結婚式招待状の返信でアレルギー欄の書き方。嫌いな食べ物も書ける?

アレルギーを持っている人にとって、知らない場所での食事は気を遣うものです。結婚式に招待された際も、料理のアレルギー情報は気になりますよね。アレルギーの場合は必ず知らせ、出された食事を安心して食べられるように配慮してもらいましょう!
目次

招待状は出席・欠席を伝えるだけではない

結婚式が近づくと送られてくる招待状は、出欠の意思を確認するため返信を行う必要があります。招待状の役割は出欠確認だけではなく、アレルギーがあるかなど、式の段取りを考えるうえで考慮すべき事柄を確認する目的もあるのです。

招待状を返信する時は、出欠の意思表示だけではなく、配慮して欲しいことも積極的に知らせましょう。

披露宴を円滑に行うために必要なもの

結婚式にはたくさんの人が招待されます。「多くの招待客がいる中で、自分にだけ気を遣わせるのは申し訳ない」と考える人もいるかもしれません。

しかし連絡をためらって当日トラブルになるよりかは、招待の段階ではっきりしておいたほうが新郎新婦も安心ですし、式を円滑に進行するためにも必要なことなのです。

食物アレルギーは命にかかわる

食物アレルギーは、場合によっては命に関わることもある重大な事です!何かあってからでは遅いので、アレルギーがある場合は事前に必ず伝えておきましょう。

新郎新婦は、式のために用意した食事をおいしく食べて欲しいと思っていますし、楽しんでもらいたいと思って計画しています。食事をおいしく、スムーズに食べられるようにすることは、自分のためだけではなく新郎新婦のためでもあるのです。一生の思い出として残る結婚式を台無しにしないためにも、アレルギーはしっかり伝えるようにしましょう。

必ずアレルギーの有無を記載しよう

結婚式に招待された際アレルギーの有無を伝えることは非常に重要なことです。ではアレルギーがあることをどのように記入すれば良いのでしょうか?招待状の返信はマナーを守ってお互い気持ちよく受け取れるようにしましょう。

アレルギー記入欄がある場合

最近の招待状の返信欄には、あらかじめアレルギーの有無が記入できる場合があります。その場合はその欄にアレルギーがある旨を記入しましょう。

アレルギーは、その日の体調や調理方法によって症状が変わってきます。普段は軽い反応しか出ていなくても、当日は重くあらわれてしまう可能性もあるのです。

「自分のアレルギーは軽いから知らせなくても大丈夫だろう」と甘く考えずに、たとえ軽度であってもしっかり伝えましょう。また家族にアレルギーがある場合は、『誰がアレルギーなのか』をしっかり記入するようにしてください。

なおアレルギーが無い場合も『アレルギーはございません』と記入するようにしましょう。これは記入がないと「見ていないのでは?」と勘違いされてしまうことがあるからです。

アレルギー記入欄がない場合

アレルギー記入欄が無い場合は、返信の空いたスペースに記入する方法と、手紙で知らせる方法があります。親しい友人の場合は空きスペースに記入し、後日メールや電話などでアレルギー対応が可能かどうかを確認してください。

なお空きスペースに記入する際は、招待状が縦書きならば縦書き、横書きならば横書きで記入し、見やすく書くように心がけましょう。

あまり親しくない間柄の場合は、手紙で連絡するのがおすすめです。きれいな便せんを用意し、誰にどのようなアレルギーがあるのかを丁寧に伝えましょう。

句読点は使わない

結婚式の招待状の返信においてアレルギーなど記入する際は、句読点を使わずに記入するのがマナーとされています。これは『祝い事に終止符は打たない』という意味です。

文章を区切る必要がある箇所でも句読点は使用せず、読みやすいよう適宜スペースを開けながら記入しましょう。

食べ物の好き嫌いはアレルギー欄に書ける?

結婚式で出される食事は、招待客にとって楽しみの1つです。その食事の中に嫌いなものがあったら少しがっかりしますよね。嫌いなもの出されたくないからと言って、返信に嫌いなものを書いても良いのでしょうか?

新郎新婦のためにも書かない方が親切

誰でも苦手な料理はあるでしょう。しかし招待客1人1人の要望に応えると、対応しきれなくなってしまう可能性があります。あくまでもアレルギーのように必ず対応しなければならないことが優先であって、個人の好き嫌いまで押し付けしてしまうのはマナー違反だと言えるでしょう。

また好き嫌いまで書いてしまうと、「わがままな人」と思われ、今後の関係にヒビが入ってしまうこともありますよ!

嫌いな食べ物が出てきた場合は大人の対応を

嫌いな食べ物が出てきた場合でも不満そうな顔をせず、場の雰囲気を崩さないように注意してください。くれぐれも周囲の人に「これ嫌いなんだよね」と話すのはやめましょう!新郎新婦に聞こえてしまったら失礼です。

なんとか食べられるなら頑張って食べるのが理想ですが、どうしても受け付けないなら残すか、周囲の人に食べてもらうと良いでしょう。

上手に伝えて食事も披露宴も楽しもう

食物アレルギーがある人にとって、結婚式のような場所は不安があるかもしれません。大切な人の門出を楽しく祝うためにもアレルギーがあることはしっかりと伝え、お互いが気持ちよく式を楽しめるようにしましょう!

※画像は全てイメージです。

ライフスタイルの記事ランキング昨日人気のあったライフスタイルに関する記事

  1. 1≪手鏡編≫あげる前に知っておきたい【プレゼントに含まれる意味】kyonoka
  2. 2おしゃれ女子必見♡かわいいペンケースで素敵なライフスタイルを♡tamu
  3. 3毎日持ち歩きたくなる♡【歯ブラシケース】で女子力アップ!niwaco
  4. 4今どき女子はパソコンが手放せない!パソコンケースブランドまとめYUKI
  5. 5【オススメ加湿器6選】かわいい女子は身の回りもかわいいを♡chucky
  6. 6イタリアの伝統菓子ビスコッティとは?レシピや食べ方を紹介!はせはせ
  7. 7これは困った!会話が続かない!面白い会話ネタ一覧【デート編】haru
  8. 8今話題の「アロマワックスサシェ」とは?簡単な作り方をご紹介♡shiratama
  9. 9デザインも質も妥協なし♡誕生日プレゼントに人気のコスメブランド!kaho
  10. 10さり気なくふわっと良い香り♡クローゼットに入れたいおすすめ芳香剤mnmn

おすすめの記事いまARINEで話題の記事

  • 【2時間集中】彼を射止めよ!デート前夜にやっておくべき5つの準備PR|ARINE公式
  • 「実際、みんな貯金してる…?」アラサー女子のリアルお金事情PR|ARINE公式
  • クリスマス直前!素敵なクリスマスのために、今からできる5つの準備PR|ARINE公式
  • FPさんに聞く「貯まる人・貯まらない人」の特徴PR|ARINE公式
  • お風呂時間をさらに癒しに♡自宅でできるカンタン頭皮マッサージPR|ARINE公式