汚いヘアブラシは美髪の敵!タイプ別ヘアブラシのお掃除法をご紹介♡

ヘアブラシの掃除、怠っていない?ヘアブラシに抜け毛や埃が付いたままブラッシングをすると、ヘアケアのつもりが逆効果になってしまうことも…。今回は日ごろから使うヘアブラシを清潔に保つためのお掃除方法をご紹介します♪とっても簡単にできるのでぜひ試してみて下さい!

ヘアブラシの掃除、怠ってない?

みなさん、ヘアブラシの掃除はきちんと行っていますか?ヘアブラシを見てみたら、髪や埃が詰まっていてギョッとした経験はありませんか?
ヘアケアのつもりでブラッシングを行っていても、ヘアブラシが汚いままだと逆に髪に汚れがついてしまったり、髪を傷めてしまう可能性があるのです!
今回はそんなヘアブラシをきれいに保つためのお掃除方法をご紹介します!

ヘアブラシにもいろいろな種類がありますよね!ヘアブラシの種類・素材によってお掃除方法が異なるので、ご自身がどのタイプのブラシをお持ちなのか確認して、タイプに合ったお掃除を試してみて下さいね♪
清潔なヘアブラシで美髪を目指そう♡

タイプ別!簡単ヘアブラシのお掃除方法♪

プラスチック製ヘアブラシのお掃除法

一般的なこのプラスチックのヘアブラシ。ブラシ自体も傷みにくく、お掃除方法も簡単です。このタイプのヘアブラシにおすすめなのは【水洗い】です。
まず水洗いを行う前に、軽く手でとれる髪や埃は除いておきましょう。

1. 洗面器にぬるま湯とシャンプ—を入れます。シャンプ—は4~5プッシュ位で良いでしょう♪
2. 洗いたいヘアブラシで洗面器の中をかき混ぜましょう。泡立ってきます!
3. その中にヘアブラシを入れて、一晩放置します。
4. 一晩立ったら取り出します。汚れがふやけて浮き出ているので、改めて軽くヘアブラシを水で洗いましょう。
5. しっかりとタオルで拭きます。そのあとは風通しの良いところで、自然乾燥させておきましょう。

ヘアブラシを一晩浸けおきする際に、シャンプ—を重曹に置き換えてもGOOD !大さじ3杯くらいを洗面器の中に入れましょう。やり方は上記と同様です。
汚れがひどい場合には、シャンプ—や洗濯洗剤と組み合わせて使うのも良いでしょう♪

木製ヘアブラシのお掃除法

木製ヘアブラシのお掃除には注意が必要!木の種類によっては水にあまり強くなかったり、カビが生えたりすることもあります!
水洗いしてもよいヘアブラシかどうかきちんと確認してからお掃除をしましょう。そして、頻繁に木製のヘアブラシを水洗いするのは避けた方が良いでしょう。

ここで登場するのが歯ブラシ!
1. 柔らかめの歯ブラシで、ヘアブラシについた髪や埃を取り除いていきます。ブラシの毛先に向かって優しくスライドしていきます。
2. そして木製ヘアブラシに泡立てたシャンプ—をつけて、歯ブラシでお掃除しましょう。
3. しっかりとシャワーでシャンプ—を落とします。残しがないようにしましょう!
4. タオルで丁寧に拭いた後は、自然乾燥させます。
(木製のヘアブラシは傷んでしまうので、浸けおきするのはNGです!)

獣毛ヘアブラシのお掃除法

獣毛のヘアブラシもお掃除の仕方には注意が必要!むやみにお掃除してしまうと、獣毛が抜けたり、ヘアブラシのニオイの原因になったりします。
獣毛のヘアブラシも、よい品質を保つためには基本的には水洗いは避けたほうが良いですが、どうしても汚れが落ちない場合には軽く水洗いしても良いかもしれません。その際、シャンプ―や洗剤などを使わない方が獣毛を傷めずに済みます!

1. 歯ブラシやつまようじを使って、乾いた状態できちんと汚れを取りましょう。根元の汚れを落としたい場合はウェットティッシュなども活用しましょう。
2. ここまでに十分に汚れを落としきれなかった場合には洗面器にぬるま湯を用意し、ヘアブラシを優しく水に浸けます。
3. 優しく左右に振りましょう。汚れが落ちてこない場合は先ほど使用した歯ブラシやつまようじなどでさらに汚れを落としてあげます。
4. 水から取り出し、タオルで水気を拭き取ります。獣毛の場合はトントンと振るようにして乾かします。
5. 毛先を下にして、自然乾燥します。

もっと簡単に!ヘアブラシお掃除方法♪

ヘアブラシにガーゼをつけておく

もっと、もっと簡単にヘアブラシをお掃除したい!って方には【ガーゼ】を使用したこちらの方法がおすすめ♡
ヘアブラシの上からガーゼ(またはネット)を被せておく方法です♪根元まできちんとかぶせてヘアブラシを使います。汚れが溜まってきたら、ガーゼを付け替えるだけ!とっても簡単なお掃除方法です♡

優秀!ヘアブラシクリーナーを使う

レデッカー(REDECKER) ブラシクリーナー 7.5cm 687000

更なる簡単なヘアブラシのお掃除方法としては、ヘアブラシクリーナーを活用しましょう♡
ヘアブラシクリーナーの使い方は、
1. ヘアブラシクリーナーをブラシの根本部分に優しく入れ込みます。
2. ブラシクリーナーを毛先に向かってとかすように引き上げます。
そうすると簡単に髪の毛やホコリが取れます。日ごろのヘアブラシのお掃除に使いたいですね!

ヘアブラシをきれいに掃除して、美髪を手に入れよう♪

いかがでしたか?意外と見落としがちなヘアブラシのお掃除ですが、日ごろからきちんとヘアブラシを清潔に保つようにすることが、美髪への近道ですよ♪ご紹介したお掃除法はとっても簡単なので、ぜひトライしてみて下さい♡
きれいなヘアブラシでヘアケアをもっと楽しもう♪

※本サイト上で表示されるコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。

ヘアスタイルの記事ランキング昨日人気のあったヘアスタイルに関する記事

  1. 1第1印象が命!本当にかわいい【前髪の流し方】メソッド♡MK33
  2. 2もう諦めない!【伸ばしかけ前髪】を乗り越えるヘアアレンジ♡haru
  3. 3モテるあの子はサボってた?くるりんぱ×三つ編みで叶えるあざとヘアARINE編集部
  4. 4間違いだらけ!?【ビビリ毛】の正しいケア方法&予防方法ご紹介jun
  5. 5【レングス別】美しく可憐に。お祭りにおすすめの簡単髪型14選♡motsu
  6. 6美髪習慣スタート!クレンジングシャンプーで頭皮からクレンジング♪ami
  7. 7噂の【ロープ編み】って?簡単かわいいアレンジのやり方、教えます♡himayurik
  8. 8【レングス別】狙ってなくても愛される。編み込みアレンジ18選!coco
  9. 9【コテの巻き方】見直してみませんか♡ レングス別から詳しく解説!Chisato
  10. 10清潔感とこなれ感をゲット♪【ワンレンショート】で一気に大人っぽくkuroneko

おすすめの記事いまARINEで話題の記事

  • 美容院選びってどうしてる?モデル4人がサロン選びの本音トーク♡PR|ARINE公式
  • 目元から始める恋支度♡目力アップの秘訣は夜の仕込みにありましたPR|ARINE公式
  • 気まぐれ頭皮をごきげんに♡夏こそ実践したい正しい頭皮ケアPR|ARINE公式
  • 涼しげ見えのポイントは目元とヘア!クボメイクで叶える最新夏メイクPR|ARINE公式