《まゆ毛は印象を変える》なりたい自分を叶える”基本眉メイク講座”

眉は、顔の第一印象を左右するともいわれる大事なパーツ。眉1つでも仕上がりがうまくいかないと、メイクもキマりにくいですよね…。 そうならないためにも、自分に合う眉、なりたい印象に合う眉でアカぬけた美人顔を目指したいですよね♡ 顔の印象を決めるのはまゆ毛。会う人や服の系統に合わせてまゆ毛の描き方を変えて、狙い通りのイメージを持ってもらいましょう!

”眉”は顔の印象を左右する?

顔の印象を決めるとも言われるまゆ毛。ですが、メイクの中でもまゆ毛は難しいパーツですよね。
メイクでは、流行りのコスメを使用しているのに、なぜか今っぽくならないのは眉が原因かも。眉を変えるだけで顔の印象はがらりと変わります。そこで今回は、あなたのなりたいイメージにおすすめの眉の形や顔の形に合うまゆ毛、そろえたい眉アイテムも紹介していきます。ぜひ参考にしてください♡

《眉の形×印象》描くポイントもあわせて紹介します♡

ナチュラルでやさしい印象におすすめなのが《ナチュラル眉》。

ARINE編集部

ナチュラルなまゆ毛はナチュラルでやさしい印象に。また、ナチュラル眉は、他のメイクに目がいきやすくなるので他のパーツを濃く仕上げたときにもおすすめです。

まゆ毛の形はナチュラルにゆるいアーチ眉に仕上げましょう。そのときのポイントは、細すぎず、やや太めな仕上がりに。アイブロウパウダーで、まゆ毛の輪郭がはっきりし過ぎないように注意してください♪

《太眉》は大人っぽく色っぽさを印象にプラスしてくれる。

ARINE編集部

大人っぽくもあり、色っぽい印象でおしゃれに見える太眉。まゆ毛に角がないのでまろやかな雰囲気にも見えます。

太眉は失敗すると顔が濃い印象に…。太眉を描くときは、並行なライン、縦幅が太くなり過ぎないようになどのポイントに注意しながらラインを描いて、しっかり眉の形を決めます。次にその中を眉パウダーで埋めていきます。太眉のポイントはラインを描くことですよ♡

凛とした女性らしい印象は《アーチ眉》で作ってみて。

ARINE編集部

アーチ眉は凛とした女性らしさのある印象に。トレンド眉でもあり、クールな印象にも見せてくれる眉です♪

アーチ眉を描くときのポイントは、ペンシルタイプのアイブロウを使って、眉の輪郭をしっかりと囲むこと。眉上、眉下を両方ともアーチにすると、アーチ眉に仕上がります♡
アーチ眉は、太さ、色によっても印象が変わってくるので自分好みの眉に仕上げてみてください。

《困り眉》は守ってあげたくなる印象に。

ARINE編集部

ふんわりした印象の困り眉は、かわいらしく、守ってあげたくなるような儚い印象に見せてくれます。

困り眉を描くときは、目頭がポイント。目頭の部分は眉の上をパウダーでふんわりと、そこから自然に落ちるようなシルエットになるように意識して眉を描いてみてください♡

愛され顔の印象に。オルチャンメイクにも《平行眉》がおすすめ。

ARINE編集部

愛され顔の印象に仕上げてくれる平行眉。オルチャンメイクが好きなあなたにもおすすめです。

平行眉を描くときのポイントは、キレイな平行線を描くために、眉山と眉尻付近を押さえて描くこと。仕上げにアイブロウブラシでぼかすと、ふんわりナチュラル眉に仕上がります♡

《顔の形別》おすすめ眉も紹介します♡

丸顔さんにおすすめなのが《アーチ眉》

丸顔さんのあなたは、アーチ眉にすることで、フェイスラインと合いバランスが良く見えます。
眉を曲線で描いてアーチ眉に仕上げましょう。短めなら、上品な印象、長めなら華やかな印象に。アーチ眉を描くときは、「上下のアウトラインを曲線的に」がポイント。

面長さんにおすすめなのが《直線眉》

大人っぽい印象を持つ面長さんのあなたは、直線眉との相性が◎。直線眉にすると、顔が横への広がった印象になるので縦の長さが緩和されるんです。
バランスよく仕上げるポイントは、眉尻を「口角と目尻の延長線上」になるように仕上げること。女性らしい印象に仕上げるときは眉山をまるく描いてみてください♡

ベース顔さんにおすすめなのが《たれ眉》

ベース顔さんのあなたは、困り眉がおすすめ。ベース顔さんは、眉に角をつけると、骨格が強調した印象に見えてしまうこともあるので注意しましょう…。
だから、長めに眉山をふんわり描くことが大切。ポイントは、眉頭のラインを、「自眉よりも少し上」から描き始めるようにすると眉がキレイに描けますよ♡

なりたい印象に近づくために…。眉をキレイに仕上げたい♡

なりたい印象を叶えるために♡眉の整え方から覚えて!

Synthetic アイブローブラシ

なりたい印象に近づくためにもまずは基本的なまゆ毛のベースを整えることが重要。これから簡単にまゆ毛の整え方手順を紹介します。

手順1. コームを使って毛の流れを整える。
眉をキレイに仕上げるために、まゆ毛をカットする前、コームやスクリューブラシ(アイブロウブラシ)で毛流れを整えていきます。

クシ付きマユハサミ

手順2. まゆ毛をカットする。
コームを合わせ、長いまゆ毛を毛流れにカットします。
※まゆ毛の毛量が多い場合、これを行うとまゆ毛のバランスがとりやすくなります。

アイブロウトゥイザーズN

眉の形を美しく整えたり、ムダ毛の除去に便利な毛抜きです。鍛造加工で丈夫&職人がひとつひとつ丹精込め...

手順3. 余分な毛を抜いていく。

眉下など、余分な毛を抜いていきます。眉下の毛は残っていると目立ちやすいのできちんと処理をしましょう。
抜きづらい場合、無理をすると肌が荒れてしまうこともあるので、眉用のシェーバーを使って処理をするのがおすすめ。

不器用さんにもおすすめ♡《まゆ毛の作り方》

ここからスタート!”基本的な眉”の描き方HOWTO

ヴィッカ 南青山店[vicca]

基本的なナチュラル眉に仕上げるのには濃淡が大切。

1. アイブロウブラシで眉の毛流れを整える。
2. 理想の形をイメージしながら、ペンシルで上下の輪郭を引く。
3. 眉頭の部分は残し、眉尻から3分の2の範囲をペンシルで1本1本毛をなぞるイメージで描く。
4. 眉頭はパウダーで仕上げて完成。

眉頭…1番薄い
眉山…濃い
眉尻…薄い
となるように意識して、ペンシル、アイブロウパウダー、ブラシを使い分けてみてください。

慣れてきたら挑戦して♡”美眉”の描き方HOWTO

1. 1本1本丁寧にリキッドアイブロウを使って、黒目上のまゆ毛の足りない部分と眉尻に足りない部分に少しずつまゆ毛を描き足す。
※ペンシルタイプより、リキッドタイプのほうが細かくまゆ毛が描け、透け感があり軽い印象に仕上がるので◎。

2. 眉マスカラを用意して、一度ティッシュオフで余分なマスカラ液を取る。

3. 眉の毛流れに逆らい、眉山から眉頭にブラシを滑らしてまゆ毛の裏側をきちんと染める。

4. まゆ毛の毛流れを整えることを意識して、眉頭から眉尻にブラシを動かしていく。
※このとき、ブラシを少しずつ動かすことが大切。

5. ブラシを縦に、眉頭の毛を下から上に立たせて完成。
※こうすることでふわっとした立体感とヌケ感を演出できます。

《おすすめ眉アイテム》をGETしてなりたい印象作りに挑戦♡

1本で様々な印象の眉が楽しめる《コーム型ペン》

ブロー スウォード シールブラウン(アイブローペンシル)

こちらは、「shu uemura(シュウ ウエムラ)」の「ブロー スウォード (アイブローペンシル)」シール ブラウン。

とかして美しい輝きをオンするだけで、華やかなふんわりまゆ毛が完成できるこちらののアイブロウ。とかすことで毛並みを整えながら眉をつやつやにカラーリングしてくれるブラシ付き。1本で自然なふんわりまゆ毛を作ることができます♡

《リキッドペンアイブロウ》でツヤ発色と極細ラインで眉もキレイに。

エレガンス アイブロウ リクイッド

こちらは、「ELEGANCE(エレガンス)」の「アイブロウ リクイッド」BR25 。

薄色が多く、主張しすぎず美しい眉尻が描ける、リキッドタイプのアイブロウです。極細のラインで、まゆ毛1本1本をリアルに描け、ほんのりツヤっぽくナチュラルな仕上がりを実現してくれます♡眉尻がキレイに描けると、眉の仕上がりもキレイに見せてくれるので、1本持っていると活躍してくれますよ!

ふんわり眉の印象に仕上げてくれる《チップ オンアイブロウ》

エテュセ チップオン アイブロー ナチュラルブラウン

こちらは、「Ettusais(エテュセ )」の「チップ オン アイブロー」ナチュラルブラウン。

パレット系よりもより軽く、細かなパウダーが主流のチップ オンタイプのアイブロウです。ペンシルの描きやすさとパウダーのナチュラル感が1本で叶うアイテムです。濃すぎずナチュラルに仕上げてくれるパウダーチップだから、やさしい印象のふんわりまゆ毛を楽しめます。

立体的な眉に仕上げたいあなたは《多色パウダー》で印象深く。

LUNASOL(ルナソル) スタイリングアイゾーンコンパクト

こちらは、「LUNASOL(ルナソル)」の「スタイリングアイゾーンコンパクト」01 Natural Brown 。

アイブロウアイゾーンの立体感を演出してくれる5色パウダー。混ぜて使ったり、単色で使ったりすることで、ナチュラルに濃淡づけが可能に。
髪の色や仕上がりイメージに合わせて、自在に色の調整ができます。ノーズと眉下に影色を、眉尻を濃い色で描き足すことで立体的なアイゾーンを演出。眉が立体的だと小顔に見せてくれますよ♪

《マット系マスカラ》で上品な色っぽ眉の印象に近づいて。

インテグレート ニュアンス アイブロー マスカラ

こちらは、「INTEGRATE(インテグレート)」の「ニュアンスアイブローマスカラ」 BR671 。

眉マスカラの今季注目カラーはマット系。寝てしまう毛を持ち上げながら毛並みも整え、マットカラーが上品でやわらかな印象のまゆ毛を作り出します。塗るときは、ダマにならないように注意してください♡

プチプラコスメでも”ふんわりかわいいまゆ毛”を作れます♡

眉グラデーションができちゃうおすすめ《アイブロウパレット》

ケイト アイブロウ デザイニングアイブロウ3D EX-5 ブラウン系

こちらは、「KATE(ケイト)」の「デザイニングアイブロウ3D」 EX-5。

「KATE(ケイト)」のロングセラーアイブロウパレット。プチプラとは思えないグラデーションのつけやすさが魅力なアイブロウです。ファッションや髪色に合わせて色を調節できるのもポイント。こなれたふんわりまゆ毛に仕上げてみてはいかがでしょうか♡

持ち歩きに便利♡《アイブロウペンシル》

ニューボーン ダブルブロウEX N B2 グレイッシュブラウン

こちらは、「New Born(ニューボーン)」の「W ブロウ EX N」B2 グレイッシュブラウン 。

お直し用で持ち歩きにおすすめのアイブロウ。部分的な修正がしやすいペンシルタイプです。パウダー、ブラシ、ペンシルの3機能が1本になっていて、持ち歩きにもぴったりでおすすめ。ポーチの中でかさばらないのが嬉しいですね。

汗や油脂をティッシュオフしてから描くとキレイに眉を描き直せますよ!

ふんわりまゆ毛もテクいらず♡《アイブロウチップ》

メイべリン ファッションブロウ パウダーチップ

こちらは、「MAYBELLINE NEW YORK(メイべリン ニューヨーク)」の「ファッションブロウ パウダーチップ」自然な茶色。

ナチュラルな仕上がりで簡単にふんわりまゆ毛が完成するのが魅力的なアイブロウチップ。ぼかす作業や、色を地肌に近づけるのも簡単に。
眉の隙間を埋めるパウダー、まゆ毛そのものを色づける眉マスカラ、自然な眉尻に仕上げるペンシル、といった3つの役割を1本で果たしてくれます。

今っぽ眉に欠かせない!《アイブロウマスカラ》

ヘビーローテーションカラーリングアイブロウN03/アッシュブラウン

こちらは、「Heavy Rotation(ヘビーローテーション)」の「カラーリングアイブロウ」03 アッシュブラウン 。

カラーバリエーションの豊富さが魅力のヘビーローテーションの眉マスカラは、プチプラとは思えない仕上がりを楽しめます。
リピーターも多い人気アイテムで、ひと塗りで高発色、ナチュラルなふんわりまゆ毛が完成します。アイブロウマスカラは立体感やふんわりまゆ毛を作るには欠かせないアイテム。

眉をキメてあなたのなりたい印象に変身せよ♡

いかがでしたか?今回は顔の印象を左右すると言われている「眉」について取り上げてきました♡顔の中でも重要なパーツでもあるまゆ毛。
ふんわりまゆ毛は少しの工夫で簡単に作れます。なりたいイメージに合わせたアカぬけフェイスを目指しましょう!ぜひ参考にしてください♡

※写真は全てイメージです。
※本サイト上で表示されるコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。
※記載しているカラーバリエーションは2018年12月現在のものです。
※一般的な使用方法をご紹介しています。製品の効能・使用法は、各社製品によって異なる場合もございます。各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。
※一部の商品はブランドより商品提供を受けております。

気になったコスメを探す

メイク・コスメの記事ランキング昨日人気のあったメイク・コスメに関する記事

  1. 1【全色レビュー】イプサのアイシャドウで魅力的な目元を手に入れて♡ARINE編集部
  2. 2選ばれるのは理由があった♡人気のRMKのチークを一気にご紹介!ARINE編集部
  3. 3SUGAOのフェイスパウダー使った?透明感はSUGAOで作ろう♡ARINE編集部
  4. 4【プチプラコスメ】の進化が止まらない!メイクがもっと楽しくなる♡sayokop345
  5. 5【トレンド】とびきりのツヤ感♡おすすめクリームハイライト6選hina17
  6. 6まるでインテリア♡コスメの形別の"見せる収納術"をそのまま伝授ailubee
  7. 7メイク上手な人は『メイクブラシ』を愛用中♡人気メイクブラシ紹介nonpi
  8. 8コスメの収納ボックス特集♡整頓されたメイクと、その片付けを解説!nrm_95
  9. 9アイシャドウもリップも!【MiMC】の人気コスメを一挙紹介♡ARINE編集部
  10. 10下地の塗り方講座♡指?スポンジ?ベースメイク初心者さんも必見!しおり