10年後に差が出る!暑いからこそ保湿クリームが大切なワケがあった

暑いと汗かくし、ベタベタするから保湿したくないという方って多いですよね。実は汗をかくこれからの季節には保湿が大切なワケがたくさんあったんです!一見うるおっているように見えるベタベタ肌ですが、内側は乾燥してしまっていることもあるんです。その季節に合ったクリームでのケア方法と乾燥するワケを徹底解説しちゃいます♪

少しの保湿ケアが将来の肌の土台作り

HAIR

これからどんどんと気温が上がり、蒸し暑くなってくる季節となりますが、スキンケアの方法を考えていますか?秋冬と同じでいいかなと思ってる方も多くいると思いますが、寒い秋冬と暑い春夏では肌のコンディションや乾燥する理由が違ってきます。そのため、ケア方法はその時に合ったものをしたほうがいいんです!保湿や、クリームの使い方をご紹介していきます。

保湿クリームの出番は冬だけではなかった

暑くても保湿が必要なワケ1. 隠れ乾燥に気づいてる?

HAIR

汗をかいてベタベタしている状態だと、肌がうるおっている感じしますよね。
実は、内側は乾燥しているかもしれないんです。インナードライと呼ばれる状態になっていて、表面は皮脂でうるおっていても中は乾燥していて勘違いしているケースが多いです。内側が乾燥していると、守ろうと皮脂が増えていきます。それによって肌トラブルになることもあるので注意してください✩保湿ケアとクリームの使い方をマスターしてうるおいを守って♪

暑くても保湿が必要なワケ2. エアコンから肌を守って!クリームで保湿

暑くなっていくと、エアコンをつける回数も増えていきますよね。エアコンで乾燥するのは寒い時期と同じですが、肌がベタベタしていると気づきにくいもの。
直接、扇風機やエアコンに当たったりエアコンにあたりすぎたりしてしまうと、乾燥を助太刀させてしまいます。オフィスにも保湿クリームを持っていくことをおすすめします♪

暑くても保湿が必要なワケ3. 汗が乾燥の天敵!自分の肌を守って

汗をかくことによって皮脂が増えるので、肌がデリケートになってしまうことも。皮脂が増えた状態でオイルの含んだアイテムで保湿をしてしまうと、肌トラブルの原因にもなりえるのでオイルではないもので保湿ケアを行うことをおすすめします✩

暑くても保湿が必要なワケ4. その行動もしかして乾燥を助長させてる?

HAIR

ベタベタすることで洗顔する回数が多くなります。洗顔をする回数が増えていくと、さらに乾燥してしまうことも…。乾燥すると、肌を守ろうと皮脂が増えベタベタしてしまうことが多いんです。負の連鎖を止めるためにも保湿ケアやクリームの使い方は大切になってくるんです!

暑くても保湿が必要なワケ5. そもそも暑いことが乾燥させてるのかも?

そもそも暑いことが乾燥させているのではないでしょうか。暑いと体温が上昇して水分が減っていってしまうといいます。植物も水分がなくなると枯れてしまうのと同様に、お肌の水分が減ってしまうと乾燥の原因になってしまうことも。だからと言ってエアコンをつけると乾燥する。いったいどうすればよいのかと困ってしまいますよね。
保湿ケアの方法をご紹介します!

気づいた人から将来の肌が変わる!褒められる肌になるために♡

保湿クリームの使い方1. まずはお風呂あがった後から

夏はしっとりタイプはつけたくないという方も多いはず…。そんな中でも、化粧水や美容液を使用した後は保湿クリームで蓋をしてください。
もし、クリームはちょっと…という方はしっとりタイプの乳液をつけることで、蓋をしてくれますよ♡せっかく保湿ケアしてうるおい感をもった肌が乾燥してしまったら嫌ですよね♪

保湿クリームの使い方2. 明日のために寝る前クリームを習慣づけて

HAIR

お風呂も上がってから時間がたち、ほてった体が冷めたころにクリームを塗って寝てみるとGOOD。
寝ている間は、夏でも冬でも汗をかき乾燥しやすくなってしまうこともあるんです!その乾燥から少しでも肌を守るために、保湿クリームを塗って寝ることをおすすめします!先ほど紹介したように、保湿クリームの代わりにしっとりとしたテクスチャーの乳液でもOKです!

保湿クリームの使い方3. メイクの前に。まずは肌を整えてから♡

HAIR

メイク前のスキンケアも入念にしてください!
暑くても崩れにくいメイクは土台が大切なんです。乾燥が気になる部分には重ねてクリームを塗ってみてください♡お化粧直しの時には、保湿ケアとしてミスとの化粧水を高い位置から振りかけるのがおすすめです♪

もしかしてやってしまっているかもますか?注意すべきポイント

保湿クリームを塗る前に1. 皮脂をしっかり落として

汗をかいて出てきた皮脂は洗顔でしっかりと落としてください。このときに注意するべきなのが、ゴシゴシ洗わないことです!必要な油まで落としてしまうと、かえって皮脂が増えてしまうこともあります。
優しく泡で洗うようにしてくださいね♡

保湿クリームを塗る前に2. ゴシゴシ拭かない

タオルで顔をふくときは、やわらかいタオルでポンポンと押さえるようにして拭いてください!
ゴシゴシとこすってしまうと、摩擦によって肌トラブルが起きてしまう場合があるので気を付けてくださいね♪

保湿クリームを塗る前に3. 日焼け止めをしっかり落として

日中に塗った日焼け止めは、保湿ケアをする前にしっかりと洗い流してください。汚れを落としてから保湿ケアしてください!
最近の日焼け止めは汗に強かったり水に強かったりして、落ちにくいものが多いのでクレンジングにも気を付けてくださいね✩

暑いからって油断は禁物。将来の肌はどうなっていたいですか?

HAIR

これからの暑い季節でも保湿は大切。夏に向けて今から自分の肌のために、自分なりの保湿ケア方法を見つけてみてください!
乾燥から守ってくれる保湿クリームを、あなたなりの使い方で将来のための土台作りを完成させましょう♡

気になったコスメを探す

メイク・コスメの記事ランキング昨日人気のあったメイク・コスメに関する記事

  1. 1もうチェックした?【敏感肌さん】のためのおすすめ人気化粧水特集♡nonchi
  2. 2透明感引き出す青みピンクメイク。あなたも儚げ女子に変身しよ♡popo
  3. 3これだけは知っておくべき♡おすすめ優秀【ボディオイル】&使い方nanamaru
  4. 4”チークの位置”あなたは大丈夫?大人可愛いツヤチークHOWTO!popo
  5. 5【肌SOS】コンシーラーを上手に使ってニキビ跡とおさらばせよ♡miicha
  6. 6クッションファンデが人気のワケ♡おすすめ14選でツヤ肌GETbutachan
  7. 7【保存版】上品な美のオーラが漂う♡おすすめのマットリップを紹介!miretan
  8. 8メイクで色気を作りだす!ナチュラルセクシーメイクが今季注目です♡popo
  9. 9【保存版】高校生もナチュラルメイクで自然なかわいいを作ろう♡paruru
  10. 10【メイク初心者さんに贈る!】大人メイクマニュアル♡Yuko

おすすめの記事いまARINEで話題の記事

  • イガリシノブさん監修!診断チャートで選べるトリートメント新登場♡PR|ARINE公式
  • ゆらぎ肌にはたっぷりの潤いを。口コミで高評価の潤い化粧水アヤナスPR|ARINE公式
  • ダメージに「負けない」肌作り。アユーラの店舗カウンセリング体験!PR|ARINE公式
  • 【プレゼント企画】スカルプDボーテBeautyセットが当たる!PR|ARINE公式