツインのやり方とコーデを紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Tシャツインのやり方をおさらい

前だけTシャツをインさせる

WEAR

Tシャツインには、やり方があります。まずは、前だけTシャツをインするだけの方法。前だけインすれば、腰回りやお尻をカバーできるので、体型に悩みがある方にもおすすめです。また、全部Tシャツインするのに抵抗がある方にも◎。

横だけTシャツをインさせる

ZOZOTOWN

個性を出したいなら、横だけTシャツインしてみてください。アシンメトリーになるので、みんなとは違ったユニークなコーデに仕上がります。横だけTシャツインするときには、Tシャツのサイズにゆとりのあるものがおすすめです。

Tシャツをすべてインさせる

WEAR

Tシャツインのベーシックなスタイルは、すべてボトムスにTシャツをインすることです。ダサく見えそうと感じてしまう方も多いかもしれませんが、ボトムスとのバランスをとればワンランク上のおしゃれが楽しめますよ。

【Tシャツイン×パンツ】おすすめコーデ

Tシャツイン×パンツ1. デニムパンツでカジュアルベージックスタイル

ZOZOTOWN

Tシャツにデニムのシンプルなコーデだからこそ、着こなし方が重要視されます。シンプルなコーデでもTシャツインすることで、こなれ感のあるコーデに仕上がります。
写真のようにTシャツとデニムがゆったりとしたシルエットでも、デニムにTシャツをインするだけで目線が上にいくのでバランスがよくなります。

Tシャツイン×パンツ2. デニムパンツと統一したカジュアルスタイル

ZOZOTOWN

シャツワンピースにTシャツ、デニムのコーデはカジュアルでよく組みわせる方も多いのではないでしょうか。重く見えがちなコーデもTシャツインすることで、スッキリとしたコーデに見せてくれます。
また、シャツワンピースとデニムのカラーを同系色にすることで、統一感のあるコーデに仕上がりますよ♡

Tシャツイン×パンツ3. デニムのスキニーパンツでスタイリッシュなスタイル

ZOZOTOWN

Tシャツインをスタイリッシュに見せたいなら、デニムのスキニーパンツとあわせるのが◎。スキニーパンツにTシャツをインすることで、洗練されたコーデになりますよ。全体的に同じトーンの色を組み合わせることで、まとまりが出てよりスタイリッシュに見せられます。

Tシャツイン×パンツ4. ジャケットで大人カジュアルスタイル

ZOZOTOWN

Tシャツインを大人カジュアルなコーデに見せたいときには、デニムパンツにジャケットを羽織るのがおすすめです。ジャケットのカラーによって、落ち着き感を演出したり、華やかさを出すこともできますよ。
ブラウスではなく、あえてTシャツを組み合わせることで、こなれ感のあるコーデが完成♡

Tシャツイン×パンツ5. ゆるっとシルエットでこなれ感あるコーデに

ZOZOTOWN

Tシャツインでこなれ感を演出したいときには、全体的にゆるっとしたサイズのアイテムをあわせるのが◎。ぴちっとしたジャストサイズではなく、少し大きめぐらいのデニムパンツとTシャツをあわせてみましょう!

Tシャツイン×パンツ6. Tシャツをすべてインしてスタイルアップ

ZOZOTOWN

Tシャツをすべてボトムスにインすることで、スタイルアップにも繋がります。Tシャツがラフなサイズでも、ボトムスがジャストサイズであれば、脚を長く見せてくれます。また、裾に向かって広がるフレアパンツであれば、より脚を細長く見せてくれることも期待できますよ♡

ZOZOTOWN

ウエストの位置を高くもっていけば、目線が高くなるので脚を細く長く見せてくれます。とくに、ウエスト周りがジャストサイズであれば、よりウェストのラインが強調されてバランスよくTシャツインができますよ。

Tシャツイン×パンツ7. 個性を出すなら柄パンツにTシャツイン

ZOZOTOWN

個性的にTシャツインでコーデを組みたい方には、柄パンツを組みわせると◎。柄でも小さなドット柄であれば、着こなしやすくなりますよ。柄パンツは、ジャストサイズのものではなくワイドパンツなどのゆるっとしたシルエットのものがおすすめです。

ZOZOTOWN

Tシャツを柄パンツにインすることで、柄を強調できるため、より個性的な印象に仕上がります。とくに、春夏には柄を見せることで、パッと華やかなになりますよ♡柄パンツをボトムスにもってきた場合、Tシャツはシンプルなワンカラーの無地のものであるとスッキリして見せることができます。

Tシャツイン×パンツ8. リラックス感のあるTシャツインコーデ

WEAR

ブラックのワイドパンツにリンクしたブラックの小物でクールな印象のコーデ。全体的にオーバーサイズのアイテムを組みわせることで、ヌケ感を出すことができます。

ZOZOTOWN

ラフなワイドパンツにタイトなTシャツをインすることで、カジュアルでありながらも洗練された印象のコーデに仕上がります。全体的に同系色でまとめることで、より統一感がでやすくなります。

WEAR

ワイドパンツでもスタイルアップさせたい方には、パンツにスリッドが入っているものがおすすめです。スリッドから脚がチラッと見えることで、脚が長く見せられます。

Tシャツイン×パンツ9. プリーツパンツでヌケ感のあるコーデ

WEAR

プリーツパンツにもTシャツをインさせることで、ヌケ感のあるコーデに仕上がります。コーデ全体をホワイトベースにすることで、さわやかな印象に。

ZOZOTOWN

下半身をスッキリ見せたいときには、濃い色のプリーツパンツを合わせると◎。Tシャツインをすることで、より腰回りがスッキリ見せられますよ。また、全体のバランスをとるためにTシャツはフレンチ袖のものを選ぶのがおすすめです。

【Tシャツイン×スカート】おすすめコーデ

Tシャツイン×スカート1. フレアスカートでバランス◎

ZOZOTOWN

スカートのなかでも今季はボリューミーなフレアなスカートが人気♡フレアスカートもTシャツとの相性ばっちりです!ボトムスにボリュームがある分、トップスのTシャツはサラッと1枚で軽めにするのがおすすめ。コーデをワンラックアップさせたいたなら、ベレー帽やニット帽などの帽子を身につけるのも◎。

ZOZOTOWN

AラインのフレアスカートもTシャツインとのコーデと相性が◎。さわやかにTシャツインを楽しみたいなら、淡いカラーで統一すると、スッキリまとまりのあるコーデができあがります。

ZOZOTOWN

ほんのり透け感のあるホワイトのフレアスカートに、ライダースで全体的に引き締まった甘辛ミックスコーデ♡スカートにあまり慣れていない方や、子どもっぽく見せたくない方にもおすすめのコーデです。

Tシャツイン×スカート2. タイトスカートでスタイリッシュにキメる

WEAR

タイトなペンシルスカートにTシャツをインすることで、スタイリッシュなコーデが完成!腰からウェストあたりのラインを強調できるので、大人っぽい雰囲気にもなります。ペンシルスカートのようにジャストサイズのスカートをTシャツに合わせるときには、Tシャツもジャストサイズで着こなすのがおすすめ。

ZOZOTOWN

少しカジュアルダウンしたいときには、デニムのペンシルスカートなどとTシャツをあわせるのもおすすめです。デニムのペンシルスカートであれば、身体のラインを拾いづらいので体型カバーにもなります。

Tシャツイン×スカート3. プリーツスカートはガーリーなコーデに♡

WEAR

プリーツスカートにTシャツをインすることで、ガーリーなコーデになりますよ♡プリーツスカートを締め色であるブラックをもってくることで、プリーツスカートでも下半身が引き締まったように見せてくれます。
また、Tシャツの上にボリュームのあるカーディガンを羽織ることで、バランスもよくなります。

WEAR

先程のコーデとは反対に、プリーツスカートを淡いカラーにすることで、ふんわりとした雰囲気に見せてくれます。トップスを襟抜きすることで、よりヌケ感のあるコーデが完成です。

WEAR

プリーツスカートが苦手と感じる方には、ツイストしたプリーツ状のスカートもおすすめです。このようなデザインであれば、かわいらしさが全面にでないので、大人かわいいコーデに♡

Tシャツイン×スカート4. チュールスカートでインパクト大

ZOZOTOWN

Tシャツインさせるときにインパクトとプラスしたいなら、チュールスカートがおすすめ。透け感のあるチュールスカートは、Tシャツをインさせてもダサく見せにくいコーデに仕上げてくれます。

ZOZOTOWN

よりかっこよくTシャツインを着こなしたい方には、全体に暗いカラーでまとめるのがおすすめです。チュールスカートには透け感があるので、暗い色でも重くなりにくく、ほどよいラフさを演出できます。

Tシャツインコーデをダサく見せないテクニック

ベルトを使ってスタイルアップ

ZOZOTOWN

Tシャツインしただけだと、なんとなくダサく見えると感じてしまう方や、Tシャツインでスタイルアップさせて見せたい方には、ベルトを使うのがおすすめです。
ベルトを使うことでウェストマークができ、目線が高くなるため腰の位置が高く、脚が長く見えます。

ZOZOTOWN

ボトムスと同系色のベルトを使うのもおすすめです。同系色のベルトを使うことで、Tシャツインしたときにも統一感がでて、洗練されたコーデに仕上がります。

アウターを使ってバランスをとる

WEAR

Tシャツインのコーデがいまいちうまくいかないときには、アウターを取り入れるのもおすすめです。丈の短いデザインのアウターであれば、よりスタイルアップが狙えますよ。

WEAR

Tシャツにどんなボトムスを組み合わせたらいいか迷ってしまう方は、セットアップのアイテムを使うのも◎。セットアップのアウターとボトムスに、インナーのTシャツは好きなものを組み合わせるのもいいですよ。

ZOZOTOWN

Tシャツインコーデに、丈が長めのカーディガンをもってくれば、腰回りのカバーもできますよ。Tシャツで腰回りをすべてカバーするのではなく、あえてTシャツインすることでスッキリと見せられます。

ZOZOTOWN

重く見えがちなコートを羽織るときにも、Tシャツをインしておけば、スッキリと軽やかに見せてくれます。とくに、丈の短いロングコートにぴったりです。

上半身のカバーにはゆとりのあるTシャツを選ぶ

WEAR

「Tシャツインは体型が気になってできない」なんて方もいるのではないでしょうか。とくに上半身の体型カバーをしたいときには、ゆとりのあるオーバーサイズのTシャツを選ぶと◎。オーバーサイズのTシャツをインすることで、ヌケ感のあるカジュアルスタイルにもなりますよ。

下半身のカバーにはゴム入りのパンツが◎

WEAR

Tシャツインで下半身をカバーしたい方もいるのではないでしょうか。そんな方には、ウエストがゴムになったボトムスをチョイスしてみましょう。ラフな印象になりがちですが、ボトムスの色や柄などのデザインによって、大人のカジュアルコーデが楽しめますよ。

Tシャツインでこなれ感のあるおしゃれを取り入れよう♡

ZOZOTOWN

今回は幅広い種類のボトムスを使ったコーデを紹介しました。Tシャツインを既にやってるという方も、まだ試していないアイテムを探して、新しいTシャツインコーデに挑戦してみてください!また、「Tシャツインが初めて」「ダサく見えるのが心配」という方も今回紹介したコーデやテクニックを参考にしてみてくださいね。

※画像はすべてイメージです。

ファッションの記事ランキング昨日人気のあったファッションに関する記事

  1. 1伊達メガネが安いショップはどこ?プチプラで大人かわいいものだけふろこ
  2. 2大人気のノースフェイスパーカー♡あなたはどう着こなす?tamu
  3. 3【就活生&OL必見】最新のユニクロ&GUオフィスカジュアルコーデakaringo
  4. 4【黒ダウンコート】でオンナっぽさのあるレディースコーデを紹介♡Cmegu
  5. 5《2021》大人っぽさがカギ。オーバーオールのレディースコーデ集Lily27
  6. 6オトナ女子に人気沸騰!トレンドのトートバッグをブランド別に紹介♡edamame6
  7. 7【女子大学生必見】通学にぴったり♡A4入るレディーストートバッグakak
  8. 8パンプスが脱げるorゆるい時の対処法は?緊急時にできる方法も紹介ふろこ
  9. 9【必見】ノンホールピアスはこう付けると落ちにくい!Asari
  10. 10世のメンズ必見《黒カーディガン》でつくる大人コーデ25選moeppi

おすすめの記事いまARINEで話題の記事

  • 楽天スーパーセール | 2021年次回の開催はいつ?攻略法で半額以下商品をゲットARINE編集部
  • 【無印良品週間】2021年の開催はいつ?開催時期の予想と攻略法を徹底解説ARINE編集部
  • 10/27最新!Uber Eats(ウーバーイーツ)クーポン情報と入手方法を徹底網羅ARINE PRESS
  • Amazonブラックフライデー!2021年は11/26から?目玉商品と攻略方法ARINE編集部
  • 次回の楽天ブランドデーはいつ?お得に買い物する方法やおすすめ商品はせはせ
  • 【楽天お買い物マラソン】2021年11月次回の開催はいつ?攻略法とおすすめ商品を紹介ARINE編集部