俳優・藤田富が描く未来像「成功も失敗も今だけを見ない」

『Samurai Ero』の専属モデルとして活躍したのち、舞台やテレビドラマで俳優としても活動中の藤田富さん。2016年には特撮ドラマ『仮面ライダーアマゾンズ』の主演を務めたことでも話題になりました。今年の5月には『仮面ライダーアマゾンズ』の映画版が公開される藤田さんに、俳優として演じることへの思い、気になるプライベートの素顔、好きな女性のタイプまで、盛りだくさんに聞いてきました!

ずっと夢だった仮面ライダー。水澤悠役は俳優として自分を成長させてくれた

ARINE編集部

ーー主演作品『仮面ライダーアマゾンズ』が大人気ですね! 劇場版『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』が5月19日に公開となりますが、撮影はいかがでしたか?

藤田富(以下、藤田):今までシーズン1、シーズン2と続いた作品の集大成を劇場版として公開できるということで、キャストもスタッフも一丸となって最高の作品になるよう頑張りました!

ーー撮影中で印象に残っているエピソードがあればぜひ教えてください。

藤田:長野県の山の上での撮影が多かったんですが、山にこもりきりで夜は10時に宿泊場所に帰ってきて、朝5時に出るような生活だったんです。閉鎖された空間の中で、しかも冬の寒い中、演技するというのが大変でしたけど、過酷な現場で表現のやり方を研究しながら演技することができたのがとてもいい経験になりました。

ーー演技の楽しさを実感されたんですね!

藤田:そうですね。演技のお仕事は最初に舞台から入って、映画や『仮面ライダーアマゾンズ』に出させていただく中で、自分ではない人間になりきって演技をする楽しさを知りました。俳優を始めた当初は「自分を出せばいいのかな」ってモデル的な考え方でいたんです。でも今は自分がきれいに写るかどうかなどは考えず、役に集中することができています。

ARINE編集部

――仮面ライダーはファンタジー作品ですけど、そこに入り込むのって最初は大変だったりしましたか?

藤田:でも、例えば、現代の人は、一般のお仕事の方でも、「仕事モード」と「家モード」ってあるじゃないですか?
言ってみればそれも「変身」ってことだと思うんです。それと似た感覚で、僕は自分の生活の中で役を重ね合わせて、ファンタジーを作れたかなって思っています。

――仮面ライダーになるって、男の子なら幼い頃からの憧れですよね。

藤田:憧れてましたね。だから、まさか自分がなれると思っていなかったんですけど、実は何回か前のシリーズの仮面ライダーのオーディションでは落ちていたので、より「仮面ライダー」に対する執着が湧いていて。『アマゾンズ』で仮面ライダーになれたことは、ある意味、自分の中の目標が叶った、くらいの大きなことでした。
でも今となっては、この作品がもっと広く世の中に広がって行くように、頑張りたいと思っています。ほかの作品に出たときも「仮面ライダーに出ていた人だね」って言われるような人間になれるように、もっといろいろな作品に出て、いろいろな方の目に触れられるようになりたいと思っています。

――小さな男の子たちはもちろん、若い女の子のファンも増えたんじゃないですか?

それが意外とおじさんファンが増えたんですよ笑

――おじさん!?

全く今まではおじさんのファンの方って僕にはいなかったんですけど、『仮面ライダーアマゾンズ』は大人向けの作品なので、仮面ライダー好きのおじさんたちが「いいね」って言ってくれるんです(笑)ほかの舞台のお仕事の時におじさんが出待ちしてくださってたり。嬉しかったですね。

――おじさんファンが増えるのって嬉しいんですか?(笑)

嬉しいですよ! 応援してくれている感じがすごくするので。僕の役を好きになってくれたのかなとか。おじさんに好きになってもらえるのは嬉しいです。

ARINE編集部

――映画の見どころについても教えてください!

藤田:シーズン1と2を通して、谷口賢志さん演じる鷹山仁さん(仮面ライダーアマゾンアルファ)との決着がこの映画版ではつけられるので、物語がどういう形に転ぶのか見ていただけたらと思います。また、シーズン1、2を通して、悠が仁さんと対決するに当たって、どう成長するのかと、二人の戦いの行方を見ていただけたらと思います!

――俳優さんとしてすごくこの作品で大きくなられたと思うんですけど、今後やってみたい役はありますか?

藤田:僕、賀来賢人さん携帯の待ち受けにするくらい大好きなので(笑)賀来さんのようにコメディーをやってみたいです。賀来さんは福田雄一さんから「福田チルドレン」と言われているんですけど、僕もそんな風になりたいです。普通の演技の中で、面白みを感じてもらえるような役者さんになりたいです。

――素敵な目標ですね! コメディーは演技の実力も問われそうですし。

そうですね。あと、一人だけ面白いことやってても、面白くないので、周りの役者さんとの関係性をどれくらい築けるかとか、そういうところまで考えられる役者さんになりたいです。

――現場でのムード作りは得意な方ですか?

あまり得意じゃないんです(笑)でも、現場に入ったら、芝居のことでコミュニケーションが取れるので。「ここどうやったらいいですか?」とか「僕、こうやってやろうと思うんですけど、どう返してくれますか?」とか聞けることがあるので、そういうところでコミュニケーションをとっています。ムード作りというよりは芝居のことでコミュニケーションを取って、ぐいぐい聞いたり、いろいろな相談をする中でいい作品を作っていけたらといつも思っています。

――こう言ったらなんですが、すごく真面目なんですね(笑)

そんなことはないです!(笑)

流行を追わなくなって、おじさんになったなぁと思います(笑)

ARINE編集部

――先日、3月27日には『超十代2018』のイベントにも出演されましたね!

藤田:はい。ファッションショーに出るときは、俳優をやらせてもらう前までは、「自分が目立ってなんぼ」とか「自分をどう生かすか」を考えていたんですけど、いまはおじさんになったので…。

――いや、なってないですよ!(笑)

藤田:いや(笑)今流行っているものとか、若い子たちがどういう話をしているのかとか、若者の言動が見える現場なので、そういう意味でワクワクする現場です。今の文化を知ることができるいい機会だと思っています。

――まだ25歳ですよね?(笑)10代の記憶って遠いですか?

藤田:遠くはないですよ!(笑)遠くはないですけど、自分が今いる世界が、流行を追いかける世界とは違うので、だいぶおじさん思考になってしまったかなとは思います(笑)

ARINE編集部

――10代の頃はどんな少年だったんですか?

藤田:僕は20才までずっと芸能活動もしていなかったですし、勉強ばかりしていたんですけど、今思えば、勉強という一つのことに集中できたという点では頑張っていたのかな。地味で面白くないやつだったなと思いますね。
部活もやってましたけど、勉強中心の生活で。テストで上位を取るのがその時の生きがいでした。大人になったら、学期末のテストで何位だったかとかどうでもいいはずじゃないですか?(笑)中学の通信簿の成績とか関係ないし、今思えばちっぽけなことですけど、その当時はその小さい目標に対してすごく努力できていたのだと思うと、今も目の前のことにもっともっと本気になれたらと思います。

――本気になれていた10代だったんですね。今の10代の子たちに伝えたいことは何かありますか?

藤田:大人になったらいろいろな選択肢があると思うんですけど、学生の時は勉強というやらなければならないことがありますよね。勉強は嫌いな人が多いと思うのですが、嫌なことに対して努力する力というのは大人になったら絶対必要です。大人になったら好きなことばかりをやれるわけではないので、そういう意味で、勉強って本当に重要だな考えて欲しいです。

数学とか化学とか「大人になったら絶対使わないじゃん」と思うと思います。「物質がどうとか知らねーよ、意味ねえじゃん」って言ってるかもしれないけど、何のためになるかわからないことを努力することは大人になっても必要なので、是非とも嫌なことを積極的に努力してほしいなって思います(微笑)

初めての女装…もしかしてコッチ系?

ARINE編集部

――ここからは藤田さんのカッコよさの秘密を探って行きます。と言いながら、この話からなのですが…貝印のキャンペーンでされていた女装の写真を拝見いたしまして。とても綺麗でした!このお仕事のお話がきたときは、どういう風に感じましたか?

藤田:僕は基本的にお仕事をいただけたら、NGはなくて、女装に対して何も感じないと言ったら変ですけど、嫌だとも思いませんでした。プロの人にメイクしてもらって、「あれ、いつもの自分と全然違うわ」と驚きました。それくらい変身できたのは楽しかったですし、「メイクでこんなに変われるんだ」と知れたことで自分を外見的に良く見せる方法はまだまだあるのかなって思いました。

こちらが藤田さんの女装!美しい!

KAI BEATY PRESS

――女装してみて気がついたことはありましたか?

藤田:ああ〜自分はコッチなのかな?とか? 冗談ですけど(笑)洋服って大事なんだなと思いました。骨格が男なので、どう服を着こなして、女性っぽく見せるかとか、メイクも骨が尖っている顔をどうふっくらさせるかとか、そういう欠点をなくす、カバーするということをメイクでできるんだなとわかりました。まだまだ可能性があるので、もっとカッコよさを自分の中で研究していけたらと思いました。

――女の子の日常の大変さも感じました?

藤田:感じました!一番思ったのが、マスカラが重たくて!目が重たいんですよ。塗りたての時引っ付くし、メイクを落とす時がめっちゃ大変で。アイラインも現場で落としたと思っても、家帰って鏡見たら、パンダみたいになってて。まだついてる!って。何回顔
洗えば落ちるんだろうって、女性はこれを毎日やってるんだと思ったらびっくりしました。

ーー女子は毎日努力しているんですよ(笑)それにしても、お肌がめちゃくちゃ綺麗ですけど、普段何かされてるんですか?

藤田;洗顔、化粧水、乳液はしっかりやります。

ーー乳液まで!

藤田:あと冬場はソンバーユを乳液塗った後、塗るようにしています。乾燥がぜんぜん和らぎますよ。

ーー保湿に気をつけていらっしゃるんですね。肌荒れしちゃうときはあるんですか?

藤田:今も治りかけなんですけど、ちょっと前から荒れてしまって、皮膚科に行ったら漢方をもらったんです。漢方って効かないんじゃないかって思ったんですけど、効きましたね。

ARINE編集部

誰がいつ成功して、失敗するのかわからない世界だから、現状だけで人を判断しない

ARINE編集部

ーー食事に関してはいかがですか?

僕って元々すごいデブだったんです。中3まで90キロくらいあって!もともと太りやすいので、できるだけ炭水化物を食べないようにしています。家では自炊しているんですけど、白米は半分以下にして、カロリーカットのためにマンナンヒカリと十五穀米と押し麦を混ぜて炊いて食べています。

――そんな手間を!女子力高い…ご自身では女子力が高いなって思う時はありますか?

部屋は常に綺麗にしています!恥ずかしい話なんですけど、実家にいたときは、毎日母が僕の部屋を片付けてくれていたんです。学校から帰宅したらベッドメイキングまでしてくれていて。ただ、僕としては部屋の掃除は、母にとって息子が言わないことを探れる機会なんだと思って。何も言わないようにしていたんですけど…。でもそれで部屋が綺麗になっていることが当たり前になっていたので、一人暮らしを始めた後も、部屋がちょっとでも散らかっているのが嫌なので、毎日綺麗にしています。

――見た目だけでなく、メンタルで気をつけていることや人生のモットーはありますか?

僕は、誰がいつ成功するかわからないな、ということをいつも思っていて。逆に誰が失敗するかもわからないと思うので、人の良し悪しを今の結果で判断したくないなと思っています。短い人生の中ですけど、今までいろいろな人を見てきて、仕事がいつまであるかわからない役者の世界では、誰がいつ成功して失敗するかわからないってみんな多分思っているんですよね。人の成功や失敗に一喜一憂せずに生きて行こうっと思うし、人と関わるときも今自分の方が上だからとか絶対思わないようにしようって思ってます。

――肩書きで人を判断する人って多いですものね

それはそれでいいと思うんですよ。肩書きで人を判断する人は、自分もそれで判断されていることがわかっているから、肩書きを磨こうと思っているだろうし、それが自分の生き方になっているならそれはそれでいいと思います。

ARINE編集部

――大人ですね…。落ち込むこととかイライラすることはないんですか?

藤田:ありますよーめっちゃあるんですけど、猫と暮らしてるので、癒されるんです。

ーーぽて丸くんですね!可愛いですよねー!あんな可愛いお顔の猫ちゃんなかなかいないと思います!

藤田:本当可愛いんですよ!(微笑)ぽて丸は千葉のブリーダーさんのところまで買いに行ったんです。ペットショップで買うと弱っている子が多いと聞いたので…ペットショップだと生まれてから、できるだけ早くショップに並べないとならないので、健康的ではないらしいです。ブリーダーさんだと家の中で自由に育てられるので元気だと聞いたので、友達に車を出してもらって、千葉まで行きました。元々は犬派だったんですけど、子犬の時犬はお世話が大変、と知り合いから聞いていたので、猫にしたんですけど、本当に癒されますね。

――あんな可愛い子が家にいたら女の子は必要じゃなくなったりしそう(笑)

藤田:そんなことはないですけど!(笑)

こちらがぽて丸くん♡

カフェで仕事をバリバリやっている女性に惹かれます

ARINE編集部

ーー女性向けのメディアなので、ライトな質問もさせていただいてしまうのですが、女の子のファッションや髪型、あるいはしぐさなどでの好みはありますか?

僕、年上の女性が好きなんですけど、稲森いずみさんとか中谷美紀さんとか、どこか寂しい感じが瞳の奥に感じられて、でも凛としてる雰囲気の方が好きで。

ーーすごい語り出しましたね(笑)

いや(笑)それで最近思ったのが、カフェで近くのテーブルの女性がめちゃくちゃバリバリ仕事の電話をしていると、気になります!何の仕事してるんだろう?とか。

――仕事の電話してる女性って、キリキリしていて、引きません?

いや、かっけ〜なって思います!でもよく考えたら、バリバリ仕事する人は多分カフェにいないのかな、オフィスにいるのかなって思うんですけど(笑)営業職の方なら外にいるのかな?仕事ができる感じの女性が、ちょっと汚い言葉とか発していたり、上から目線で喋ってると、ハキハキした感じがかっこいいなって。

ーードM…?

違います!(笑)でもカッコいい女性って、24時間ずっとカッコいいわけじゃないと思うんですよ。どこかで弱い部分もあると思うで、逆に柔らかい雰囲気の女性と会うと、裏では怖そうだなとか思っちゃう(笑)

ARINE編集部

――それでは最後に、自分磨きを頑張っている女の子たちにメッセージをください!

藤田:僕自身、元々太っていて、自分磨きを頑張って今があるので、絶対に自分を磨くことは、自分の将来が変わることだと思うので、磨き続けて欲しいなと思いつつ、素敵な男性と出会えたらいいね、と思います!

ーー自分磨きを頑張っているなら、余計に素敵な恋がしたいと思いますからね〜。

藤田:あと、結婚したら、安心して自分磨きってしなくてなっていくのかな?って思うと、結婚したらしなくなるなら、元から自分磨きに対して意識が高い人の方が、男性としても結婚した後も安心かなと思います。

ーー奥さんになる方には、結婚しても綺麗でいて欲しいですか?

それはもちろん!奥さんにはずっと綺麗でいて欲しいです。そうじゃなくなっても好きでいると思いますけど、男性からしたら綺麗でいてくれるのは嬉しいですよね!

ーーみなさん、外見も内面も、美容磨きを頑張りましょう! 今日はありがとうございました!

藤田さんから読者へ動画メッセージ♡

ARINE編集部

(撮影/高橋那月)

藤田富さんのサイン入りチェキを3名様にプレゼント!

【応募方法】
ARINE公式Twitterをフォロー&こちらのツイートをRTすれば応募完了です。
当選された方にはDMからご連絡いたします。
◆応募規約について
【応募期間】
4月6日から3日間

【応募資格】
・日本国内にお住まいの方で、本応募規約を理解し同意の上、当社所定の応募方法によるご応募が可能な方に限り、ご応募できるものとします。
・グリー株式会社の社員、グループ会社の社員および関係者とその家族は応募できません。

【応募方法】
・ARINE公式アカウント(https://twitter.com/arine_jp)をフォローしてください。
(結果発表は受賞者にTwitterDMでご連絡いたします。このプレゼント抽選発表までの期間内は、公式アカウントを必ずフォローしてください。)

【当選発表】
・当選の権利は、ご本人様のものとし、他人へ譲渡、換金することや、賞品の変更はできません。
・当選はお1人様、1回までといたします
・不正行為であるとARINE編集部で判断した場合は、全ての応募ならびに当選の権利を無効とすることがあります。
・当選の結果は、2018年4月末までにTwitterのDMで当選者にお送りする「当選のお知らせ」にて代えさせていただき、個別の問い合わせには、お答えいたしかねますのであらかじめご了承ください。
・プレゼント発送は、2018年5月上旬までの発送を予定しておりますが、遅れる場合がございます。あらかじめご了承くださいますよう、お願いいたします。

【注意事項】
・本キャンペーンの提供主体は、グリー株式会社です。
・本キャンペーンは、Twitterが支援、承認、運営、関与するものではありません。
・本キャンペーンは、予告無く中止および変更させていただく場合がございます。
・当キャンペーンの応募時に発生するインターネット接続料や通信料、及び本人確認時の書類郵送費は、応募者ご本人様のご負担となります。
・当選された賞品の転売は、禁止とさせていただきます。なお、転売を確認した場合は、当選を無効といたします。
・当選された賞品の発送は、日本国内に限らせていただきます。
・TwitterのDMによる「当選のお知らせ」連絡が、連絡日より1週間不達の場合、当選の権利が無効となります。
・「当選のお知らせ」に記載された発送手続および、個人情報登録を「当選のお知らせ」を期限内に行っていただけない場合、当選の権利が無効となります。
・発送手続および、個人情報登録の内容に不備があった場合、当選の権利が無効となります。
・投稿の非公開設定をONにされている方は、参加対象外になりますのでご注意ください。

【個人情報の取り扱い】
・当社は、本キャンペーンの実施にあたり、本キャンペーンに当選された方の以下の情報(以下「個人情報」といいます)を取得いたします。
・氏名、フリガナ、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス、その他個別に指定する情報
・お客様の個人情報は本人確認、賞品発送の目的で、グリー株式会社および業務委託先にて適切に管理させていただきます。お客様の個人情報をお客様の同意無しに業務委託先以外の第三者に開示・提供することはございません。(法令などにより開示を求められた場合を除きます)
※その他、お客様の個人情報の取扱いにつきましては、当社のプライバシーポリシーをご参照ください。

【お問い合わせ先】
・本件に関するご質問、お問い合わせは、お問い合わせフォームの「その他」をご選択のうえご連絡ください。

ライフスタイルの記事ランキング昨日人気のあったライフスタイルに関する記事

  1. 1これがおすすめ!コスパ◎人気ドライヤーで髪とより良い関係を築こうtaishin
  2. 2旅行にはマストで連れていく♡便利アイテムでもっと快適に楽しく!kaho
  3. 3おしゃれでアロマな加湿器でお部屋を極楽カスタマイズ!ryomryon
  4. 4【完全版】効果絶大!メーカー別おすすめ人気空気清浄機を一挙紹介☆taishin
  5. 5コスメやアクセサリーも!小物をしまえる【収納ケース】大特集♡mayo
  6. 6女子力も、収納力も。おすすめメイクボックスをご紹介します♡nrm_95
  7. 7かぼちゃのアグロドルチェとは?!簡単イタリアンレシピをご紹介♪mahiro
  8. 8本棚まで北欧風に…♡おしゃれで使える【インテリア本棚】8選!mayo
  9. 9さみしい壁の救世主!おしゃれな《壁掛けフォトフレーム》大特集♡mayo
  10. 10ノートの必需品!”かわいい×使える”おすすめの《付箋》8選mayo

おすすめの記事いまARINEで話題の記事

  • 美肌の敵から「守る」スキンケア!次世代モイスチャライザーとは?PR|ARINE公式
  • サロンよりも断然お得!?超簡単なセルフジェルネイルが気になる♡PR|ARINE公式