【デカ目メイク】自然だけど印象的な目元に!一重・奥二重向け講座も

時間をかけたメイクが実は目を小さく見せていたり、ただ濃い化粧になっていたりしてませんか?今回は、デカ目に見せたいけどナチュラルも叶えたい方必見!アイテム別のメイク術、そして一重・奥二重さんのためのデカ目メイクをご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね!
目次

【アイシャドウ編】デカ目メイク

ブラウンカラーのアイシャドウ

ARINE編集部

デカ目メイクのアイシャドウは、ブラウンなどの肌なじみの良いカラーをチョイスしましょう。
濃いめのアイシャドウだと黒目を引き立たせることができないため、目を小さく見せてしまい、薄いカラーだと目の印象が薄くなってしまいます。ブラウンカラーのアイシャドウは、程よく目元を強調できるカラーなのでおすすめです。

ゴールドなどラメ感のあるシャドウでトレンド感を出すのも◎。テクスチャでおすすめなのは、リキッドかクリームアイシャドウ。薄くのばしやすく、自然なデカ目メイクに仕上がります。

アイシャドウで囲み目

ARINE編集部

デカ目に見せるには、囲み目メイクがおすすめ。アイシャドウを下まぶたにも入れることで、ナチュラルに目の縦幅を大きく見せることができます。
囲みメイクのアイシャドウは、肌なじみがよくこなれ感のあるバーガンディカラーのアイシャドウもおすすめ。目力を出しつつ、レディで柔らかで印象的な目元になります。

縦割りグラデーション

masato_harada (ビーチ[Beach]所属)

目頭から目尻に向かって色を濃くしていく、また目頭・目尻に濃い色、まぶたの中央に明るい色を乗せたりと、縦方向に色が変わっていく塗り方の縦割りグラデーション
目尻に濃い色を置くことで、目の骨格が強調され、デカ目に見えます。また、アイシャドウが埋もれがちな一重・奥二重さんでもきれいに見せることができるグラデーションです。

【アイライン編】デカ目メイク

まつ毛の間を埋める

ARINE編集部

太いアイラインは目力は強くなりますが、二重幅が狭く見えて目が小さく見える可能性も。まぶたの上はまつ毛の間を埋めるくらいがおすすめです。
程よく目元を引き締め、やりすぎ感のない目元になり、ナチュラルなデカ目が作れます。
まつ毛の間を埋めるときは、指でまぶたを引き上げながら行うとやりやすくなります。

リキッドタイプとペンシルタイプを使い分け

ARINE編集部

ペンシルタイプのアイライナーリキッドタイプのアイライナーを合わせて使うことで、ナチュラルだけどしっかりメイクができます。
ナチュラルなペンシルタイプでまつげの間を埋め、くっきりと発色するリキッドタイプで目尻のラインを引くように使い分けると、存在感強めなデカ目メイクに。

目尻に割れ目をプラス

ARINE編集部

上まぶたの目尻から下まぶたにつながる「くの字」の部分、その真ん中に1ミリだけラインを引きます。目尻に割れ目が入り、もともと横幅があったかのように自然なデカ目に。

【マスカラ編】デカ目メイク

ビューラーで上向きまつ毛

ARINE編集部

デカ目メイクの中でもキーポイントになるマスカラですが、マスカラを塗る前にビューラーでまつ毛を根元からカールすることが大事です。
ビューラーでまつげを上げるときは、2~3回に分けてカールさせること。1回目は根元から、2回目はビューラーを45度くらいに傾けてまつ毛の中間を、3回目はまつ毛の先をカールさせるのがポイント。ビューラーではなく、ホットビューラーやまつ毛パーマも◎。

余分な液はティッシュオフ

che___24

マスカラを塗る際にダマになってしまうと、濃く見えてしまい不自然にみえます。マスカラを塗る前に、テッシュペーパーでブラシについた余分なマスカラを取り除くとダマになりにくく、均一に塗ることができます。
また、コームでとかしてあげても◎。

根元もしっかり塗る

che___24

マスカラは根元にしっかり液をつけることでキープ力も上がり、毛先が重くてカールが下がってしまう心配も解消されます。
塗り方のポイントはマスカラをまつ毛の根元に3秒程当ててから毛先に向けてひと塗りすることです。重ね塗りをすると、カールが下がりやすいのでひと塗りがおすすめ。よりキープ力を高めたい時はマスカラ下地を使ってみて。

【アイブロウ編】デカ目メイク

目と眉の距離を縮める

ARINE編集部

デカ目に見せるためには眉にもポイント。眉と目の距離が近いほうが目が大きく見え、彫りが深く見えるので、眉下のラインを足します
太すぎてしまうと不自然なため、眉下に2ミリ程度書き足しましょう。

短い太眉

ARINE編集部

眉は太くて短いほうが目元が強調されるため、短太眉を意識しましょう。先ほどの眉下にラインを足すことで太さを出し、眉の長さは、眉尻を口角と目尻の延長線上にすることでバランスのよい短太眉になり、デカ目に見せることができます。

ふんわり眉

ARINE編集部

ふんわり眉は、若々しく見せるだけでなくデカ目に見せるポイントも。全体をぼかしたり筆で、眉マスカラを塗る際に毛を立たせるようにすることでふんわり眉ができます。
また、一通り眉メイクが終わった後に、黒目の上部分にのみパウダーで色をプラスし、濃くすることで黒目が強調してデカ目に見せるテクニックも。

【上級編】デカ目メイク

涙袋を描く

ARINE編集部

ぷっくりとした涙袋は目を大きく立体的に見せるため、デカ目を演出できます。
涙袋があまり目立たない方でも、メイクでつくることができます。

自分の肌の色よりやや濃いめのアイシャドウで涙袋の影を書き、ホワイト系のハイライトカラーを影の内側部分にのせれば、涙袋メイクのできあがり!一見難しそうですが、お持ちのメイク道具で簡単にできます。不自然にならないよう、影は少しずつ足してみて。

コンシーラーで陰影を残す

ARINE編集部

コンシーラーで下まぶたまでカバーしてしまうと、目が小さく見えてしまったり、単調な顔に見えてしまうため、目元の自然な陰影を残すことが大事です。
目頭の下を少しあけたところから斜め下にコンシーラーをのせ、そこから斜め上に、下まぶたには塗らないように、クマなどを隠していきます。あえて目の下にコンシーラーをのせないことで自然な陰影ができ、デカ目に見せることができます。

コントゥアリングでバランスを整える

ARINE編集部

顔全体にコントゥアリングすることも、大切なデカ目メイク方法です。
シェーディングで顔を引き締めることで目元にグッと印象をひきつけてデカ目に見せることができます。さらに、ハイライトを入れて顔に立体感を出すことも大切。
コントゥアリングは、のっぺりとした顔の形に悩む方にはぜひ活用してほしいメイク方法の1つです。

ナチュラルなカラコンで目の印象UP

ARINE編集部

カラコンはデカ目に見せるために使えるアイテムですが、ただ大きい黒目は不自然な目元にみえてしまいます。普段使いでデカ目にみえるナチュラルな印象にしたい方は、茶色などの少し薄い色の単色を選ぶのがおすすめ。
また、2色以上使われているグラデーションのカラコンは、さまざまな色味が自然な立体感や透明感をだしてくれるため、こちらもナチュラルなデカ目を演出したい方にぴったりです。

【一重・奥二重さん】のためのデカ目メイク講座

1. ブラウンメイクで自然な立体感

Masatoshi Yamanouchi (スターベリー 逗子店[STARBERRY]所属)

一重・奥二重さんは、馴染みやすく、まぶたに自然な陰影をつくブラウンカラーがおすすめです。ブラウンを使うと、顔に陰影ができ、立体的な顔立ちになるだけでなく、目の範囲を広げて、目は大きく、華やかな顔立ちに見せることができます。

2. アイシャドウで目の横幅を広げる

ARINE編集部

デカ目になりたい一重・奥二重さんにとって大切なのは目の横幅を広げることです。目の横幅を広げるポイントは、淡いアイシャドウをアイホール全体に、締め色は目尻にだけのせることで、目の縦幅を大きく見せる事ができます。
また、下まぶたの目頭にハイライトカラーをのせるとより印象的になります。

下まぶた目尻にもアイシャドウ

HAIR

下まぶた目尻にもアイシャドウをのせると、色をのせた場所までが目の縦幅に見えるため、縦幅拡大したい一重・奥二重さんに必須のテクです。
この時のせるアイシャドウはアイホールに広げたものと同じ色を使いましょう。白っぽい色を使うとぼやけるので注意です。

4. まつ毛をグッと上げる

まつ毛を上げるとデカ目に見えるのは、目の形に問わず大事なポイントです。まつ毛の根元が隠れがちな一重・奥二重さんは、鏡を顔より下の位置で持ち、伏し目になるようにすると見えやすくなります。
そして、一重・奥二重さんはまつ毛が下がりやすいため、根元~毛先までカールしたあとにもう一度根元を上げるとカールが持ちます。

ポイントを押さえてデカ目メイクをマスターしよう

HAIR

今回はアイテム別のメイク術、一重・奥二重さん向けのデカ目メイクをご紹介しました。デカ目メイクは目だけでなく、顔全体を立体的に見せることや、足すポイントと引くポイントを押さえることが大事です。
今まで濃くなりすぎていた方は、もう一度メイク法を見直して自然なデカ目を演出しましょう。

※写真はすべてイメージです。
※一般的な使用方法をご紹介しています。製品の効能・使用法は、各社製品によって異なる場合もございます。各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。
※一部の商品はブランドより商品提供を受けております。

メイク・コスメの記事ランキング昨日人気のあったメイク・コスメに関する記事

  1. 1落ちにくいリップティントおすすめ10選《韓国ブランドもオペラも》ARINE CATAL...
  2. 2すっぴんメイクのやり方!素肌感&血色感リップでお泊りデートも◎kyonoka
  3. 3【イエベ春・秋】あなたに似合うメイク・髪色・ファッションは?ARINE CATAL...
  4. 4抜群のコスパ!無印の化粧水は今すぐ使いたい優秀コスメでした♡miretan
  5. 5クリームアイシャドウでツヤ感を♡プチプラデパコスおすすめ10選ARINE CATAL...
  6. 6【アイブロウおすすめ人気アイテム20選】眉毛の形別に描き方も紹介ARINE CATAL...
  7. 7キャンメイクグロウフルールチークス♡人気色&ブルべ・イエベ向けもsaki_my
  8. 8人気のパウダーファンデーション20選!選び方や塗り方のコツも紹介ARINE CATAL...
  9. 9じわじわ人気がきてる!?「リップフォンデュ」が気になるhrkz
  10. 10おすすめのクリームチーク紹介♡じゅわっとチークで発色長持ち!saki_my

おすすめの記事いまARINEで話題の記事

  • ハリもツヤも全部欲しい!今使いたいイオナのシンプルスキンケアPR|ARINE公式
  • コスパよし!【SURISURIローション】で触れたい肌を目指そうPR|ARINEレポート
  • 人気のパウダーファンデーション20選!選び方や塗り方のコツも紹介ARINE CATAL...
  • 【アイブロウおすすめ人気アイテム20選】眉毛の形別に描き方も紹介ARINE CATAL...