チークの塗り方2018年版も紹介!顔の形別×アイテム=魅せ顔に♡

皆さんは普段のメイクでしっかりチークを塗っていますか? メイクの中でベースメイクやアイメイク、リップと違ってチークは手を抜きがちになっていませんか?チークって顔色や血色をよく見せたいから何となく頬に塗っている、なんて方もいるのではないでしょうか。チークは、塗り方次第で印象が変わってくるんです♡チークの塗り方がいまいち分からない。そんなあなたのために今回はチークの種類から、塗り方まで細かく教えちゃいます♪

「チークを塗る」そのひと手間であなたの魅力はUPする♡

ほんのりふんわりと頬に血色感を与えてくれるチーク。さらっとのせるだけでもメイクを華やかにしてくれるのがチークの魅力です♡
普段何気なくチークを使っている方もいるはず。薄いと塗っているのかが分からず、濃すぎると化粧のバランスが崩れてしまう…。チークって簡単なようで難しかったりしますよね。
だからこそ、チークの塗り方ってとても重要なんです。

初めに。チークの種類と特徴を教えちゃいます♡

紹介1. パウダーチークの特徴を教えます♡

ARINE編集部

パウダーチークとは、パウダー状のチークのこと。
パウダーチークはマット感のあるものやラメ感のあるものなど、様々な種類があるので、お好みのパウダーチークを探してみましょう♪
チークを塗るときには、ブラシを使用することでふんわりと柔らかい印象に仕上がるんです!
チークの質感で使いやすいとされているのがパウダーチーク。チーク初心者さんや普段、チークをするのが苦手な方はパウダーチークからスタートするのがおすすめ。

紹介2. リキッドチークの特徴教えます♡

リキッドチークとは、液体状のチークのこと。
ツヤ感と透明感のある肌を演出してくれるので、今トレンドのシアーメイクにもぴったりなチークです。
パウダーチークほどマット感はなく、ツヤ感のある仕上がりになるので「ナチュラルメイクが好きだけどほんのり血色感を出したい」という方はリキッドチークを使いましょう♡

紹介3. クリームチークの特徴教えます♡

クリームチークとは、クリーム状のチークのこと。肌馴染みがよく、はっきりとした発色が特徴です。クリームチークはナチュラルだけど、ほんのり火照った血色感を演出できるところもポイント。
クリームチークは肌のツヤ感を演出してくるので、リキッドチークよりツヤ感を強調したい方におすすめです♪

チークをキレイに仕上げるためにそろえたい道具はありますか?

ずばり!ブラシやスポンジを使うべし♡

普段チークを塗るとき、付属のブラシを使う人が多いのではないでしょうか?
チークの仕上がりをキレイにするためには、付属のブラシではなく、メイク専用ブラシをそろえることをおすすめします。チークを買うと付いてくる付属ブラシやパフはお出かけ先でのみ使うのが◎。お家でのメイク時は、チークブラシを用意してメイクを仕上げてみてください♪
クリームチークを使うときは指やスポンジを使うとナチュラルな仕上がりになりますよ。

どんなブラシが正解?選ぶポイントを教えます♡

ブラシも種類が沢山あって困っちゃう。そんなあなたにブラシ選びのポイントを教えます!

ブラシを選ぶときのポイントは、ずばり2つ♡

1. 持ち手の長いブラシを選ぶこと。
(持ち手が長いと、余計な力が入らないので、ムラなくチークが塗れます。)

2. 毛質はふわふわとした大きくてやわらかいものを選ぶこと。
(ふわっと大きいタイプのブラシは、チークがナチュラルでキレイに仕上がります。)

いやいや。私はスポンジ派です!そんなあなたには?

基本的にブラシを使うことがおすすめですが、スポンジのほうが塗りやすい!という方もいますよね。また、クリームチークやリキッドチークを使う場合にはスポンジがGOOD♪
スポンジを選ぶポイントは1つ。

・スポンジは厚みのあるものを選ぶこと。
(スポンジの厚みが大きいと、余計な力が必要ないのでチークをキレイにぼかすことができます。)

それでも悩むあなたに♡おすすめチークブラシを紹介♪

プチプラでおすすめ!チークブラシはこちら♡

チークブラシ

パウダータイプ用のチークブラシです。テクニック入らず!簡単、クルクルするだけでまるでマシュマロみたいなふん...

CANMAKE(キャンメイク) 「チークブラシ」

プチプラでおすすめのチークブラシは、キャンメイクの 「チークブラシ」です。たっぷりとパウダーを含み、含んでない周りの部分が頬に触れてぼかしてくれるので、ナチュラルでキレイに仕上がるんです!
ふわふわで柔らかい肌ざわりのブラシでテクニックいらずのアイテムです♡

デパコスでおすすめ!チークブラシはこちら♡

チークブラシ(S)

携帯に便利な、キャップ付きのチークブラシ。適度なコシのある灰リスと山羊の混毛。

LUNASOL(ルナソル)「チークブラシ(S)」

デパコスでおすすめのチークブラシは、ルナソルの「チークブラシ(S)」です。コンパクトサイズでキャップ付きなので、持ち歩くのに便利なんです♪
適度なコシがあるブラシなので、チークをのせるのにぴったりなチークブラシなんです!

必見!2018年版チークの塗り方も特集♡

2018年、チークのポイントって何ですか?

asato0909 (Un ami Kichijoji所属)

2018年のメイクテーマは、透明感のある「印象美人」に仕上げること♡
そのために、2018年は、チークのかわいさにプラスしてキレイな印象を入れてあげることが必要になってくるんです。2018年は、クリームチークとパウダーチークの2種使いとシェーディングを使うことがチークのポイントとなります♪

クリームチーク×パウダーチーク、2種使いの方法はこちら♡

1. ベースメイクをした後、ブラシでクリームチークをとり、手の甲で一度なじませます。
2. 頬の1番高いところにクリームチークを入れます。
3. 入れたチークを頬の一番高いところから、顔のサイドまで広げます。(こうしてチークを広げることで、正面と横顔に繋がりができます。)
4. 広げたチークを、指で肌になじませたらクリームチークは終了。

次に、パウダーチークの登場です♡

5. パウダーチークをブラシにとった後、一度、手の甲でなじませます。
6. ツヤ感と奥行き感を出すために、先ほど塗ったクリームチークの上からパウダーチークを重ねたら完成。

クリームチーク同様、パウダーチークもサイドまで広げましょう♪

シェーディングを入れて印象に改革を♡

ARINE編集部

チークを入れたらシェーディングを入れてチークにメリハリを入れていきます。シェーディング使うとチークのかわいらしい印象にキレイな印象が追加されるんです♪

入れ方はこちら。

1. チークを入れた延長線上から、シェーディングを入れていきます。
2. もみあげからスタートして、アゴ下まで入れたら完成です。

チーク初心者さんのために。質感別チークの塗り方も紹介♡

基本的なパウダーチークの塗り方はこちら♪

1. ブラシにチークを含ませます。
2. チークをブラシに付け、肌に直接のせると、ムラができやすくなってしまうので手の甲などを使って量を調整します。
3. 笑ったときに頬が1番高くなる位置からこめかみに向かい、斜めにブラシをくるくるさせながら塗っていきます。
4. 自分好みに塗ることができたら、仕上げにパウダーファンデーションをブラシでとって、こめかみに向かって塗り、ぼかして完成♪

リキッドチーク・クリームチークの塗り方

1. いきなり頬につけずに、リキッドチークを少しだけ手の甲にとり調整します。
2. 位置はパウダーチークと同様、笑顔のときに1番高くなる部分に塗ります。指を使って、くるくるとこめかみに向かって骨格に沿って伸ばしていきます。
3. チークを馴染ませるためにスポンジでぼかしていきます。
4. 仕上げにフェイスパウダーをのせて完成♪

このときに、乳液を少し頬骨に馴染ませるとツヤ肌に仕上がりますよ♡

クリームチークは塗る順番に注意が必要です♪

クリームチークはファンデーションによって塗る順番を確認してみて♪

「リキッドファンデーション」を使用するときはこちら。
1. 下地
2. リキッドファンデーション
3. クリームチーク
4. フェイスパウダー

「パウダーファンデーション」を使用するときはこちら。
1. 下地
2. クリームチーク
3. パウダーファンデーション

あなたのなりたいイメージは?イメージ別チークの塗り方を紹介♡

「かわいい印象」に仕上げたいあなたにおすすめチークの塗り方♡

山戸 優(Yamato Yu) (サロンドミルク 原宿[salon de MiLK]所属)

チークであどけなく、かわいい印象に仕上げたいあなたは、頬骨の高い位置に、小さいだ円を描く感覚で丸く、ふんわりと入れていきます。
チークの幅は広くしすぎると顔が大きく見えてしまうので気を付けましょう。

「大人っぽい印象」に仕上げたいあなたにおすすめチークの塗り方♡

大人っぽい印象にしたいときには、頬の高い位置よりもやや低めで、斜めに入れることがポイント。大人っぽい印象にするためには顔の余白を埋めることを意識するのが大切♪
チークの入れる位置が下すぎると老けて見えるので注意してください。
特に余白を感じやすい頬の場合、仕込みチークでこめかみから頬に向かってチークを入れて頬幅を狭めます。頬骨に沿って入れることで、骨格を目立たせて立体感を演出します。

「上品でエレガント」に仕上げたいあなたにおすすめチークの塗り方♡

asato0909 (Un ami Kichijoji所属)

上品な印象に仕上げたいときは、やや平行にチークをのせることがポイントです。頬骨の高い位置よりやや下、チークを平行に入れたら、ナチュラルに仕上げるために何も付いていないブラシで境目をぼかしましょう。
このとき、広い範囲に入れる場合、境目が目立ち過ぎないようになじませませることが大切。耳の横から小鼻に向かって、やや平行気味に入れても上品な印象に仕上がります♪

チークの塗り方をさらに攻略!顔型別も参考にしてください♡

「面長さん」のチークの塗り方♡

山戸 優(Yamato Yu) (サロンドミルク 原宿[salon de MiLK]所属)

面長さんのあなたは、縦長感を出さないことが大切。そのために、チークで横幅を出していきます♡
斜めにチークを入れてしまうと顔の面長が強調されるのでNG。チークをたっぷり取ったブラシを耳の横からスタートして、小鼻に向かってやや平行気味に動かすと、全体のバランスがよく仕上がります♪

「丸顔さん」のチークの塗り方♡

kazu_haya_ (REJOUIR BEAUTY GARDEN所属)

丸顔さんのあなたは、顔がポッチャリと見えてしまいがち…。そのため、頬骨の最も高い位置、頬の中央からスタートしてこめかみに向けて斜めにチークを入れていきましょう。
チークの幅を狭く入れるとシャープな印象に演出できます♪

「逆三角形さん」のチークの塗り方♡

tak.hoshi (Unique 【ユニクー】所属)

逆三角形さんのあなたは、顔がシャープで骨っぽさが目立ってしまうので顔を柔らかく見せることが大切です。
ブラシを使って頬骨の内側から円を描く感覚で、丸くふんわりと入れることで、輪郭を柔らかく見せる事がポイントです。丸く、ふんわり、広くチークを入れることで優しい印象に仕上がります♡

「ベース顔さん」のチークの塗り方♡

浅田 翔 (ワームス[warmth]所属)

ベース顔さんのあなたは、男性的な印象になりがちなので、エラの部分を目立たなくさせるのがポイントです。
頬中央からスタートして、やや斜めにこめかみに向かってだ円形に入れます。そのまま滑らせるようにエラの部分にも塗っていきます。エラが強調されずにやさしい雰囲気に仕上がります。

年齢に合う塗り方がある?チーク世代別特集しちゃいます♡

「10代」のあなたにおすすめチークの塗り方♡

ヴィッカ 南青山店[vicca]

10代さんは、かわいさと明るさのある、愛され顔を意識することがポイント。

おすすめは、「目の下チーク」。目の下にチークを塗ることで、あどけないかわいらしさがアピールできるんです♡
入れ方は、笑ったとき1番高くなる頬骨を目安に、だ円形ではなくふんわりと円を描くイメージでチークを入れます。境目ができないように薄く重ねてください。チークの調整がしやすいクリームチーク、スティックチーク、リキッドチークを指で優しく入れるのがおすすめ♪

「20代」のあなたにおすすめチークの塗り方♡

takanorikoike (リュドール 栄[Rue D’or]所属)

20代さんは、かわいらしさの中に大人の色気もプラスすることがポイント。

目尻から口角をつなぐ線を意識して、その内側が最も濃くなるようにチークを入れていきます。内側からのグラデーションで、ナチュラルな血色感が出て、かわいさに大人の色気をプラスしてくれるんです♪

もう1つ20代さんにおすすめしたいのが、隠しチークポイントの「鼻下チーク」と「あご先チーク」の2つ。
カラーはナチュラルに仕上がるオレンジ系チークを使うことがおすすめです!

・ 鼻下チーク
チークを鼻下に薄く入れることで、鼻と口の幅が狭く見えるんです。
・ あご先チーク
あご先に少しチークを入れると、シャープな印象に見せることができるので◎。引き締まった輪郭を演出しましょう♪

「30代」のあなたにおすすめチークの塗り方♡

印象が"かわいい"から"美しい"に変化する30代さんは、潤いやツヤを意識することがポイント。

チークはこめかみからスタートして、頬骨にかけてだ円形をイメージしてシャープに入れましょう。チークでしっとりとした質感を演出するには、クリームチークやリキッドチークを使うのが◎。
パウダーチークを使う場合、マットではなくパール入りのものがおすすめです。

30代さんにもおすすめの、隠しチークポイントは「眉チーク」。
カラーは、かわいい印象に仕上げるならピンク系、カジュアルな印象に仕上げるならオレンジ系がおすすめです♪

眉チークを軽く入れると、ナチュラルで血色感のある仕上がりになるんです。入れ方は簡単!アイブロウをした後、眉全体にパウダーチークを重ねたら完成!

メイクはバランスが重要♡

asato0909 (Un ami Kichijoji所属)

メイクはバランスがポイントになんです♪リップやチーク、アイメイク。全部濃くなってしまうと厚化粧になってしまう…。
チークをメインに塗るときはリップの色味を落ち着かせ、色のバランスを意識してみてください♡

あなたの印象だって変えてしまうチーク♡

いかがでしたか?今回は、チークの特徴や塗り方など細かく紹介しました♡
さらっとのせるだけでメイクの印象を華やかに演出してくれるチーク。今回紹介した塗り方や、2018年版の最新チークの塗り方を試してみてくださいね♪

※画像はイメージです。
※記載しているバリエーションは2018年7月現在のものです。

気になったコスメを探す

メイク・コスメの記事ランキング昨日人気のあったメイク・コスメに関する記事

  1. 1コスパ重視!美肌を目指すプチプラのおすすめスキンケア大特集♡tamu
  2. 2"まつげ美容液"で目ヂカラUP♡市販のおすすめまつげ美容液15選miicha
  3. 3小顔になりたい方へ♡美顔ローラーでウワサのユビタマゴ♡miicha
  4. 4全童顔レディに捧ぐ!ふさわしい大人メイク術で色気を手に入れる♡Yuko
  5. 5愛され肌にはツヤと透明感が肝心です。プチプラコスメで手に入れよ♡popo
  6. 6手 VS コットンあなたはどっち?ぷる肌をめざす化粧水のつけ方♡nanamaru
  7. 7肌きれいって言われたい♡スクラブ洗顔で理想の肌を目指しましょう♪miretan
  8. 8自己流はNG!メイクの基本【下地の塗り方】から極めよう♡Yuko
  9. 9日本人好みな化粧下地大集合♡次に買うならRMKの化粧下地を選ぼうMio
  10. 10素顔美人を叶える♡プチプラCCクリームでイマドキ生っぽ肌!chaa_f_chaa

おすすめの記事いまARINEで話題の記事

  • 2019トレンドヘアは大人女子!スカルプDスペシャルイベント開催PR|ARINE公式
  • 明日の綺麗は今日決まる!「#わたしの夜ケア」キャンペーン結果発表PR|ARINE公式
  • 【最大1万円分】ギフト券が当たる!「#春」キャンペーンPR|ARINE公式