セザンヌのシェーディングで小顔見せ♡おすすめの色味&使い方を解説

小顔メイクにおすすめなのは、なんといってもシェーディング。メイクで小顔見せができるなら、挑戦してみたいものですよね。 今回はプチプラコスメの人気ブランド、「CEZANNE(セザンヌ)」のシェーディングおすすめアイテムと、使い方のコツを併せてご紹介いたします!

プチプラブランド【セザンヌ】の魅力♡

ARINE編集部

プチプラコスメのブランドは数多くありますが、今回おすすめするのは人気のプチプラコスメブランド「CEZANNE(セザンヌ)」です。
人気の秘訣はお値段の安さだけでなく、コスメの質や使い勝手の良さ♡お手頃な価格できれいになれるアイテムは、おしゃれ女子にとってうれしいものですよね。

今回は、おすすめプチプラブランドのセザンヌから、シェーディングアイテムをご紹介します!

そもそもシェーディングとは?

ARINE編集部

シェーディングとは、顔の影をつけたい部分に暗めのカラーを、光を集めたい部分にハイライトになる明るいカラーをのせることで、凹凸があるように見せて立体感のある顔に仕上げることのできるメイク方法のこと。

小顔に見えるメイクをしたい方、エラが気になる方、顔の凹凸が気になる方などにおすすめのメイクがシェーディングです。

シェーディング&ハイライト選びのコツ♡どんな色味がいいの?

シェーディングを選ぶときのコツは、「肌よりも2段階暗いトーン」を意識すること。
顔に陰影をつけて小顔見せを狙いたいので、あまり肌に近い色だとせっかくのシェーディングもうまくなじまなかったり、逆に浮いてしまったり…。

反対に、ハイライトの場合は「肌より明るいトーン」をチョイス。この2つを組み合わせて、メリハリのある立体メイクを実現してみましょう。

セザンヌのおすすめシェーディング&ハイライトをご紹介♡

ARINE編集部

では、セザンヌのおすすめシェーディング&ハイライトをご紹介いたします♡
セザンヌブランド1つでも、シェーディング・ハイライトに種類がいろいろあります。それぞれの使いやすさやおすすめポイント、どんな方におすすめかなども含めてご紹介いたしますので、ぜひシェーディング選びの参考にしてみてくださいね。

【セザンヌおすすめハイライト】初心者さんも安心♡ノーズシャドウとハイライトで立体感を

ノーズシャドウ ハイライト

セザンヌのおすすめシェーディング、まずは「ノーズシャドウ ハイライト」です♡
こちらのシェーディング&ハイライトはパウダータイプ。いきなりスティックタイプだと、濃いめに塗ってしまったりするミスが起こることも…。
そんな失敗を避けるためにも、初心者の方や色白の方にはパウダータイプがおすすめ。小さめブラシが付いているので、細かい部分にも使いやすいですよ。

CEZANNE(セザンヌ)
ノーズシャドウ ハイライト

【セザンヌおすすめハイライト】チークと合わせて使える血色感たっぷりのピンクカラー♡

セザンヌ チーク&ハイライト 01 ナチュラルピンク 4.0g

チークとハイライトが1つになったこちらのパレットは、ラメ感と明るいピンクがかわいらしい「チーク&ハイライト」のナチュラルピンク♡
両方の色を混ぜて頬に仕込めば、ぽっと花が咲いたような色づきを与えてくれます。カラーは甘めですが、程よい発色でナチュラルメイクにもなじむところがうれしいポイント。顔に血色感を足しつつ、しっかりと立体感も作れるのでおすすめです。

CEZANNE(セザンヌ)
チーク&ハイライト/01 ナチュラルピンク

【セザンヌおすすめシェーディング】マットブラウンをなじませながらベーシックに整えて

セザンヌ フェース コントロールカラー 4

マットな質感と使いやすい色味のブラウンが特徴的な「フェース コントロールカラー」4番のマットブラウン。薄づきなので濃さの調節もしやすく、肌にもなじみやすいので初心者さんにもおすすめです♡
顔まわりにも、ノーズシャドウとしても重宝する色味ですよ。

CEZANNE(セザンヌ)
フェイスコントロールカラー/4 マットブラウン

【セザンヌおすすめシェーディング】女っぽいのにちゃんとかわいい♡わがままオレンジ

ミックスカラーチーク

くるっと混ぜて使う、万能な4色ツヤ美肌チーク。ギラギラしない上品な微細パール入りタイプ。混ぜやすい天然毛ブ...

オレンジカラーのシェーディングを求める方におすすめなのが、こちらの「ミックスカラーチーク」のオレンジ系です。
オレンジ系のアイシャドウ、ブルべさんだけでなく、イエベさんなどにも似合う色味♡落ち着きのあるフェミニンな雰囲気を漂わせつつ、かわいさも残せるおしゃれカラーです。
右上のピンク系オレンジは、涙袋に薄く入れるのも◎。

CEZANNE(セザンヌ)
ミックスカラーチーク/03 オレンジ系

【セザンヌおすすめシェーディング】ニュアンス違いのピンクカラーで季節感も楽しめる♡

セザンヌ ミックカラーチーク 04 ローズ系 7.2g

「ミックスカラーチーク」のローズ系は、色味の違うピンクを集めたパレット。
4色の混ぜ方で印象が変わるため、ニュアンスを変えてオールシーズン使いまわせますよ。春夏は右上の青みピンクを、秋冬は右下のローズピンクをメインにするなど、工夫次第で表情にも変化が生まれそう♡
気分を変えたいときは、アイメイクに合わせてピンクの濃さを変えてみるのもおすすめ。

CEZANNE(セザンヌ)
ミックスカラーチーク/04 ローズ系

【セザンヌおすすめシェーディング】ブラウンのグラデーションでナチュラルきれいな仕上がり

ミックスカラーチーク / 20 シェーディング

次は「ミックスカラーチーク」20番のシェーディングです。軽い付け心地で肌にもなじみやすく、ナチュラルな立体感を演出してくれますよ♡
1色ずつでも4色を混ぜて使ってもそれぞれの良さが出ます。入れる場所に合わせてグラデーションを作るとなじみやすいですよ。自分の肌トーンに合う色味を作れるのは、大事なポイントですね。


CEZANNE(セザンヌ)
ミックスカラーチーク / 20 シェーディング

【セザンヌおすすめシェーディング】スティックタイプで顔にメリハリを

シェーディングスティック / マットブラウン

続いてのセザンヌのおすすめシェーディングは、「シェーディングスティック」1番のマットブラウンです。

こちらはスティックタイプなので、フェイスラインのカバーなどでしっかりとシェーディングしたい方におすすめです。ハイライトスティックと合わせて使うと◎。ファンデーションやパウダーの前に塗り込んで、あとからパウダーをはたくことでより自然に仕上がりますよ♡

CEZANNE(セザンヌ)
シェーディングスティック / マットブラウン

【セザンヌおすすめシェーディング】イエベさん必見!肌なじみ◎のベージュブラウン

セザンヌ シェーディングスティック 02 ベージュブラウン 5.1g

人気のスティックタイプに、ベージュブラウンが登場です。
こちらの「シェーディングスティック」2番のベージュブラウンは赤みが控えめで、イエベさんの肌になじみやすい色味になっています♡また、スティックタイプなので密着度も高め。シェーディングで影をつけたい部分に、滑らせるように入れてみてくださいね。

CEZANNE(セザンヌ)
シェーディングスティック/02 ベージュブラウン

【セザンヌおすすめハイライト】細かなパールで輝きも手に入れて…♡

ハイライトスティック / パール入りホワイト

こちらのハイライトは先ほどのシェーディングスティックと合わせて使うのがおすすめ!
同じくスティックタイプなので落ちにくく、メイク直しの時間がとれない日も長持ちが期待できます。”ヒアルロン酸、コラーゲン、美容保湿オイル(保湿成分)を配合”(公式HPより)しているので、なめらかに塗ることができますよ。

CEZANNE(セザンヌ)
ハイライトスティック / パール入りホワイト

もっとシェーディングのアイテムを見てみたい!という方は、下記のリンクで紹介しているのでぜひチェックしてみてくださいね。

セザンヌのシェーディングとハイライトの入れ方!コツや注意点は?

セザンヌの【パウダータイプ】はふんわり陰影のシェーディングにおすすめ

ARINE編集部

鼻筋や眉、目頭付近など比較的広い範囲にシェーディングを入れるときは、ブラシで塗るパウダータイプがおすすめ。少しずつ重ねて陰影をつけられるので、自然と鼻を高く見せたり、頬や顎に広く影をつけたりしたいときに便利です。

自分で分量調節もしやすいため、初心者さんでも安心ですよ♡ブラシを当てるときはやさしく、軽く動かすことを意識してみてくださいね。

セザンヌの【スティックタイプ】はパーツごとのしっかりシェーディングにおすすめ

ARINE編集部

影を濃いめにつけたいときや、エラを小さくみせたいポイント小顔メイクなどには、スティックタイプのシェーディングがおすすめ。
スティックタイプはパウダーに比べて色味が強くでるので、強調して陰影をつけたい部分に使ってみて。おでこの生えぎわやエラにシュッと差すように入れたら、スポンジでトントンとなじませるのがコツ。
パーツごとにシェーディングを入れるときも、常に顔全体の立体感を意識すると失敗しにくいですよ。

セザンヌの【シェーディング】の入れ方&コツ

シェーディングは基本的に、「顔のまわり」と「くぼみの部分」に塗ることで奥行きを出し、顔を立体的に見せていきます。

1. おでこのキワ、エラ部分など顔の外まわりにシェーディングを塗る。

2. 眉と目頭と鼻筋の中間にある三角形の部分にシェーディングを塗る。

3. 頬骨の下にシェーディングを薄めに塗る。(なでるようにやさしく重ねるのがポイント)

3番にあるように、チークの下あたりにシェーディングを入れることで彫り深な印象をつけられます。あくまで自然な陰影を入れるつもりで試してくださいね。
また、丸顔さんの場合は、「頬骨から顎まわり」を縦方向にカバーすると細見えに。面長さんは「おでこの生え際」と「顎の下側」を横方向に塗ることを意識してみて。

下のリンク先でも、顔型によるシェーディングの違いを説明していますよ♡

シェーディングを入れるときの注意点は?

シェーディングを入れるとき、気を付けたいのは「濃くなりすぎないように塗る」こと!
立体感や影を意識するあまり、塗り重ねすぎて不自然な仕上がりになってしまうと残念ですよね。ブラシを上手く使い分けて肌になじませるように重ねて。
境界線を自然に見せるため、シェーディングを入れ終わったらぽんぽんと手やブラシでなじませるのも忘れずに。ぱっと見てつけていることがわからないくらいでちょうどいいですよ♡

セザンヌの【ハイライト】の入れ方&コツ

次はハイライトの入れ方です。今度は「高い部分」を意識して塗っていきましょう。

1. 顎とおでこのでっぱりのある中心部分にハイライトを塗る。

2. シェーディングを塗った頬骨の上と涙袋にハイライトを塗る。

3. 鼻筋全体にハイライトを塗る。

涙袋は目の存在感をアップしてくれる大事なパーツ。そこにハイライトが加わることで、自然と顔全体の立体感が増してくれます。ラメ入りのものを使用すると、うるうるとした引き込まれそうな瞳に見せることもできてしまいます。さらに「上唇のトップ」にハイライトを入れると、唇の輪郭が際立ってぷっくりとした愛らしい形を演出できますよ♡

セザンヌのシェーディングで小顔メイクしてみない?

村田 勝利 (TONI&GUY広尾サロン所属)

いかがでしたか?
小顔見せだけでなく、顔を明るい印象にしたり彫り深に見せたりと、さまざまなメリットのあるシェーディング。その色味選びや入れ方にもコツがたくさんあることをお伝えしてきました。

お値段も使い勝手も安定の、人気プチプラブランド「セザンヌ」には魅力がたくさん。ぜひ自分の肌や顔型にあったシェーディングを選んで、小顔メイクに挑戦してみてくださいね。


※本サイト上で表示されるコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。
※記載しているカラーバリエーションは2018年12月現在のものです。
※記事内の画像は全てイメージです。
※一部の商品はブランドより商品提供を受けております。
※一般的な使用方法をご紹介しています。製品の効能・使用法は、各社製品によって異なる場合もございます。各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。

気になったコスメを探す

メイク・コスメの記事ランキング昨日人気のあったメイク・コスメに関する記事

  1. 1《透明感UPする下地は?》パープル、ブルー、ピンク…色別にご紹介Cmegu
  2. 2素顔だって作る時代!【すっぴん風メイク】でナチュラル美人に♡ARINE編集部
  3. 3【2019年版】レディース香水♡人気ブランドで女度アップ?rabbit055
  4. 4【プチプラ・デパコス】いいとこどりなセミマット肌は下地で作る♡moeppi
  5. 5シェーディングパウダーおすすめアイテム特集♡使い方もご紹介meguu
  6. 6【年代別】迷ったらコレ♡おすすめアイシャドウブランド&アイテム集yuzuki
  7. 7SUGAOのシルク感カラーベースで透明感のある肌に♡お悩み別紹介paruru
  8. 8マキアージュ《パウダーファンデ》解説!肌溶けfitを叶えます♡popo
  9. 9スリーのアイシャドウでヌケ感を♡パーソナルカラー別に徹底解説jenny
  10. 10セザンヌ下地を全て紹介。ひと手間惜しまず、どの瞬間も可愛い私に♡miretan

おすすめの記事いまARINEで話題の記事

  • 肌年齢vs実年齢?知れば知るほど楽しいSK-IIの肌チェック!PR|ARINE公式
  • 【最大1万円分】ギフト券が当たる「#わたしの夜ケア」キャンペーンPR|ARINE公式
  • 素敵な2019年の幕開けを♡「#スキンケア」キャンペーン結果発表PR|ARINE公式