【イエロー、ブルー、ピンク】カラーコントロールの色別講座♡

最近だんだんと浸透しつつあるカラーコントロール。下地や、コンシーラーなどによく使われています。でも、色別のカラーコントロールの役目って、よくわからないですよね。今回は、グリーン、オレンジ、イエロー、ピンク、ブルーの5色のコントロールカラーの解説をします!カラーコントロールをマスターして、レベルアップしたメイクアップを楽しみましょう!

カラーコントロールの役目って?

ARINE編集部

色がついた下地やコンシーラーを皆さんは正しく使えていますか?それぞれのカラーが持つ特性をマスターすることで、肌の悩みやをカバーしたり、なりたい印象によって、見た目を変えることができる優秀なコスメなんです♪カラーコントロールと聞くと、使い方が難しそう…と思いがちですが、十分に肌になじませることで、自然にカバーできるのも魅力なんです!

カラーコントロールは【無印良品】がおすすめ♪

ARINE編集部

無印良品から発売されているピンク、ブルー、イエローのベースコントロールカラーです。一つ1000円以下とプチプラなのに、しっかりとカラーコントロールの「役目をはたしてくれます♪薄付きなので、ナチュラルにカバーできると評判のアイテムです♪

カラーコントロールその1.▷透明感、黄みをカバー【ブルー】

ARINE編集部

ブルーのカラーコントロールは肌に透明感を与えてくれます。黄身を抑え、肌をワントーン明るく見せてくれるポイントも。パープルのカラーコントロールと役割が似ていますが、ブルーのほうが、より、ピュアな印象に近づけます。

カラーコントロールその2.▷健康的、肌を均一に【イエロー】

ARINE編集部

イエローのカラーコントロールは、肌を明るく見せ、健康的な肌色に見せてくれます。比較的、肌になじみやすいので、初めてカラーコントロールに挑戦したい方におすすめです。イエローのカラーコントロールはもともと、黄みのある肌色の方にお勧めです。

カラーコントロールその3.▷血色感、青クマをカバー【ピンク】

ARINE編集部

ピンクのカラーコントロールは血色感が欲しい方におすすめ!朝起きて、顔色が悪いな~と思った時に肌をパッと元気に見せてくれますピンクののカラーコントロールはイエローと違ってもともと肌が青白く、クマも青っぽくくすんでしまった方にピッタリです。

カラーコントロールその4.▷小鼻の赤み、ニキビ跡に【グリーン】

ARINE編集部

グリーンのカラーコントロールは、小鼻の周りや、ニキビ跡などの赤みをカバーしてくれます♪今までのコンシーラーでは隠しきれなかった部分もコントロールカラーの力で、カバーすることができちゃいます!下地にグリーンのカラーコントロールを使うと、赤ら顔になりやすい方にもピッタリです!

ニキビ跡、赤みカバーはセザンヌのグリーンのコンシーラーで♪

ARINE編集部

セザンヌから発売されている「赤み補正コンシーラー」。チューブタイプになっており、コンシーラーなのにみずみずしいテクスチャーがポイント♪厚塗り感がなく、自然にカバーしてくれる使用感が人気なんです♪ファンデーションに混ぜたり、下地として、使うのもアリ♪

カラーコントロールその5.▷頑固なクマに【オレンジ】

ARINE編集部

肌の色に合わせたコンシーラーで、クマを隠そうとしても、逆に目立ってしまう事ってありますよね。そんな悩みを解決してくれるのが、オレンジのカラーコントロールです!オレンジは部分的に使用するのがおすすめで、口元のくすみなどもカバーしてくれます。

キャンメイクのオレンジな新作コンシーラーが使える♡

ARINE編集部

キャンメイクから発売されている「カラースティックモイストらスティングカバー」。6色のカラーバリエーションで、カバーしたい部分に合わせてえらぶことができます。こちらの04はパキッとしたオレンジではなく、薄いアプリコットのからーなので、は比較的なじみやすく、上からファンデーションを重ねても、邪魔になりません。

カラーコントロールをいつものメイクにプラス♡

ARINE編集部

カラーコントロールの役割をマスターして、いつもよりワンランクアップしたメイクに仕上げましょう♪カバー力の高いコンシーラーを使ってもなかなかカバーできない…とあきらめていた人もぜひ、挑戦してみてくださいね!

※無印良品から商品提供を受けております。

メイク・コスメの記事ランキング昨日人気のあったメイク・コスメに関する記事

  1. 1ケイトで手に入れろ♡ケイト三種の神器で作る立体フェイスARINE編集部
  2. 2【クリアな発色で血色美人になろう♡】マキアージュの優秀チーク紹介kaho
  3. 3プチプラで簡単ナチュラル♡本気のお泊まりメイクならこれをすべき!kaho
  4. 4冬は保湿ファンデが勝ち組♡スティックファンデーション比較レビューARINE編集部
  5. 5気分に合わせてニュアンスチェンジ。重ね付けリップで格上げメイク♡ARINE編集部