【一重、二重アイシャドウの塗り方】を変えて、いつもとは違う自分に

毎日メイクってみなさんきっとありますよね。 なかでも、アイメイクはいつも同じになってしまいがち。でも、たまにはメイクで気分を変えて、新しい「自分に」に挑戦してみませんか? 今回は、アイシャドウの王道カラー、ブラウンとピンクを中心に、一重さん二重さんにおすすめのアイシャドウの塗り方と人気コスメをご紹介します♡

いつものアイシャドウ、もっと使いこなしたい♡

みなさんは、手持ちのアイシャドウ、どのように使っていますか?とりあえず重ね塗りしてグラデーションにしている方や、なんだかんだ毎回同じアイメイクにしてしまう方も多いと思います。
ちょっぴりアイシャドウの塗り方を変えたり、コスメを足すだけで、いつものアイシャドウでもイメチェンできちゃうかも?
今回は、目の形別のデカ目を意識した基本のアイシャドウの塗り方から、一重さん二重さん向けの応用アレンジ、プラスワンアレンジまでご紹介します!

おさえておきたい!アイシャドウの基本的な塗り方

<一重>アイシャドウの塗り方講座

【一重さんおすすめアイシャドウの塗り方】

一重さんはアイシャドウでアイホールを広く塗りすぎるとまぶたが重く見えてしまいます。
おすすめの塗り方は、ハイライトカラーを使って”引き締める”ことを意識した塗り方です。ハイライトカラーをアイホール全体に薄く伸ばしたあと、目を開けてほんのりアイシャドウが見える程度の広さでブラウン系の濃いめカラーをいれます。目のキワに沿って塗るのを意識しましょう。

<二重>アイシャドウ塗り方講座

【二重さんおすすめアイシャドウの塗り方】

二重さんは一重さんとはちがって、アイホール全体にアイシャドウを広げてデカ目を狙う塗り方がおすすめ。アイホール全体に薄めのカラーを広げたあと、二重幅を広く見せるために濃いめのカラーを半分ほどの幅でいれ、ぼかします。目尻は気持ち広めにアイシャドウを広げればデカ目の完成♡

<奥二重>アイシャドウの塗り方講座

【奥二重さんおすすめアイシャドウの塗り方】

奥二重さんは一重さんと同じく、目を開けたときに二重幅にぬったアイシャドウは隠れてしまうタイプ。なので目尻側のアイシャドウを濃くしたり、目のキワにや下まぶたに引き締まるブラウン系統のカラーをいれることで目元に立体感を出すのが◎。

アイシャドウでデカ目を作る塗り方とは?

目の縦幅を強調して可愛いデカ目に

はじめに、デカ目を作るためのアイシャドウの塗り方をご紹介!

まず、縦幅を広く見せるためには、縦のグラデーションの塗り方を意識しましょう。目のキワが1番濃くなるようにグラデーション塗りをすると、目力が出てデカ目に見えます。さらに締め色を下まぶたの目尻から3分の1に入れると◎です。

また、【ハイライトカラー】を使うことで、さらに縦幅を強調してくれます。アイシャドウの白や明るめピンクなどの明るい色を【眉下(アイホールの上のくぼみ)】にのせましょう。立体的な目元に見せてくれます。
さらに、涙袋にもアイシャドウを塗ることで、縦幅が強調されますよ!

目の横幅を強調して大人っぽいデカ目に

横幅を強調すると、大人っぽいデカ目になれます。

横幅を強調するには、【目頭と目尻】が重要です!まず、目頭にハイライトカラーを塗りましょう。さらにアイライナーで目頭にインラインを引くと◎です。
また、目尻側が濃くなるように、目頭側から目尻側にかけてグラデーションになるようにアイホール全体にアイシャドウを塗りましょう。目尻側を濃くすることで、横幅を広く見せてくれますよ。

一重さん・奥二重さんのデカ目メイク

一重さんや奥二重さんのアイシャドウの塗り方は、締め色の塗り方が重要です。

【一重さんのアイシャドウの塗り方】アイホール全体は単色で薄めの色を塗り、締め色を目尻側の目のキワに入れましょう。
【奥二重さんのアイシャドウの塗り方】一重さんと同じくアイホール全体にアイシャドウを塗ったら、二重幅に狭く締め色を塗りましょう。この時、締め色を濃すぎないようにするのがポイントです。

デカ目にするアイシャドウの塗り方を簡単におさらい♡

一重、奥二重さんのデカ目に見せるアイシャドウの塗り方は、二重幅にアイシャドウをいれるのではなく、目尻や目のキワ、下まぶたに少し濃いめなカラーをいれて立体感UPを狙う塗り方。
二重さんはアイホール全体にアイシャドウを広げることで目の範囲を広くみせて、デカ目に見せよう♡

アイシャドウの塗り方、あなたは指?それともチップ?

keisuke kamiyama (デラ 銀座 中央通り店<DERA'S>所属)

アイシャドウの塗り方は、指とチップの2種類ありますよね。それぞれの使い分けを覚えて、アイシャドウを上手に使いましょう!

【ツールの使い分け】
指…均一に塗れるため、アイホール等、広い範囲に塗りたい時におすすめです。また、アイシャドウをぼかしやすいのでグラデーションが上手にできます。

チップ…色を濃く出しやすくキワにも塗りやすいので、グラデーションの締め色を塗る時や色を際立たせたい時におすすめです!

二重の塗り方♡ブラウンアイシャドウで【グラデーション】

グラデーションは【締め色の塗り方】がポイント!
基本は、まぶたのキワに目頭から目尻にかけて細く塗ります。

タレ目に見せる塗り方は、締め色を下まぶたのキワの黒目の外側にしっかり塗り、さらに目尻アイホールの目尻側にもグラデーションに溶け込むように締め色を塗ります。
ヌケ感を出す塗り方は、締め色を上まぶたは目頭からでなく、黒目の上からスタートすると、綺麗に塗ることができますよ。

初心者さんでも簡単!グラデーションを作るおすすめブラウンアイシャドウ

ドラマティックスタイリングアイズ

重ねる順を変えるアレンジと、瞳の色になじむ溶け込み効果で目もとを自然に大きく見せながらビターも、スイートも...

グラデーションアイを簡単に再現!塗り方がとてもラクな「MAQuillAGE(マキアージュ)」「ドラマティックスタイリングアイズ」は、アイシャドウの王道ブラウンカラーで一重、二重に関係なく、やさしげで大きな目を演出してくれます。

締め色から塗るとスイートな目元を、明るいカラーから塗るとビターな目元を。アイシャドウベースもパレットに入っているのが人気の秘訣。

いつもの二重の塗り方を変えて【ヌーディアイ】に

ヌーディにする塗り方は、【締め色をぼかす】のが重要です!
すっぴんのような透明感を出しながら、肌なじみのよいカラーでさりげなく仕込みましょう。

基本的な塗り方はグラデーションと同じですが、全体的に薄く、指で伸ばします。また、締め色はあくまでもグラデーションの延長なので、薄く塗ってぼかします。クリーミーな質感のものだと、よりヌーディになりますよ。

ヌーディアイを作るおすすめアイシャドウ

デザイニング アイシェード

肌色の延長線上にある色だからこそ、1人ひとりの肌色にぴったりくる色選びが大切なブラウン。『デザイニング ア...

ヌーディな塗り方が簡単に作れる「IPSA(イプサ)」「デザイニングアイシェード」21。
やさしい色味で、透明感のあるすっぴん感を出してくれます。陰影にこだわって作られているので、さりげなく目を大きくみせてくれるのです。

とことん甘くするなら【ピンクアイシャドウ】で二重を塗ってみて♡

とくに二重さんにおすすめなのが、ピンクアイシャドウのグラデーション♡

ピンクアイシャドウのグラデーションの塗り方にはコツがあります。ふつうのグラデーションにするより、アイホール全体に薄いピンクを塗ったあと、まぶたの中央にアクセントとして丸く濃いピンクを入れる塗り方がおすすめ。涙袋も薄いピンクを全体に、中央のみ濃いピンクをいれると、とてもキュートな仕上がりに。

可愛くなれる!おすすめのピンクアイシャドウ

リシェ ジェミィリッチ アイズ

宝石のようなきらめきで惑わせる 大きな目元まるで宝石を砕いたようなまばゆい輝きで、目がくらむほどに惑わせる...

こちらのアイシャドウは「Visee(ヴィセ)」「ジェルリッチアイズ」PK-6。
右上のピンクカラーはまぶた全体に塗っても腫れぼったくなりにくい、肌なじみの良いカラーです。ピンクアイシャドウ初心者さんでも、締め色があるので自然な可愛い目元が作れます。
ピンクアイシャドウだと腫れぼったくなってしまうかも、と悩んでいる方はぜひ試してみてくださいね。

奥二重さん・一重さんのピンクアイシャドウの塗り方はポイントメイク

とくに奥二重さんや一重さんにおすすめの塗り方は、【目尻に濃いピンク】を入れるポイントメイク!

塗り方は簡単♡チップや細いブラシにいつも使っている濃いめのピンクアイシャドウをとって、目尻側3分の1だけアイラインのように塗るだけです。ポイントはピンクアイシャドウをアイライナーのように細くスッといれること。
可愛いだけじゃない、個性的でモードなアイを作ってみましょう。

ポイントメイクに使える!発色◎のピンクアイシャドウ

ザ アイシャドウ

99Miss You More (P)ピンクがクリアに煌くウェットピンクベーシックなカラーが豊富な 9レン...

発色が良いことで人気の「ADDICTION(アディクション)」「ザ アイシャドウ」99Miss You More(P)は、ポイントメイクに活躍するアイテム!
チップでまぶたにのせると、高発色し、まぶたに密着します。大粒のパールがたくさん入っているのでパッと華やかな目元にしてくれますよ。

単色アイシャドウの二重の塗り方♡

シンプルで自然なアイメイクを実現してくれる単色アイシャドウは、単色ならではの塗り方で目ヂカラUPを狙おう。
二重さんの単色アイシャドウのおすすめの塗り方は、あえてブラシなどは使わずに指先でアイホール全体を塗る方法です。シンプルな単色だからこそ、アイホール全体をなるべく広範囲で塗り、伸ばすことでナチュラルデカ目に♡

人気の単色アイシャドウ

ザ アイシャドウ

92 Mariage (P)濡れたように煌くシャンパンベージュ@cosmeで「アディクション ザ アイシャ...

「ADDCTION(アディクション)」の「ザ・アイシャドウ」シリーズは、カラーバリエーションも豊富なことでとても人気ですよね。ラメやパールがふんだんに使われたこちらのアイシャドウは、濡れたようにキラキラと輝くまぶたにしてくれますよ。

涙袋にもピンクのアイシャドウが大活躍!

ピンクのアイシャドウでぷっくり涙袋

カラーリッシュ ル スティロ スモーキー

ブラシで馴染ませて、簡単密着。仕上がり続くクレヨンアイカラー。クリアで高発色のクリーミーなテクスチャーが、...

愛されアイメイクに必須の涙袋、じつはアイシャドウでも作れちゃうのです!涙袋にピンクのアイシャドウをちょっぴりのせると、ピンク色の涙袋が肌カラーに馴染み、ぷっくりして見えるのです。

おすすめのアイシャドウは、L'ORÉAL PARISロレアルパリ「カラーリッシュ ル スティロスモーキー」103ピンクパティキュレ。
このアイシャドウはペン型なので塗りやすく、さらにクリーミーなつけ心地なので肌との密着感がUP。ラメ感が可愛くてうるうるした瞳に見せてくれます。

さらにラインを仕込んで強調!

ダブルラインエキスパート

極薄ブラウンで影ラインを描きたし大きな目元に仕上がる●描きやすい極細筆ペンタイプ●極薄ブラウンなので、薄い...

アイシャドウと一緒に、「KATE(ケイト)」「ダブルラインエキスパート」を使えばさらに自然な涙袋をゲット。

こちらのペンライナーを涙袋の影にしたいところに引くことで涙袋の影が作れて、涙袋を強調してくれます。指でサッとぼかせばよりナチュラルな仕上がりに。

アイメイクのプラスワンコスメでアレンジ♡

ブラウンアイシャドウ×プラスワン

ジュエリーシャドウベール

同じ色で、粒サイズが異なる2種類のラメがセットになったパレット。ベースが発色しないアイシャドウなので、お好...

いつも使っているアイシャドウにニュアンスを足したいなら、「CANMAKE(キャンメイク)」「ジュエリーシャドウベール」03ベビーローズ。

こちらのアイシャドウのポイントは、左半分には小粒ラメ、右半分には大粒ラメが入っていることです。塗り方もさまざまで、いつものアイシャドウに重ねてラメやピンクをプラスしたり、単色のみとしても使えるのが魅力的。

ブラウンアイシャドウ×プラスワン

RMK アールエムケー インジーニアス パウダー アイズ N #11 シャイニー グリーン...

ブラウンアイシャドウと意外と相性がいいグリーン。さわやかな春らしいカラーで新鮮さの溢れるアイメイクができますよ。

単色アイシャドウとしての塗り方だけでなく、ポイントメイクのように目尻に差し色として塗ったり、上まぶたはブラウンアイシャドウ、下まぶたはグリーンアイシャドウにしてもキュート!

「RMK(アールエムケー)」「インジーニアスパウダーアイズN 11シャイニーグリーン」は、主張が激しすぎない上品なラメ感で、ブラウンアイシャドウと合わせやすいです。

ピンクアイシャドウ×プラスワン

シャドーカスタマイズ

吸いこまれそうな奥行きのある目もとになりたい。そんな願望をかなえるフォルム整形パウダーシャドー。 ひと塗り...

ピンクアイシャドウのおすすめプラスワンコスメは「レッドアイシャドウ」。ピンクの持つキュートな印象から、ぐっと大人っぽい印象に。

おすすめの塗り方は、アイホール全体と涙袋に薄くレッドアイシャドウを塗り、二重幅より少し広めにピンクアイシャドウを塗ること。目のキワに締め色でブラウンアイシャドウを塗れば、レディな目元の完成♡
「MAJOLICA MAJORCA(マジョリカ マジョルカ)」「シャドーカスタマイズ」RD422は、絶妙なカラーで色っぽい目元にしてくれます。

アイシャドウだけでいつもとはちがう私に♡

いかがでしたか?普段のアイシャドウにプラスワンコスメいれることで、一気に普段とはちがった印象に変わりますよ。
いつもの塗り方だけでなく、色々な塗り方にチャレンジして新しい自分を見つけてみてくださいね。1つのパレットだけでなく、他のパレットのカラーと組み合わせても、可愛いアイメイクができるかも♡

※本サイト上で表示されるコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。
※一般的な使用方法をご紹介しています。製品の効能・使用法は、各社製品によって異なる場合もございます。各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。

※画像は全てイメージです。

※記載しているカラーバリエーションは2018年12月現在のものです。

気になったコスメを探す

メイク・コスメの記事ランキング昨日人気のあったメイク・コスメに関する記事

  1. 1コスパ重視!美肌を目指すプチプラのおすすめスキンケア大特集♡tamu
  2. 2"まつげ美容液"で目ヂカラUP♡市販のおすすめまつげ美容液15選miicha
  3. 3小顔になりたい方へ♡美顔ローラーでウワサのユビタマゴ♡miicha
  4. 4全童顔レディに捧ぐ!ふさわしい大人メイク術で色気を手に入れる♡Yuko
  5. 5愛され肌にはツヤと透明感が肝心です。プチプラコスメで手に入れよ♡popo
  6. 6手 VS コットンあなたはどっち?ぷる肌をめざす化粧水のつけ方♡nanamaru
  7. 7肌きれいって言われたい♡スクラブ洗顔で理想の肌を目指しましょう♪miretan
  8. 8自己流はNG!メイクの基本【下地の塗り方】から極めよう♡Yuko
  9. 9日本人好みな化粧下地大集合♡次に買うならRMKの化粧下地を選ぼうMio
  10. 10素顔美人を叶える♡プチプラCCクリームでイマドキ生っぽ肌!chaa_f_chaa

おすすめの記事いまARINEで話題の記事

  • 【最大1万円分】ギフト券が当たる!「#春」キャンペーンPR|ARINE公式
  • 明日の綺麗は今日決まる!「#わたしの夜ケア」キャンペーン結果発表PR|ARINE公式
  • 2019トレンドヘアは大人女子!スカルプDスペシャルイベント開催PR|ARINE公式