一重さん奥二重さん向け♡ピンクアイシャドウのメイク方法教えます!

女性らしさをグンとアップさせてくれる「ピンク」。そんなピンクをメイクで楽しむためには「ピンクアイシャドウ」がおすすめ。しかし、目もとが少し腫れぼったい印象の一重さん奥二重さんがピンクアイシャドウでメイクをしてしまうとさらに腫れぼったく見えてしまうなんて不安もありますよね。 今回は、まぶたがすっきり見えるような一重さん奥二重さんにおすすめのピンクアイシャドウを使ったメイク方法を紹介します♡

「ピンクアイシャドウ」塗り方を間違えるとメイクも台無し…。

「ピンク」は女の子が大好きな色ですよね。目もとがピンクで染められているとメイクも華やかな印象に♪
そんな「ピンクアイシャドウ」ですが、塗り方によっては腫れぼったく見えてしまっている…、なんてことも。
目が小さく見えてしまうことは避けたいですよね。そんな一重さん奥二重さんのために、「ピンクアイシャドウ」を使ったメイクを紹介します。

※画像はイメージです。

一重さん奥二重さん別。「ピンクアイシャドウ」の塗り方講座♡

まずは下準備!

一重さん、奥二重さんに共通するのは、下準備が必要ということ♡ピンクアイシャドウのみならず、どんなカラーのアイシャドウを使うにしてもアイメイクをキレイに仕上げるために下準備をしましょう!

下準備は簡単。リキッドタイプのコンシーラーを3ポイントに塗るだけ。
1. アイホール全体
2. 目の下のクマ
3. 目尻の切れ込み

この3ポイントに塗り、色のムラをカバーします。

※画像はイメージです。

コンシーラーを使うことで、目の周りも明るくなるので、アイシャドウの発色も◎で顔全体が明るい印象に仕上がります♡
※コンシーラーを塗るときは、チップが塗りやすくておすすめです。

次から、一重さん、奥二重さん別々にピンクアイシャドウの塗り方を紹介します♡

※画像はイメージです。

【一重さん向け】ピンクアイシャドウの使い方はこちら♡

1. ハイライトカラー(パール感のある明るいカラー)を上下のまぶた全体に塗ります。イメージとして、目もとに色を出すというよりまぶたを明るくすること。
※大きめアイシャドウブラシを使って「まぶたにふわっと」がコツ。

※画像はイメージです。

2. アイホール全体にパール感のあるベージュ系の明るいカラーを塗ります。
※肌のイエローベースが強く、ピンクが浮いてしまう場合は、黄色に近いベージュ、ゴールド系を使用しましょう。
※全体的にピンクの印象を強くしたい場合は、白とピンクが混じったような、ペールピンクを使用しましょう。

3. チップを使い、発色の良いピンクアイシャドウを上まぶたの黒目から目尻に向かって塗ります。

※画像はイメージです。

4. 濃いめのブラウンアイシャドウで、まぶたのキワにアイラインを引くように塗り、1~3で塗った境目がわからないように軽くぼかします。
※細めのチップや先が細く平らなタイプのブラシがおすすめ。

5. 下目尻にピンクアイシャドウを塗ったら完成!

一重さんは、ブラウンアイシャドウと一緒に上手に使うことが大切。ピンクをアクセントにすることで目もとをすっきりと華やかな印象に仕上がります♡

※画像はイメージです。

【奥二重さん向け】ピンクアイシャドウの使い方はこちら♡

1. 影色を作るために、アイホールの上まぶたの目頭側から黒目の上あたりまで、(パール感の無い)薄いブラウンアイシャドウを塗り、肌なじみが良く見えるように指を使ってぼかしていきます。
※影色はアイブロウパウダーで代用しても◎。
※大きめのブラシで影が自然に見えるよう、意識して入れましょう。

※画像はイメージです。

2. チップを使って二重幅より少し広めにベージュアイシャドウを塗ります。
※目を開けたとき、線よりも少しだけ上に見えるくらいが◎。
※境目をチップでなでて軽くぼかしましょう。

3. 2で入れたベージュアイシャドウとグラデーションが出来るように、濃いブラウンアイシャドウでアイラインを引くように目のキワに塗っていきます。

※画像はイメージです。

4. ピンクアイシャドウをまぶたの中央から目尻側に向けて塗っていきます。
※奥二重さんは、大きめブラシで往復させて発色させると◎。

5. 2で使ったベージュアイシャドウを下まぶた目頭側から黒目下まで、目尻側にもベージュを塗ります。
※目の下を明るく見せるために軽く往復させると◎。

※画像はイメージです。

6. 3で使った、濃いブラウンアイシャドウを下まぶたの目尻側のまつげのキワに塗りましょう。綿棒かチップを使ってぼかすのがポイント。
※線を引くというより点状に置く感覚をイメージすると自然にぼかせるので◎。

7. 4で使ったピンクアイシャドウを下まぶた目頭側に塗ります。イメージとして、目尻側に入れているベージュとかぶさるくらいまで入れてOKです。涙袋部分だけでなく、目頭の先端まで入れたら完成!

奥二重さんがピンクアイシャドウでメイクをするときは、陰影をつけながら奥二重を活かすことが大切なんです♡

※画像はイメージです。

一重さん奥二重さん♡ピンクアイシャドウに挑戦♡

いかがでしたか?今回は、一重さん、奥二重さんに合ったピンクアイシャドウの塗り方を紹介してきました。
ピンクアイシャドウを塗って目もとを腫れぼったく見せてしまうのはもったいない!今回、紹介した「ピンクアイシャドウ」を使ったメイク方法を覚えてぜひピンクアイシャドウでメイクを楽しんでみてくださいね♡

※画像はイメージです。

気になったコスメを探す

メイク・コスメの記事ランキング昨日人気のあったメイク・コスメに関する記事

  1. 1オイリー肌さん必見!プチプラのテカリ防止下地&パウダー12選hrkz
  2. 2ぱっちり二重も叶う?”切開ライン”の上手な引き方、種類をご紹介♡ARINE編集部
  3. 3パーソナルカラー【イエベ秋】注目!アイシャドウでかわいいを作る♡ailubee
  4. 4リンメルのアイシャドウがアツいって噂♡デパコス並みの実力とはARINE編集部
  5. 5今ほしい!キスのコスメで魅力的な女性になろう♡おすすめコスメ特集ARINE編集部
  6. 6ジェルアイシャドウ10選♡ぷるんと発色で濡れツヤeyeをゲット!ARINE編集部
  7. 7女子は変化を楽しむもの♡新鮮飽きない【イメチェンメイク】大公開!kaho
  8. 8“RMKのグロス”がkissを誘う…♡カラーも種類もたっぷり紹介ARINE編集部
  9. 9秋の新作もレビュー!人気エクセルアイシャドウを総まとめしてみた♡ARINE編集部
  10. 10デパコスをも超える?!発色抜群マリブのアイシャドウを徹底解剖!ARINE編集部

おすすめの記事いまARINEで話題の記事

  • 【最大1万円分】ギフト券が当たる!「#スキンケア」で今年も綺麗にPR|ARINE公式