2020年最新ウルフカットדロング”特集!セット・アレンジまで

ウルフカットは、メンズライクなかっこいい髪型という印象が強く、自分には似合わないと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?しかしそれは誤解!どんどん進化する最新ウルフカットは、クールな印象にもかわいい印象にもなれます。そして今回は、特にイメージがわきづらい“ロングヘア”にフォーカスし、ウルフカットについて徹底解説していきたいと思います。
目次

ホントのところが知りたい。ウルフカットとロングの相性とは?

そもそもウルフカットとは、その名の通りオオカミのように毛先部分が軽くなるようにしっかりレイヤーを入れる特徴的で、クールな印象のヘアスタイル。トップやサイドに短くレイヤーを入れ、うなじにかけてえり足を長く残したAラインのスタイルになります。

そんなウルフカットはロングヘアと掛け合わせると、独特なフォルムと種類豊富なカットで長い髪のトップから毛先までフル活用できるのでとてもおすすめです。

ウルフカット×ロングの魅力は、デザインやアレンジ次第でいろいろな魅せ方ができること。レイヤーの入れ方やカラー、前髪などで遊べるのは髪が長いロングヘアの特権では?

さらに小顔に見せることもできたり、他のレングスよりも“かわいらしさ”と“大人っぽさ”を兼ね備えたウルフカットを楽しめることも魅力的ですね。

ウルフカット×ロングを“モノ”にする4つのコツ

1. ストレートorパーマを選択は“どう見せたいか”で決める

HAIR

ロングのウルフカットにすると決めたら、ストレートorパーマの選択をしましょう。この2つのスタイルは、完成後の印象が全く異なるので慎重に選ぶことが大切です。透明感のあるかっこいい雰囲気が理想であればストレートを、女性らしいやわらかな印象が理想であればパーマをチョイス。

どちらの雰囲気も楽しみたいという方は、ストレートを選んで時々毛先を巻いてあげると◎。

2. セットはウェッティに仕上げる

HAIR

ロングヘアのウルフカットにさらにトレンド感を加えるなら、セットはウェッティに仕上げるのがマスト。いわゆる“濡れ髪”に仕上げることのできるヘアオイルやヘアクリームを使いラフに髪に馴染ませるだけできちんとセットしているようにみえます。

3. マンネリ化は、前髪でカバー

HAIR

ロングヘアで時々訪れる“マンネリ期”。バサッとカットしてしまいたい衝動に駆られることが何度かあるかと思います。ウルフカットにした後、マンネリしてしまったらいったん前髪カットをしてみましょう。前髪ありでは大人可愛く、前髪なしではクールでかっこいい雰囲気、と印象に大きな変化があるため、マンネリ期のモヤモヤを和らげることができますよ。

4. ヘアアレンジで、なりたい雰囲気を自在に操る

kawamura_takashi_cam (TAXI所属)

ロングヘアのウルフカットを長く楽しむためには、ヘアアレンジが欠かせません。ロングヘアの長い髪とウルフカットのレイヤーを生かし、後れ毛をポイントに様々なヘアアレンジに挑戦してみてください。おすすめのアレンジはこのあと紹介するのでぜひチェックしてくださいね。

2020年注目のロングヘア!ウルフカット×ロングカタログ

ここからは、ロングヘアをさらに楽しめること間違いなしのウルフカットを、様々なジャンルに分けて紹介します。

まずはトレンドの進化系ロングウルフをみていきましょう。そのあとはスタイル別前髪別カラー別の順に紹介していくので、気になるカタログをチェックしてみてくださいね。

【最新トレンド編】ウルフカット×ロングカタログ

重ため前髪とレトロ感が特徴の“マッシュウルフ”

HAIR

マッシュウルフとは、マッシュを基調としたウルフカットヘアのことを言います。
丸みを帯びたシルエットでレトロな雰囲気があり、毛先をあまり軽くしすぎないことがポイントです。ボブヘアの方に人気のヘアスタイルとして有名ですが、ロングヘアと合わせてもモードかつおしゃれな印象を与えてくれます。

デザインカラーで遊ぶロングならではのウルフ

HAIR

ネオウルフとは、従来のAラインベースのシルエットをひし形寄りにしたウルフカットのことです。
外にハネさせていた毛先もランダムになったり、丸みを帯びてふんわり感を出したりとスタイルは多様化。なかでもロングヘアはこの画像のようにカラーやアレンジで遊びやすいのでおすすめです。

クールでマニッシュなウルフカットは男性に人気の髪型の1つでしたが、よりフェミニンでやわらかい印象のネオウルフによって女性が挑戦しやすくなりました。

ストレートorパーマ】ウルフカット×ロングカタログ

ストレートなら、アレンジしやすいクール寄りのヘアに

HAIR

ストレートのロングヘアは憧れのヘアスタイルのひとつ。サラサラの髪が風になびく場面はいつでもときめきます。
ロングヘアはシンプルなストレートも人気ですが、ウルフカットにすることでさらにミステリアスな雰囲気に!

ぱっつん前髪は、ハッと視線を惹きつける魅力があっておすすめです。

HAIR

ストレートスタイルのウルフカットは、ロングヘアであれば毛先を軽くカールしてあげるだけでやわらかい雰囲気が増します。毛先カールも極ナチュラルに仕上げたい方は毛束を多めにとり、太めのコテを使って巻きましょう。

パーマは、ナチュラルなゆるふわ感を演出

HAIR

ロングのウルフカットにパーマをプラスすると、毛先の動きが強調され、やわらかさのあるアンニュイな雰囲気になります。スカートやワンピースなど女性らしいファッションが好きな方におすすめです。

HAIR

また、ロングヘアのウルフカットにパーマをかけるなら毛先だけにとどめるか、ゆるいパーマにするのがベター!全体に強くかけてしまうと、ウルフカットの軽さよりパーマのボリューム感が勝ってしまうことがあるので気をつけましょう。

くせ毛を生かして、小動物のようなかわいさを

HAIR

ロングヘアの女性にウルフカットがおすすめなのは、くせ毛を生かしやすいという理由もあります。くせ毛の動きをそのまま活用してウルフカットにすれば、本来の自分の髪型がトレンド感たっぷりに。パーマをかけないことで、よりナチュラルな仕上がりになりますよ。

【前髪ありorなし】ウルフカット×ロングカタログ ・“シースルー前髪”で、大人っぽさとトレンド感を

ボーイッシュな印象が強いウルフカットは、前髪なしだとよりハンサムな雰囲気に近づきます。一方、前髪を作ると雰囲気はガラッと変わります。前髪ありのスタイルがいい方は、ウルフカットと同じく前髪も軽く仕上げると統一感がでるのでおすすめですよ!

ウルフカット×ロング【前髪あり】

“シースルー前髪”で、大人っぽさとトレンド感を

HAIR

話題のシースルーバングとウルフカットの組みあわせです。かっこよさもあり、こなれた雰囲気もあり、ほんのりセクシー。美味しいところだらけのロングヘアですよね。ロングヘアで重めの前髪は苦手という方は、シースルーにしてみて。

“眉上前髪”で、無邪気さを好演

HAIR

流行りのウルフカットで個性的な一面をみせるなら、眉上でカットした前髪で周りと差別化するのもおすすめです。上の画像のように前髪を含めた全体の髪にパーマをかけてあげると、海外の映画に出てきそうなオーラを感じるウルフカットに。

ウルフカット×ロング【前髪なし】

“かきあげ前髪”で、艶っぽさを

HAIR

ロングのウルフカットでこなれた雰囲気を演出し、かきあげ前髪でセクシーさをプラスしたヘアスタイル。
色気を出したいロングさんは、かきあげ前髪とウルフカットの組み合わせを試してみてくださいね。

“センターパート”で、どんな雰囲気も私のもの

HAIR

前髪を中央で分け、おでこを全面的にみせるセンターパートは、クールながら、どこかあどけない雰囲気が印象的。眉毛で印象はかなり変わるので、ロングヘアのウルフカットと組み合わせるときには、みせたい雰囲気に合わせて眉毛の形を整えてあげましょう。

【カラー編】ウルフカット×ロングカタログ

ウルフカットはトップとアンダーのスタイルに違いがあるので、上下で色を変えてみたり毛先だけポイントカラーをしてみたりするだけで、がらりと雰囲気チェンジできます。

またハイライトカラーはウルフカットのレイヤーを生かし、髪の動きを際立たせてくれるのでパーマスタイルにおすすめ。

暗めなら“グレージュカラー”で、遊び心を

HAIR

ロングヘアのウルフカットに暗めカラーを合わせると、幼く見られがちな方でも大人のエレガンスが加わって男ゴコロをくすぐるギャップを生みます。暗めカラーでおすすめなのは、季節や世代問わず人気のグレージュカラー。ハイライトやグラデーションを合わせてアクセントをつけても◎。

明るめなら“ミルクティカラー”で、アカ抜けを狙え

HAIR

ロングヘアのウルフカットに明るめカラーを合わせたいという方は、今人気のミルクティカラーはいかがですか?さらにおすすめなのはミルクティカラーとパーマの組み合わせ。このタッグが生み出すやわらかい雰囲気は、好感度アップ間違いなしです。

“グラデーションカラー”で、軽い印象のロングヘアに

HAIR

こちらは明るめのカラーでグラデーションにしたロングウルフ。重く見られがちのロングヘアも、カラー×レイヤーでより軽い印象に仕上がっています。
大人っぽさを見せながらも、遊び心のある若々しさを感じられるロングヘアスタイルです!

“インナーカラー”で、ウルフカットを生かして

HAIR

ウルフカットはレイヤーが入っているのが特徴なので、インナーカラーやハイライト、グラデーションカラーが分かりやすいというメリットがあります。
髪全体にカラーするのもおしゃれですが、上の画像のようにウルフカットを生かしたインナーカラーもかわいいですよね!ウルフカットであればロングヘアでも、分かりにくい内側の色がひと目で見えます

ウルフカット×ロングの気になる“セット方法”を紹介

注目を集めているウルフカット。でも自分で上手くセットできるのか不安な方もいるのでは?

意外とアレンジの幅が広いウルフカット 。内巻きもよし、外側だけ外巻きにしてもよし、ストレートももちろんよし。ファッションや気分に合わせて、あなたにぴったりのスタイルを見つけやすいのがウルフカット。
これから、ロングヘアのウルフカットにおすすめのセットを少しご紹介します。

“ミックス巻き”で華やかに

HAIR

こちらは、顔まわりを内巻きに、毛先を外巻きにしてボリュームを出したセット方法です。レイヤーが多めのウルフカットにおすすめです。華やかに仕上がるので、結婚式などドレスアップする日にもってこいのロングヘアセットです。

“外ハネ“セットでお茶目さをアピール

HAIR

ウルフカットの醍醐味ともいえるのが、外ハネアレンジ。ストレートヘアやパーマがかかった髪型だとなかなかトライしにくい外ハネも、ウルフカットにしていればお手のもの。ぴょんとはねる毛先がなんともチャーミングですよね。そのうえ甘すぎず、大人のかわいく仕上がるのが外ハネ×ロングウルフの人気の秘密です。

“濡れ感”セットでトレンドをおさえて

HAIR

ウルフカット×ロングと相性がいいのが、流行の濡れ感ヘア
レイヤーで軽やかになっている分、ワックスやオイルでツヤを出すとツヤやかでヘルシーに仕上がります。ドライヤーでざっと乾かして無造作感を残してもいいですし、写真のように外巻きにしてほんのりガーリーに仕上げるのもおすすめですよ。

ウルフカット×ロングの“簡単セルフアレンジ” ・アイテムはARINEから追加してみて!

”低めポニーテール”はゆる巻きで上品さを

HAIR

ヘアアレンジのレパートリーに欠かせないポニーテール。ロングのウルフカットさんがポニーテールをする時は、結ぶ前に髪を強めに巻いておくのがポイントです!

〈結び方〉
1. 髪をコテなどで強めに巻いて下準備をする。ミックス巻きがおすすめ。
2. 手ぐしでざっと髪をまとめ、低めの位置でひとつに結ぶ。
3. 顔まわりとトップの髪を、ポニーテールが崩れないよう気をつけながら引きだして完成。

ハーフアップはレイヤーを生かしてシンプルに

HAIR

軽やかなレイヤーは下ろしたままでも自然とこなれた雰囲気に。ロングウルフの特徴を生かしたシンプルなハーフアップがおすすめ。事前にゆる巻きにするのも◎。

〈結び方〉
1. 手ぐしでざっくりとハーフアップにする。
2. 結び目をくるりんぱ、髪で隠す、アクセをつけるなどひと手間加えるとかわいさアップ!
3. 最後にトップを少し引きだして整えたら、完成です。

ロングウルフのセット&アレンジにおすすめのアイテム

パーマのセットには「ロレッタ」の「パウダームウ」

ロレッタ パウダームゥ 180g

ロレッタ パウダームゥ 180g

ロングヘアのウルフカットにウェーブをつけたい方は、パーマも巻き髪もこちらのスタイリング剤がおすすめです。やわらかい印象のゆるいウェーブもくしゃっと髪に馴染ませるだけでカールが綺麗に仕上がります。同時に濡れ感も出せるのもポイントです。

アレンジには、「ナプラ」の「ポリッシュオイル」

ナプラ N. ポリッシュオイル 150ml

ナプラ N. ポリッシュオイル 150ml

どのレングスにも人気のこちらのヘアオイルは、ロングヘアのウルフカットのレイヤーを目立たせながら立体感と濡れ感を与えてくれます。

ウルフカットで、自分史上1のロングヘアに

HAIR

ウルフカットはロングヘアの方でも楽しめることが伝わりましたでしょうか?マニッシュなウルフカットは逆に女性らしさを引き立たせてくれることもあるので、よりかわいく上品さも兼ね備えた女性になれるおすすめのヘアスタイルです。あなたもウルフカットでモテヘアにチェンジしてみませんか?

※ご紹介した画像はすべて美容師さんによるヘアアレンジです。こちらの画像を参考にしながらセルフヘアアレンジに挑戦してみてください。
※画像は全てイメージです。

ヘアスタイルの記事ランキング昨日人気のあったヘアスタイルに関する記事

  1. 1《顔の形別》似合う髪型の見つけ方徹底解説!顔型診断でまるわかりmo_mo
  2. 2【可愛いショートヘアまとめ】男ウケ抜群×好印象が叶う髪型を大特集kakoichan
  3. 3女性に人気なシャンプーを大特集!髪の毛から女子力をあげましょう♡UTA
  4. 4くるりんぱができないに終止符を!ヘアアレンジのコツ&簡単テク特集saki
  5. 5セルフヘアカラーで簡単雰囲気イメチェン!毛先だけ染める方法とはsawako
  6. 6注目の【コスメパーマ】とは?コスメパーマでスタイリング上手に。rimi
  7. 7色黒さんの魅力をグッと引き出す【厳選15選】おすすめ髪色カタログkanako
  8. 8カラーシャンプー|おすすめ人気ランキング20選!正しい使い方は?Karen
  9. 9ヘアカラーは"ネイビーブルー"暗髪色+透明感がこっくりかわいいami
  10. 10【バレないインナーカラー特集】色選びと入れ方、隠すアレンジ方法もsssor

おすすめの記事いまARINEで話題の記事

  • 【ブルベ夏】おすすめアイシャドウ20選!プチプラ~デパコスまでpaty
  • 1日ゆっくり自分を磨く!3つのオススメおこもり美容PR|ARINE公式
  • 肌あれを防いでハリ・ツヤ肌!今使いたいイオナのスキンケアPR|ARINE公式
  • 【イエベ春・秋】あなたに似合うメイク・髪色・ファッションは?ARINE カタログ
  • 【ブルベ夏・冬】あなたに似合うメイク・髪色・ファッションは?ARINE カタログ