これをマスターすればモテ髪に♡波ウェーブで最旬ヘアにアップデート

最旬のトレンドヘアアレンジといえば、【波ウェーブ】♡ 美容室でのオーダーも多い波ウェーブですが、「自分でやるのは難しそう…」 なんて思っていませんか? そんな不器用さんにもぜひおすすめしたい♡ 波ウェーブアレンジをご紹介していきます♪ どんなヘアアレンジとの相性も抜群なのでトライしてみてくださいね!

こなれ波ウェーブでモテ髪へ…♡

ARINE編集部
ARINE編集部

平巻きのベースで、内巻きと外巻きを繰り返す波ウェーブ。
不器用さんでもブロッキングをしっかりすることで簡単にトライできちゃうのです♪
今回は、巻き髪のバランスが最も難しいミディアムのレングスで紹介していきますっ!

簡単なやり方で波ウェーブをマスターして♡

巻く前の状態はこちら♪

ARINE編集部

巻く前の髪の毛の状態はこのような感じです。
全体的にダークトーンなので、ストレートにすると若干固くて重たい印象に見えませんか?
波ウェーブをマスターすることで、髪の毛の全体的なエアリー感を生み出すこともできちゃうのです。
早速紹介していきます☆

ブロッキング&毛先を巻いていきます♪

ARINE編集部
ARINE編集部

耳上の髪の毛を1つにまとめブロッキングします。
先に毛先から中間部分を巻いていくことで、あとでバランスをとるときにやりやすくなるのでおすすめです!
そして、32㎜などの太めのコテを使って毛先を内巻きと外巻きにワンカールしていきます。

中間から毛先にかけて交互に巻いていきます♡

ARINE編集部
ARINE編集部

毛先を内巻きに巻いたら次の段は外巻きに、といったように、交互に内巻きと外巻きを繰り返していきます!
毛束を細めに取ってしまうと、ソバージュのような細かいカールになってしまうので、やや太めにとってボリューム感を出すようにするとイマっぽくなりますよっ♡
毛束にしっかりとカールがつくように、コテは高めの温度に設定し、挟んだら5秒ほど放置しましょう!
コテを離した瞬間に手でカールを守るように3秒ほど包むと、カールが持続しやすくなります。

中間部から毛先の巻きあがりはこちら!

ARINE編集部

内側をしっかり巻くことで、上から髪の毛をかぶせた時にも程よいバランスになります♪
巻いた髪の毛はほぐさずにワックスを揉みこむまではこの状態のままでキープするようにしてください。巻き髪をキープするには、熱が冷めるまで待つことがポイントです。

同じ要領で表面も巻いていきます♪

ARINE編集部

先ほどと同じように、毛先から中間部にかけて内巻き、次は外巻き、といった具合で交互に巻いていきましょう♪
表面は毛束を薄く広く取って巻いていくとバランスがちょうどよくなるのでおすすめです!ボリューム感を意識して巻いていきましょう。

仕上げにワックスを揉みこんでいきます♪

ARINE編集部
ARINE編集部

手に取るワックスの量は、指の第1関節あたりを目安に、少量で大丈夫です♡
毛先から中間部にかけてよく揉みこんでいくと、スタイリング剤がしっかりなじんで程よいウェット感が出せますよ!ワックスは、揉みこむことが重要ポイントです♡

出来上がりはこちら♪

ARINE編集部
ARINE編集部

ほどよい抜け感とボリューム感のある巻き髪が旬です♡
何もしていない状態の髪に比べて、髪の毛に大きな動きが出たのがわかりますよね?
ワックスをしっかり揉みこむことで、しっかりとした巻きの中に、空気感が生まれてかわいくなります♪
朝の忙しい時間でもささっとできるアレンジなので、ぜひ挑戦してみてください!

気になったヘアスタイルの関連商品を探す

ヘアスタイルの記事ランキング昨日人気のあったヘアスタイルに関する記事

  1. 1いつもと違う自分を楽しみたい!簡単かわいいヘアアレンジをご紹介♡まーにー
  2. 22019冬の人気ヘアカラー。トレンドカラーでお洒落に仕上げようoverflow
  3. 3いい女の条件は《前髪ありショート》だった♡大人かわいい謎に迫る♪Mio
  4. 4【毛先だけ巻く】がおしゃれヘアのコツ!やり方・アレンジも紹介♡Chii
  5. 5見て♡って自慢したくなる【ポニーテールの巻き方】ジャーナル決定版MK33
  6. 6ショートカットが50代におすすめ。顔の形別に似合う髪型を見つけてoverflow
  7. 7お洒落女子に人気の髪色はミルクティーカラー。特徴とカラー剤を紹介overflow
  8. 8高度なセットも決まる。人気の「デューサー5、5S」を徹底解説!kakoichan
  9. 9自分に似合うが見つかる♡【ショートカット】カタログ大特集 ♡emi
  10. 10ハーフアップから編み込みまで紹介!黒髪ロングのヘアアレンジ特集♡yama_eri