プチプラコスメで挑戦!「秋メイク」で顔におしゃれを取り込んで♡

店頭には徐々に秋冬ものが目につくようになり始めましたが、みなさん秋を迎える準備はできていますか?まだまだ夏を楽しみたい…という方も、秋メイクってやったことなくて不安…という方も、プチプラコスメなら気軽に秋メイクにチャレンジできちゃいますよね♡秋に向けて周りより先に、プチプラを使って賢く「秋メイク」を始めてみましょう!

2018年秋メイクは【プチプラ】で挑戦♡

トレンドがころころ変わる季節ごとのメイク。
秋メイクに挑戦してみたいけど、そもそもやり方がわからない。何を買えばいいんだろう?深みのある秋のカラーって私に似合うのかな…。

そんな風に思ってなかなかチャレンジできなかったみなさん!2018年こそ、思い切って秋メイクにチャレンジしてみませんか?
まずはプチプラコスメを使ってお手軽に、秋メイクを楽しんでみましょう♡

一足先に流行りをGet♡2018年プチプラ秋コスメの選び方とは?

【2018年秋ベースメイク編】

山戸 優(Yamato Yu) (サロンドミルク 原宿[salon de MiLK]所属)

2018年の秋は、昨年流行したツヤ肌ブームが続きそうです。それに加えて秋らしく、大人っぽいマットな雰囲気がちょい足しされる予感!
2018年の秋メイクは、ツヤとマットの良いところを兼ね備えたベースメイクを目指してみましょう♡

【2018年秋アイメイク編】

takanorikoike (リュドール 栄[Rue D’or]所属)

2018年秋のアイメイクは「ブラウンカラー」が主流。各ブランドからも、ブラウンカラーのアイシャドウが多く発売されます。
その他にもバーガンディーやネイビーなど、秋らしい深みのあるカラーを使った秋メイクに注目が集まりそう!
また、眉はシャープではっきりとした印象に仕上げるのがトレンドになりそうです。

【2018年秋チーク編】

takanorikoike (リュドール 栄[Rue D’or]所属)

アイメイクでは深みカラーがトレンドとお伝えしましたが、チークはそれと馴染みの良い赤、オレンジを薄めに入れるのがおすすめ。
オレンジはブラウンカラーとも相性が良いので、秋メイクに取り入れると統一感が増します。
2018年秋は、チークにもいつも以上に気を配りましょう♡

秋メイクのリップにおすすめなのは、断然ダークカラー。バーガンディーなどの暗めカラーは、2018年秋メイクを語る上でも欠かせません。
その中でも「セミマット」が2018年秋の旬な予感!マットすぎることなく、適度なツヤ感を兼ね備えたリップメイクを意識してみてくださいね。

2018年秋メイクを作るなら♡筆者厳選プチプラコスメ19選

【2018年秋おすすめベースメイク:ツヤ肌編】

ジューシーグロウスキンベース

スキンケアで保湿した直後のようなみずみずしい光沢感を演出するツヤ肌ベース。1本5役のオールインワン処方のた...

まずは人気のプチプラ、「CANMAKE(キャンメイク)」の化粧下地から。「ジューシーグロウスキンベース」は秋メイクにぴったりのツヤ肌に見せてくれるので、1本持っておくととても重宝します。
こちらの「キャンメイク」の化粧下地は薄づきなので、ナチュラルな仕上がりになるのもうれしいですよね。

マシュマロカバークッション

美容液成分80%配合!ほど良いツヤ感でうるおいが長時間持続するクッションファンデーション。日本人に合ったほ...

こちらは「SWEETS-SWEETS(スウィーツ スウィーツ)」の「マシュマロカバークッション」。ウォータープルーフ処方の商品です。(公式HPより)
仕上がりはさらっとしていて程よくツヤ感も出るので、2018年秋メイクにぜひ取り入れてみてください。

【2018年秋おすすめベースメイク:マット肌編】

マシュマロフィニッシュベースM

マシュマロのようなフワッとしたマット肌に仕上げるリキッドベース。乾燥によりベースメイクが崩れてしまう方向け...

「キャンメイク」はツヤ肌だけではありません。もちろんマット肌向けのアイテムも発売されています♡マット肌といえどふんわりとした仕上がりになるので、ツヤもマットもほしい秋メイクにはぴったりです!

「マシュマロフィニッシュベースM」は「乾燥肌向け」と「脂性肌向け」の2種類が用意されているので、自分の肌質に合わせて選ぶことができるんですよ。

M クッションファンデーション(マット)

ひと塗りで肌悩みをしっかりカバープチプラ価格、マットタイプクッションファンデーション最近話題のクッションフ...

マット肌作りのクッションファンデーションには、「MISSHA(ミシャ)」のアイテムがおすすめ。ツヤ感もマットさも手に入る上に、お肌の気になる部分をカバーしてきれいに見せてくれます。

一気にたくさん付ける、というよりは、少しずつ重ね付けしていくとムラなく塗ることができますよ。

【2018年秋おすすめベースメイク:ハイライト編】

マスターストロビングスティック

やりすぎ感ゼロ!さっと簡単、進化した「光」で作る新・立体小顔へ*1!「光」で骨格強調、グロウ肌*1。くっき...

最後に「MAYBELLINE NEW YORK(メイベリン ニューヨーク)」の「マスターストロビングスティック」をご紹介。ベースメイクがセミマットなぶん、ハイライトはツヤ感を意識してメリハリをつけてあげましょう。
こちらのハイライトはナチュラルなツヤを演出してくれるので、秋メイクにしっかり馴染んでくれます。

【2018年秋おすすめアイメイク:アイシャドウ編】

キャンメイク パーフェクトマルチアイズ03 アンティークテラコッタ 3.3g

「キャンメイク」の「パーフェクトマルチアイズ」は、プチプラで手に入るのにカラーバリエーションも豊富!もちろん2018年秋メイクに使えるカラーもたくさんあるんです。
とくにおすすめなのは【03】アンティークテラコッタ。深みのあるブラウンやバーガンディーも、ラメなしのものを選べばナチュラルな仕上がりに。初心者さんにもおすすめです。

スキニーリッチシャドウ

4色を重ねれば簡単に上品グラデーションが完成。なじみの良いブラウンカラーでつくられた、使いやすいアイシャド...

「EXCEL(エクセル)」の「スキニーリッチシャドウ」は、グラデーションが簡単に作れる優れもの。品の良いカラーを取りそろえたエクセルのアイシャドウは、落ち着いた雰囲気の秋メイクに欠かせません。

こっくりとしたブラウンは色んなカラーととても馴染みがいいんです。アイシャドウだけが浮くことなく、自然な秋メイクを作ることができますよ。

【2018年秋おすすめアイメイク:アイライナー編】

モテライナーリキッド

「これ以上のアイライナーは考えられない。」伝統の技、先端科学、異業種とのコラボレーションなど、いまでき得る...

「フローフシ」の「モテライナー」。1度は聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。
今回ご紹介するのはネイビーブラック。ダークカラーはアイシャドウだとちょっぴりきつくなってしまいがちだけど、アイライナーならそんな心配も少ないんです。

ネイビーも2018年秋メイクのマストカラー。まずはアイライナーで、目元にさりげなくアクセントを加えてみましょう。

ラブ・ライナー リキッド

本命!濃密ブラック。ファンデーションやアイシャドウの上からでもヨレずに描け、美発色が続き、ウォータープルー...

ぱきっとした印象の秋メイクを作るなら、ブラックのアイライナーも使えます。「msh(エムエスエイチ)」の「ラブ・ライナー リキッド」は、にじみにくいのにお湯で簡単にオフできるのがうれしいポイント。
ブラックのアイラインは目元がしっかり強調されるので、目を大きく見せたいときにおすすめです。

【2018年秋おすすめアイメイク:アイブロウ編】

デザイニングアイブロウ3D

ふんわり自然な眉と鼻すじの陰影で、立体的な目元を演出する濃中淡3色入りパウダーアイブロウ。ブラシつき。

2018年秋メイクのアイブロウなら、「KATE(ケイト)」の「デザイニングアイブロウ3D」がいち押し。自分の髪の明るさに合わせて、3つの色みを組み合わせて色を作れるんです。

また、付属のブラシは両端で大きさが異なるので、眉の太さを調節しながら描くことができますよ。

【2018年秋おすすめチーク:オレンジ編】

グロウフルールチークス

パウダーなのにクリームのような透明感&密着感パウダーなのに粉感ゼロ。クリーム級の透明感&密...

先程ご紹介した通り、チークはアイシャドウと馴染みのいいオレンジや赤を入れるのがおすすめ。「キャンメイク」の「グロウフルールチークス」なら、5色を好きなように組み合わせて、色みや濃さを調節することができます!

プチプラなのにかわいらしい、デザイン性の高さも魅力的。ポーチの中に入っているだけで、テンションが上がりそうな見た目ですよね。

リシェ リップ&チーク クリーム

リップとチークに!手軽に血色メイク無香料唇にほおに、クリーミィにとけこみ、内側から染まったような自然な血色...

「VISEE(ヴィセ)」のクリームチークは、頬だけでなくリップとしても使えます。
とくにショコラベージュ BE-10は、秋メイクにぴったりのベージュカラー。バーガンディーやネイビーなどのアイメイクとも相性は抜群で、1つ持っておいて損はありません。

スキニーリッチチーク

パウダータイプとクリームタイプの良さをあわせもった新感覚チーク クチコミで大人気の、エクセル「スキニーリッ...

「エクセル」の「スキニーリッチチーク」は、パウダーとクリームの良いところをぎゅっと詰め込んだアイテムです。
ふんわりとしたパウダーチークの付け心地と、クリームチークの発色。まさにその両方を叶えてくれるのが、こちらのチークの良いところなんです!

クリームチークはどうしても濃くなったり上手くいかなかったりするけれど、「スキニーリッチチーク」なら秋メイク初心者さんにもおすすめです。

【2018年秋おすすめチーク:レッド編】

ミックスカラーチーク

顔色を明るくするツヤグラデーションチーク。立体的な仕上がり。パウダーなのに乾燥しにくい、モイストパウダー処...

レッド系のアイテムをお探しなら、「CEZANNE(セザンヌ)」のプチプラチークはいかがでしょうか。
「ミックスカラーチーク」は、ほんのりパールが入ったカラーとマットなカラーが1つのパレットに。秋メイクに限らず4色を混ぜれば程よいツヤ感を楽しめるし、単色で使っても使いやすいカラーが詰まっています。

2018年秋メイク風にするなら、右の濃いカラーを混ぜて薄く頬に乗せるのが筆者のイチオシです♡

スフレ感チーク&リップ

「スガオ スフレ感チーク&リップ いきいきオレンジ」は自然な発色で、肌を華やかにするチーク&amp...

2018年秋メイクに使えるチークなら、「SUGAO(スガオ)」の「スフレ感チーク&リップ」もおすすめです。
クリームチークなのに付け心地は軽く、かつ仕上がりはさらさらに。クリームチークの重さが苦手…という方には、ぜひおすすめしたいコスメです。

中でもじんわりレッドというカラーは秋メイクにぴったり。程よくじゅわっとした血色感を与えてくれるカラーです。

【2018年秋おすすめリップ:口紅・ルージュ編】

バーム ステイン

・リップクリームと口紅が合体!ひと塗りで、鮮やかな発色とリップクリームのうるおいが実現。 いつでもスキなし...

「REVLON(レブロン)」でクレヨンリップとして知られている「バーム ステイン」。全8色とカラーバリエーションも豊富なので、自分にあったリップで秋メイクを楽しみたいですね。固めのクレヨン型は、唇の細かい部分にも使いやすくて◎。

中でもオススメしたいのが、055 アドアー。こっくりとしたボルドーレッドは、2018年秋メイクには欠かせません!

カラーハイビジョンルージュ

●ひと塗りでなめらかにのび、均一にフィット。●発色を引き立てるツヤ控えめな質感。●唇を乾燥から守る、保湿オ...

「ケイト」の「カラーハイビジョンルージュ」も、2018年秋メイクにおすすめのルージュ。
とくにRD-2はくっきりしたレッドカラーで、濃厚な色みが秋にぴったり。
ツヤ感重視というよりは少しマットな印象になるので、大人の落ち着いた雰囲気を出したいときにぜひ使ってみてください。

【2018年秋おすすめリップ:グロス編】

リップティントマット

【商品入荷次第、販売開始致します。】見たままの高発色で、唇を鮮やかに染めるティントタイプのマットリップカラ...

秋メイクのリップグロスとしてご紹介するのは、「キャンメイク」の「リップティントマット」。ティントタイプなので色落ちもあまり気にすることなく、秋メイクを楽しむことができます。

その中で2018年の秋におすすめしたいのは【02】レッドのカラー。マットな仕上がりも相まって、簡単にモード風の秋メイクが作れちゃいます。

ジェルグロスリップ

透明感のある発色で、みずみずしいツヤが続きます。うるおいキープ。(ホホバ種子油、オリーブ果実油、マカデミア...

「セザンヌ」の「ジェルグロスリップ」も、プチプラ秋コスメとしておすすめです。
こちらは唇にツヤ感と透明感を与えてくれるリップグロス。なので2018年の秋メイクとして使うなら、マットな口紅と合わせると上手にバランスをとることができますよ。

ジェルグロスリップで、ほんのりさりげないツヤ感を唇にプラスしてみませんか?

ディアダーリン ウォータージェルティント

軽い付け心地のウォーターベースのティントが唇にスッとなじんで、ひと塗りするだけで唇を鮮明に発色します。色気...

最後に秋メイクにぴったりなリップを、もう1つご紹介。「ETUDE HOUSE(エチュードハウス)」の「ディアダーリン ウォータージェルティント」なら発色も良く、ティントなので色持ちも◎。

とくにRD304(ザクロ)のカラーはラメ入りで、華やかな印象に仕上がります!どうしてもちょっぴり暗い印象になりがちな秋メイクには、唇でこっそりゴージャス感をプラスしてみてくださいね。

一重さん&奥二重さんに!2018年秋メイクのポイントは?

【2018年一重さん向け秋メイク】

どうしても瞼が被って、目が小さく見えてしまう…というお悩みを持っている一重さんは多いのではないでしょうか?
そんな一重さんは、アイシャドウを上手に使って秋メイクを作ると◎。

1. 薄めのアイシャドウをアイホール全体に塗る
2. その上に少し濃いめの色みを、二重幅を作るイメージでのせていく
3. 最後にアイラインを引くように、ボルドーやブラウンなどの締め色をキワにのせる

もし、もう少し目を強調させたいのであれば、黒か濃いめのブラウンのアイライナーでラインを引くのもおすすめです。

【2018年奥二重さん向け秋メイク】

カワノチヒロ (VEGA,所属)

奥二重さんは二重の幅が狭いので、線を消さないようにすることが重要。濃いめのアイシャドウは、目のキワに細くのせることを心掛けましょう。

また、奥二重さんの場合は、アイラインは目尻だけに引くのがおすすめ。2018年の秋メイクならバーガンディーやネイビー、カーキなど、カラーライナーを使ってアクセントをつけるのもいいですね♡

パーソナルカラー別に見る2018年秋のおすすめメイクカラー

【パーソナルカラー:ブルべさん向け秋メイク】

Nagata Takashi (キットヘアー[K.it hair]所属)

ブルべさん向けの秋メイクなら、ネイビーや深いグリーンがおすすめ。その他にはボルドーや深いグレーなども、ブルべさんにぴったりのカラーです。

2018年も引き続き、深みのあるカラーが注目の予感。ブルべさんの強みを活かして、ぱきっとした色みを上手く使った秋メイクに挑戦してみましょう。

【パーソナルカラー:イエベさん向け秋メイク】

イエベさん向けの秋メイクなら、ブラウンやオレンジがぴったり。テラコッタやカーキまで、秋らしいこっくりとした色みがイエベさんにはよく合います。

落ち着きがあり、やさしい色みが似合うイエベさん。ブラウンカラーが主流の2018年は、秋メイクの幅もぐんと広がりそうですね♡

秋メイクのやり方をもっと知りたい人はこちらから

Harada Tomohiko (AIR BERRY[エアーベリー]所属)

上でご紹介したもの以外にも、秋メイクのやり方は無限大!カラーを工夫したり、塗り方を工夫したり、色んな楽しみ方をすることができます。
2018年はぜひ、自分にあった秋メイクを楽しんでみませんか?

2018年はトレンドばっちりな秋メイクで旬ガールに…♡

今回はトレンドを先取りして、2018年のプチプラ秋コスメとメイクを紹介しました。

秋メイクは色みが個性的で似合うか不安。何から始めたらいいかわからない。

そんな方も、プチプラコスメなら気軽にチャレンジできますよ。
ぜひ今年は秋メイクに挑戦して、旬なおしゃれ顔を手に入れましょう!

※本サイト上で表示されるコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。

メイク・コスメの記事ランキング昨日人気のあったメイク・コスメに関する記事

  1. 1常に1番かわいい自分でいたい♡メイク直しのコツ・ポイント教えますtamu
  2. 2夏もパンダ目知らずの【ジェルライナー】落ちにくいライナーご紹介♡imyu18
  3. 3思わずドキッとさせる♡デートメイクでマスターすべき5つの法則♡Cmegu
  4. 4こんな使い方があった!?ニベアクリームが優秀すぎるんです♡ARINE編集部
  5. 5サラッとひと描き♡簡単に描けるジェルアイライナー9選kaho
  6. 6話題沸騰中!プチプラからデパコスまでおすすめリップコート8選♡hina17
  7. 7迷ったらこれ♡実力派プチプラアイシャドウ10選!yuzuki
  8. 8ダイソーの大ヒットアイテム《シリコーンマスク》でお肌にうるおいをARINE編集部
  9. 9二重さんのあなた。上手なアイシャドウの塗り方できてますか♡popo
  10. 10【注目のおすすめアイテム】透明マスカラの魅力とは…?♡saaki

おすすめの記事いまARINEで話題の記事

  • 美容院選びってどうしてる?モデル4人がサロン選びの本音トーク♡PR|ARINE公式
  • 目元から始める恋支度♡目力アップの秘訣は夜の仕込みにありましたPR|ARINE公式
  • サロンよりも断然お得!?超簡単なセルフジェルネイルが気になる♡PR|ARINE公式
  • 気まぐれ頭皮をごきげんに♡夏こそ実践したい正しい頭皮ケアPR|ARINE公式