ロングさん必見!簡単にできるセルフカットのやり方を徹底解説♡

ヘアサロンに行ってかわいい髪型になっても時間がたつにつれ髪が伸びてしまい、思い通りのスタイルにならなくなる…と感じたことがある人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、自分でできるロングヘアのセルフカットのやり方を徹底解説します。基本的なカットの仕方やおすすめアイテムもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね♡
目次

自分で切るセルフカット、ロング派さんにはこんなメリットが♡

HAIR

ロングヘアさんでも、毛先の傷みや色落ちが気になることもありますよね。なかにはヘアサロンへ足を運ぶ時間がなくて、定期的に通うことができないという方もいらっしゃると思います。
そんな方に今回おすすめしたいのが、セルフカットです!セルフカットのメリットはヘアサロンに行かなくてもいいことと、費用があまりかからないこと。慣れると意外にも簡単にできるので、この記事を読んでぜひセルフカットに挑戦してみてくださいね♡

ロングヘアをセルフカットするときに必要なアイテムって?

1. 髪切りハサミはロングヘアのセルフカットにマストなアイテム!

貝印
貝印 サンパツセット カット&スキハサミ&クシのセット キャップ付き
参考価格:¥2,430(税込)
3.9

「ハサミ」は、ロングヘアをセルフカットするときにおすすめのアイテム。
セルフカットするときも、なるべく髪にダメージが少ない方が良いですよね♡ハサミを選ぶときに大切なのが、文房具用のハサミではなくヘアカット用のハサミを選ぶことです。また、すきバサミは髪を切りすぎることを防いでくれるので、できれば用意するのが◎。

2. ロングヘアをくしでとかすのが、セルフカット成功に近づくポイント。

貝印
貝印 サロンモード ポケットコーム ベッコウ調 HC-0330 ヘアコーム くし
参考価格:¥645(税込)

「くし」は、ロングヘアのセルフカットで髪をまとめるときや、長さを確認する時に使います。普通のブラシタイプのくしは、全体の髪を整えるときに使いましょう。
毛先を整えたり少ない量の髪を上手く取るためには、コームタイプのくしが◎。2本あると便利なので、どちらも用意するのがおすすめですよ。

3. 後ろまでしっかり見える大きめの鏡で、ロングヘアをセルフカット。

ロングヘアのセルフカットをするときに気になるのが、後ろ髪がどうなっているか。きちんと後ろを確認しながらカットするためにも、「鏡」はマストなアイテムです。
大きな三面鏡があれば良いですが、無い場合は顔がしっかり写る大きめの鏡を用意しましょう♡

4. ロングヘアのセルフカットは、細かいブロッキングが大切!

【いきなり髪にハサミを入れてしまう】のではなく、まずはブロッキングでカットしやすくするのが◎。
均等に髪をカットして美しいヘアスタイルを保つためにも、大切なのは「ヘアゴム」と「クリップ」を使って、しっかりブロッキングすることです♡
細かく髪を分けて、丁寧にロングへアをカットしていきましょう。

5. 霧吹きでロングヘアを濡らして、セルフカットをやりやすく♡

セルフカット初心者さんにおすすめなのが、「霧吹き」です。
髪を濡らすと、まとまりが出るので一気に切りやすくなりますよ。特にロングヘアの毛先を切るときは、長さにムラを出さないようにするためにも、霧吹きで濡らすのが◎。

慣れれば簡単!ロングへアの基本的なセルフカット方法をレクチャー♡

1. セルフカットのときは、ロングヘアをくしで整えて。

HAIR

それでは、ロングヘアのセルフカットにチャレンジしていきましょう!
まず最初にするべきことは、髪の毛をしっかりとかすこと。絡まっている髪があると、切りにくいだけでなく、長さにムラが出てきてしまいます。大きめのくしで髪全体をしっかりとかすのがセルフカット成功のポイントです♡
また、このときに霧吹きでロングへアの全体を軽く濡らしておくと、セルフカットしやすくなるのでおすすめですよ。

2. ロングヘアのセルフカット成功の秘訣は、細かいブロッキング!

HAIR

コームを使って、ロングヘアを左右で均等になるように分けます。また、分けた髪を更に2、3等分し、切りすぎを防ぐためにもカットしたい位置より少し下をヘアゴムでくくりましょう。セルフカットする時に長さが変わってしまうことがあるので、切りやすいくらいの量にまとめるのがおすすめですよ。

3. なりたいロングヘアをイメージして、いざセルフカット♡

HAIR

それでは、セルフカットに挑戦してみましょう!
セルフカット成功のポイントは、一気にハサミを入れずに少しずつ進めること。全体のバランスを見ながらこまめに仕上がりの確認をしてくださいね。
また、ハサミを横に入れると毛先が重くなってしまうこともあるので、縦に入れてカットしましょう。切りすぎの防止もできるのでおすすめですよ。
なりたいイメージをして、ロングヘアをかわいくセルフカットしてくださいね♡

セルフカットのこれを知りたい♡ロングヘアを上手にすく方法

HAIR

長さは変えずに量を減らしたいという方におすすめなのが、髪をすくセルフカットです。
髪をすくときは、専用のすきバサミを使いましょう。また、ロングヘアを切るときは髪全体を霧吹きで軽く濡らしましたが、すくときは髪を乾かすのがおすすめです。髪を切りすぎないように少しずつセルフカットしてくださいね。

【上手にセルフカット】ロングヘアの基本的なすき方って?

HAIR

まず最初に、ヘアゴムとクリップを使ってロングヘアを細かくブロッキングします。後ろ髪や、サイドなど、すきたい場所が決まっているときは、その部分をブロッキングしてくださいね。
次に毛束をくるくるねじって、それぞれ違うところにすきバサミを入れていきます。このときに気を付けたいのが、すきバサミのすき率です。すき率が高ければ高いほど切れやすくなるので、切りすぎないようにチェックしながら進めましょう。

【上手にセルフカット】ロングヘアのすき方のコツは?

HAIR

ロングヘアの量を減らしたいときは、中間部分から毛先に向けてすくとキレイに仕上がります。また、ロングヘアの外側を切ると短い毛が出てしまうことがあるので、内側からすきバサミを入れるのがセルフカットのコツ♡
ロングヘアをふわっと見せたい方は、髪の内側を短めに切るのがおすすめです。内側の短い毛が外側の長い毛を支えてくれるので、ボリュームが出たように見せてくれますよ。
ロングヘアの後ろを切るときは髪を前側に持ってきて、しっかり鏡を見ながら進めてくださいね。

【上手にセルフカット】ロング派さん必見!すきバサミの使い方

HAIR

ロングヘアのセルフカットでは、どれくらい切ったらいいのか分からず、何度もハサミをいれてしまう方も多いのではないでしょうか。なるべく髪を傷ませないためにも、少ない回数でセルフカットすることを心がけましょう!
また髪を切った後は、一度ハサミを開いた後に髪の毛から離すのがおすすめですよ♡

セルフカットのこれを知りたい♡ロングヘアにレイヤーを入れる方法

taka1000taka (ディシェル[DISHEL]所属)

次はロングヘアにセルフカットでレイヤーをいれる方法をご紹介します。
レイヤーとは、ロングヘアに髪の長さを変えて段を作った状態のこと。一見難しそうにも感じますが、慣れればセルフカットでも簡単にできますよ!
ロングヘアの方は、ぜひセルフカットのレイヤーに挑戦してみてくださいね♡

【上手にセルフカット】ロングヘアを4つにブロッキング。

HAIR

まず最初に、ロングヘアの頭頂部から耳の後ろをヘアゴムでくくってブロッキングします。このとき、前髪となる部分はしっかり取って残しておくのがポイントです。次に残った下の髪を左右に分けて、そちらもブロッキングしてください。そうすると、前髪を含めて全部で4つのブロックができあがります。

【上手にセルフカット】位置を決めて、ロングヘアにレイヤーを入れて。

萩原 翔志也/Hagiwara Toshiya (ヴィッカ 青山[vicca]所属)

後は先ほどブロッキングしたサイドの髪を前側に持ってきて、切りたい位置でくくったヘアゴムに合わせてカットするだけです。このときに気を付けたいのが、持ってきた髪の毛を地面に平行にして持つということ。手で持った場所の髪の毛は真っすぐ、下の方は斜めになっている状態にすることで、カットするだけでレイヤーを入れることができますよ。
ハサミを縦に入れてカットしながら調整するのが◎。

【タイプ別】セルフカットでもできる!ロングからイメージチェンジ♡

taka1000taka (ディシェル[DISHEL]所属)

どの長さの髪型を目指すにしても、基本的なセルフカットの流れ(髪を濡らす、ブロッキングする)は同じです。
ロングからセミロングへのチェンジは、毛先が見えやすいので、これまでご紹介したセルフカット方法で比較的簡単にできますよ♡
ショートやミディアムへのチェンジだと、かなりの長さを自分で切ることになるので「こんな髪型になりたい」「このくらいの長さまで切りたい」という明確なイメージを持つことがポイントです。

【ロングからショート】バッサリとセルフカット!大胆に印象を変えて。

HAIR

なりたいショートのイメージがかたまったら、まずはそのイメージより少し長めの場所にヘアゴムをくくり、カットしていきましょう!その際に重要なのが、鏡をしっかり見るということ。できれば正面に大きい鏡をひとつ、後ろに小さい鏡をひとつ用意するのが◎。ショートヘアは後ろの長さを自分の目で確認することが難しいので、鏡を見ながらゆっくりと切るのがコツですよ。
後ろを短く切りそろえるときはコームを使いましょう!毛先を少しずつ取り、毛の長さがそろうようにカットしてくださいね。

【ロングからボブ】セルフカットでキレイからカワイイにチェンジ♡

HAIR

ボブは、レイヤーや段などの技術は使わなくてもできる、セルフカットにおすすめの髪型♡
4つにブロッキングした髪の毛を前側に持ってきて、ハサミを入れていきましょう。ブロッキングした髪の下側から切っていくのがコツ。最初に下側の長さを決めることで、全体のバランスもよくなりますよ。
切りっぱなしのまま長さをそろえる「切りっぱなしボブ」はトレンド感があってかわいいですよね。軽いイメージにしたい方は、すきバサミを縦に入れて、毛先を整えるのが◎。

ロングヘアに合う前髪のセルフカットの仕方、教えます♡

ロング×ぱっつんのセルフカットで、目を引く愛され女子に♡

HAIR

前髪のセルフカットのときは、頭の頂点にあたる部分から、両目より少し外側あたりの部分までを切ることになるので、そこをブロッキングしてください。それ以外の顔周りの髪は、顔にかからないようにクリップで留めておくのが◎。
切りたい長さを決めたら、それよりも少し長めにハサミで切っていきます。長さをそろえたら、ハサミを縦にして毛先を整えてくださいね。
最後に、コームを使って前髪を切りそろえたら完成です♡

ロング×ワンレンのセルフカットは女度を格上げしてくれる。

HAIR

ワンレンの前髪は大人っぽい印象があるので、ロングヘアさんにも良く似合う髪型ですよね。そんなワンレンの前髪は、慣れると簡単にセルフカットできるヘアスタイルなんです♡
まずは前髪にしたい範囲の髪の毛を取り、クリップでブロッキングします。その後に髪の分け目を決めて2つに分けます。
次に、ながしたい方の毛束をコームで取り、毛先を少しずつ流したい方向に向けて斜めに切りましょう。毛先をハサミで整えれば、おしゃれなワンレンの前髪の完成です。

意外と簡単♡アナタもロングヘアのセルフカットにトライしてみて!

HAIR

ロングヘアのセルフカット方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?
おしゃれ女子にとってヘアスタイルとは、身にまとう洋服と同じくらい大切なもの。そんな髪の毛を自分でお手入れできるのは、とてもうれしいことですよね♡
最初は難しいかもしれませんが、慣れると意外に簡単にできるのがセルフカット。アナタもぜひセルフカットにトライして、大切な髪の毛を美しく整えてみてくださいね!

※画像は全てイメージです。
※一般的な使用方法をご紹介しています。効能・使用法は、各社製品によって異なる場合もございます。各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。
※本サイト上で表示されるコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。
※ご紹介した画像は全て美容師さんによるヘアアレンジです。こちらの画像を参考にしながらセルフヘアアレンジに挑戦してみてくださいね。

ヘアスタイルの記事ランキング昨日人気のあったヘアスタイルに関する記事

  1. 1【市販ヘアトリートメントおすすめランキング】激選24選をご紹介!chaa_f_chaa
  2. 2【2020秋冬】”かわいい”重視の髪色教えます!色系統別で17選mi-z
  3. 32020年【中性的×髪型】今季トレンドおすすめヘアカタログUTA
  4. 4【市販のプチプラ商品も】人気ヘアオイルおすすめランキング13選!ARINE CATAL...
  5. 5【2020年保存版】流行女子必見!簡単可愛い学校ヘアアレンジ特集UTA
  6. 6アッシュ系ヘアカラー【暗め~明るめ・ブリーチなし】23選ミさ
  7. 7《Toくせ毛さん。》おすすめ市販トリートメント10選を厳選♡UTA
  8. 8【前下がりショートボブ】ならストレートで!おすすめヘアカタログY.H
  9. 9脱マンネリ♡グラデーションカラーでショートボブの魅力を引き出してsachi
  10. 10時間のない朝でも3分でできる簡単ヘアアレンジ。レングス別に紹介ふろこ

おすすめの記事いまARINEで話題の記事

  • もう朝迷わない!+1アイテムで簡単おしゃれなオフィスコーデPR|ARINE公式