超特急、再出発の日に戦場で見せた決意。

現在人気急上昇中の6人組メインダンサー・バックボーカリストグループ・超特急が2018年5月26日、27日の2日間、東京・武蔵の森総合スポーツプラザメインアリーナにて『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2018「Sweetest Battlefield」』を開催しました。6人体制になってから初めてのツアーということもあり、2日間で3万人の8号車(ファンの総称)が集まりました。今回は2日目となる5月27日の公演の模様をレポートします。

「どれだけ8号車のみんなを楽しませることができるか」

ARINE編集部

ライブ前に行われたプレス向け囲み取材では、今回の見どころとして360°をオーディエンスに囲まれたセンターステージ仕様であること挙げ、タクヤ(4号車/筋肉担当)は「後ろを向いてもお客さんがいる僕たちにとっては気が抜けないステージ」と語り、タカシ(7号車/末っ子担当)は「どれだけ8号車のみんなを楽しませることが出来るかといろいろ考え抜いたので、一瞬一瞬を大切にしていきたい」と語りました。

(株)SDR

大歓声のなか純白の衣装を身にまとい現れた6人体制となった新生・超特急の決意は1曲目の「超ネバギバDANCE」からもわかるように決して諦めないというものでした。タカシが〈次の壁も破りたい〉と決意表明ともとれる歌詞を歌い、タクヤは〈ご乗車ください〉のセリフをウインクしながら決め、ユーキ(5号車/ドジっ子担当)はバク転を披露し会場からは歓声があがります。「東京、行くぞ!!」とリョウガ(3号車/ガリガリ担当)が叫んで始まった「超えてアバンチュール」ではステージをぐるっと囲む全方位に向けてダンスを展開し、それに応えるように8号車の声が会場中に響き渡り会場の熱は上昇します。

(株)SDR

▲3号車/リョウガ(23歳)。メインダンサー、ガリガリ担当 。イメージカラーは紫。

つづく「OVER DRIVE」ではトロッコに乗ったメンバーが会場を大移動。会場との距離をどんどん縮めながら、曲の最後には〈怖いものなんてないんだ 止められやしないんだ 後悔なんてしないんだ〉と歌い、6人の超特急としての強い意志を感じました。

(株)SDR

各々個性的な自己紹介をはさみ、ライブはしっとりした歌モノへ。「Starlight」では会場をたくさんのペンライトが星のように彩り、「Billion Beats」ではタクヤが「これからもたくさんの8号車と一緒に最高の時間を作りましょう。大好きです!」とメッセージを送りました。メンバー全員が衣装を替え、ライブはメドレーゾーンに突入。

(株)SDR

▲2号車/カイ(23歳)。メインダンサー、神秘担当。イメージカラーは青。

(株)SDR

▲6号車/ユースケ(22歳)。メインダンサー、元気担当。イメージカラーは黄。

「DJ Dominator」ではカイ(2号車/神秘担当)とリョウガとタカシがコールアンドレスポンスを交えながら会場を煽り、「Turn Up」ではタクヤとユーキとユースケ(6号車/元気担当)がキレキレのダンスバトルを披露、8号車の大きなコールとともに作り上げた「HOPE STEP JUMP」まで6曲一気に駆け抜けました。そして、「fanfare」ではカラーガード演出を披露。彼らの未来に向けてファンファーレを鳴らすように高らかに掲げられたフラッグはメンバーカラーの6色で作られており、彼らの新たな門出を祝福するようなトスやスピンなどメンバーの華麗なフラッグさばきに8号車からは歓声があがりました。

(株)SDR

8号車を挑発するような艶やかなダンスを見せた「We Can Do It!」で再び会場の熱に火をつけ、「Kura☆Kura」ではステージ中央から炎があがりライブはラストスパートと言わんばかりにキラーチューン「バッタマン」へ。「そろそろみんなの声が聞きたいなと思っていますが、どうか一緒に遊びましょう!」とユースケが奇声をあげながらステージを走り回ると、それにたきつけられるように8号車も全力でコールを返します。そんな8号車に向けてメンバーからは「大好き!」と愛の言葉のお返しと、ユーキとカイの鼻チューのサプライズに悲鳴にも似た歓声があがり、ユースケまでも「ぽんカイ(ユーキ×カイの愛称)!」と叫びながらテンションMAXに騒ぎます。

(株)SDR

▲5号車/ユーキ(23歳)。メインダンサー、ドジっ子担当。イメージカラーは赤。

(株)SDR

▲4号車/タクヤ(23歳)。メインダンサー、筋肉担当。イメージカラーは緑。

さらに「浮つきWAVES」ではカイが「みなさんタオルぶん回す準備出来てますか!?」と叫び、再びトロッコでメンバーが会場中を大移動しながら「もっと浮つけ8号車!」とタオルを振り8号車を煽りました。そして本編ラストに歌われたのは6人体制となって初めてのシングル「a kind of love」。「最高の愛の歌」と紹介されたこの曲では、6人の超特急としての決意と、〈僕には君が必要なんだよ〉というサビの歌詞からわかるようにこの先も超特急には8号車の存在が不可欠だというメッセージが込められていました。

(株)SDR

▲7号車、タカシ(21歳)。バックボーカル、末っ子担当。イメージカラーは白。

(株)SDR

アンコールのかわりとなる"超特急"コールが鳴り止まない中、始まったのは「PARTY MAKER」。MV同様のメンバーがTシャツを破り捨てるパフォーマンスでは歓声があがり、超特急随一のアグレッシブさを誇るこの曲はダンサー陣の激しいダンスはもちろん、タカシもステージを縦横無尽に走り回り、ときには腹筋をしながら歌うなど8号車を楽しませます。つづく「Burn!」ではメンバーが肩を組んで全員で〈振り切った限界をまた乗り越えて 僕はまた強くなる 諦めたくはないから〉と力強く歌ったシーンが印象的でした。

(株)SDR

この日のライブに関して、ユーキは「感無量、超スイートな1日でした!」と振り返り、タクヤは「お前ら今を精一杯生きてるか!? 今を精一杯楽しんでるか!? 俺はお前らが大好きだ!」と8号車への愛を叫び、ユースケは「ここまでいろんな準備をしてきたじゃん!けど、僕は今日準備が足りなかったと思ってる!」とカラーガードを落としてしまったミスを悔やみながらも「でも今持ってる実力は全部出した!」と付け加えました。また、カイは「みなさんが楽しんでくれることが僕たちの生きがいですので、これからも皆様にとって誇りとなる超特急になれるように突き進んでいきます。」と決意を語り、タカシは「これから超特急はもっと先の方まで突っ走っていきたいと思っている。」と話しました。

最後にリーダーのリョウガは2時間半ほぼ休みなし、過去最大の曲数だった今回のライブを「キツいの3文字で締めくくれるくらいのライブでしたけど、その分楽しい。キツいのに楽しいのがライブです。魂を削るほど楽しいのがライブなんです。」と充実感を語り、さらに「最後まで走っていきたいと思います。みなさん、走る準備できてますか!?」と会場を盛り上げ、この日の最後に始まったのは「走れ!!!!超特急」。8号車のイメージカラーであるピンク色の銀テープが舞うなか〈一緒に行こうよ 乗せていくから 乗り遅れないでね〉と8号車との絆を歌い、この日のライブの幕を閉じました。

ARINE編集部

終演後には12月にアリーナツアー『BULLET TRAIN Arena Tour 2018「GOLDEN EPOCH」』の開催の決定が発表され、会場からは大きな歓声があがりました。ライブ前に行われた囲み取材では、さいたまスーパーアリーナでのライブに関して聞かれると、自身のレギュラー番組「次ナルTV-G」で2018年の抱負として「SSAでライブ」と書き初めを書いたユースケは「まさか叶うとは。でも、何が起こるかわかりませんから。みんな健康でいよう!きょうのライブを乗り越えてからじゃないとさいたまスーパーアリーナは絶対に見えてこないと思っているので、きょうのライブを成功させて勢いに乗って頑張りたいと思います。」と意気込みを語っていました。

ARINE編集部

さらには10月からレギュラー番組「超特急と行く!食べ鉄の旅 タイ編」がスタートすることも発表され、「タイ料理屋さんに足を運んで食べるくらいタイ料理が好き」と話すカイは笑顔を見せ、タクヤは「前回の台湾は漢字があったから読み方がわからなくてもなんとなくいけたんだけど、今回は…」と不安を語るも、「そこは超特急のボディランゲージ担当のユースケが頑張ります!」とカイが記者を笑わせていました。

ARINE編集部

メンバーの脱退を乗り越え、新たに6人体制となった超特急ですが、スピードを緩めることなく走り続ける決意を表明するような、さらには8号車を誰一人置いていくことなく一緒に走り続けようというメッセージも込められたライブだったように感じました。これからも文字通り超特急で進み続ける彼らから目が離せません。まだ彼らに触れたことがないあなたも乗り遅れないように!

(撮影:米山三郎、冨田望、西村廣起、山下陽子)

<超特急 BULLET TRAIN ARENA TOUR 2018 Sweetest Battlefield>
2018年5月27日(日)@武蔵野の森総合スポーツプラザメインアリーナ セットリスト

01.超ネバギバDANCE
02.超えてアバンチュール
03.OVER DRIVE
04.Pretty Girl
05.No.1
06.SAY NO
07.One Life
08.Starlight
09.Billion Beats
10.Clap Our Hands!
11.メドレー(My Buddy~DJ Dominator~Turn Up~Yell~Rush Hour~HOPE STEP JUMP)
12.fanfare
13.DANCEナンバー
14.Feel the light
15.We Can Do It!
16.Kura☆Kura
17.Synchronism
18.バッタマン
19.BREAK OFF
20.浮つきWAVES
21.a kind of love

ENCORE
22.Party Maker
23.Burn!
24.走れ!!!!超特急

ライフスタイルの記事ランキング昨日人気のあったライフスタイルに関する記事

  1. 1≪手鏡編≫あげる前に知っておきたい【プレゼントに含まれる意味】kyonoka
  2. 2おすすめメイクボックス17選♡胸キュンコスメは収納にもこだわる。nrm_95
  3. 3【オフィスでも使える!】おすすめの”卓上加湿器”を紹介します!moririn1725
  4. 4毎日持ち歩きたくなる♡【歯ブラシケース】で女子力アップ!niwaco
  5. 5【可愛すぎ注意♡】フランフランのおすすめカーテンまとめMio
  6. 6いい香り女子になろう♡人気の【柔軟剤】10選!mayo
  7. 7さり気なくふわっと良い香り♡クローゼットに入れたいおすすめ芳香剤mnmn
  8. 8おしゃれ女子必見♡かわいいペンケースで素敵なライフスタイルを♡tamu
  9. 9髪の毛を早く乾かすグッズ&方法紹介。タオルやスプレーで時短ワザ♡mo_mo
  10. 10化粧ポーチで周りと差がつく♡【おすすめブランド8選】moon

おすすめの記事いまARINEで話題の記事

  • ついに日本上陸!フランス発・世界で大人気のプチプラブランドって?PR|ARINE公式