少ない服でオシャレするワードローブの揃え方。着回しのコツも紹介

「部屋の収納スペースを考えると多くのお洋服は持てない…」という人も少なくないのではないでしょうか?少ない服でもワードローブもミニマムにして、上手に着回すことができますよ!何をどうミニマムにしたらいいのか、ワードローブの揃え方を紹介します。
目次

初めに揃えたいおすすめ定番スタイル

WEAR

少ないアイテムでおしゃれを楽しむには、ファッションコーディネートを効率よく行うのが大切なポイントです。これだけあれば十分に着回しができる、初めに揃えるべき基本の定番スタイルをご紹介します。

着まわしやすいトップス編

ZOZOTOWN

トップスはできるだけシンプルでスッキリしたデザインのものがあれば、どんなシーンでも着ることができます。

最初は白やベージュ、黒といったベーシックな色があるといいでしょう。

また、シンプルだからこそボトムスやアウターを選ばず、どんなアイテムとも相性が良くなりますよ♪

ボトムス・ワンピース編

ZOZOTOWN

1枚で華やかな印象になるワンピースは、オンオフ両方で大活躍してくれます。初めの1枚としては、黒のシンプルなワンピースがいいでしょう。

体型をカバーしたいなら、Aラインのワンピースを選ぶと、シルエットがきれいになります。

ボトムスは、パンツならドレスパンツとジーンズがあればオンオフどちらにも対応できます。

スカートは丈やシルエット、素材などを吟味して。エレガントに見せたいのか、キュートに見せたいのか、大人っぽく演出したいのかによって、素材や長さを選びましょう。

1枚で大活躍のアウター編

WEAR

アウターで1枚持っておきたいのは、黒か紺のジャケットです。デニムスタイルでもキレイめに決まるので、重宝しますよ♪

サイズはだぶつかないジャストサイズがおすすめです。バランスの良いサイズの目安は、顔の幅と左右の肩幅=1:1:1になっていることですよ。

試着したら、鏡を真正面から見て確認してみましょう。また、丈もお尻の半分が隠れるくらいのものを持っておくと、幅広いアイテムと合わせやすくなります。

ミニマムワードローブでオシャレするコツ

WEAR

ワードローブにアイテムが少ないと、いつも同じ服を着ていると思われるのでは?と心配になりますよね。しかし、コーディネート次第でミニマムなワードローブでもしっかりお洒落が楽しめるのです。いくつかコツがあるので、紹介します♪

シーズン毎のアイテム数を決める

WEAR

合計10着あれば事足りるというミニマリストもいますが、最初から減らしすぎることはありません。シーズンごとに自分が持つアイテムの数を決め、少しずつ減らして行きましょう。

最初に枚数を決めておきたいアイテムは、トップス、ボトムス、ワンピースです。アウターとインナーは別で数えましょう。そうすれば、トップス、ボトムス、ワンピースで15着でも、そんなに困らないと思いませんか?

シーズンごとに15着ならミニマリストでなくても十分な着回しができます。もし2年以上着ていない服や、汚れたり破れたりしている服があれば、思い切って捨ててみましょう。

着回しが利くベーシックなアイテムを選ぶ

WEAR

トレンドを取り入れたいお洒落さんの気持ちはわかりますが、服を選ぶ時は着回しのことを考えて、定番のシンプルなデザインを選びましょう。

インパクトの強い色やデザインの服だと、すぐに覚えられてしまいますし、ワードローブの中に合うアイテムを見つけるのも大変になります。

定番のデザインは、飽きがこない上に流行にも左右されないので、長く着られるという利点もあります。いいものを長く着るという視点で選んでみるのもおすすめですよ♡

靴やバッグ、小物使いで垢抜ける

WEAR

ファッションのポイントになる靴やバッグは、シンプルコーデのアクセントになります。

靴もバッグもシーズンごとに違うアイテムがあると、グッと季節感が出ますので、冬のブーツ、夏のサンダルはワードローブに加えておきたいところです。

そして、シンプルでベーシックな白のパンプスは、ミニマムなワードローブに必須のアイテムです。フェミニンなワンピースだけでなく、カジュアルな洋服に合わせてもイメージを変えるのに抜群の効果があり、着回しの幅がグンと広がります。

ワードローブを購入する際の注意点

ZOZOTOWN

ワードローブをミニマムにしたいなら、購入する時に注意が必要です。何も考えずにただ気に入った服や小物を買っていくと、どんどん増えていくばかりになってしまいます。どんな点を守ればよいのでしょうか?

試着してから購入する

WEAR

最近はネットでワードローブを購入する人も多いと思います。もしネットで購入したとしても、必ず試着をして、もしサイズや着た印象が違う場合は、返品交換をしてもらいましょう。

服は、写真や店舗で見た時と、自分で着てみた時のイメージが違うことがよくあります。試着すればサイズ感や似合う似合わないもすぐわかるので、無駄な買い物を防ぐことができます。

1つ買ったら1つ手放す

WEAR

ワードローブがどんどん増える理由の1つは、買い足した時、不要なアイテムを捨てないからです。

つまり、1つ買う時は1つ捨てる、3つ買ったら3つ捨てるといったルールを守れば、ワードローブがゴチャゴチャになることはありません。

逆に言えば、捨てるものがないなら、買わないという選択もありなのです。

目指せミニマムアイテムでおしゃれ上級者

WEAR

シーズンごとに10着など、数を決めてワードローブをいつもミニマムな状態にしておくと、厳選したアイテムを買おうとするので、センスが磨かれ、おしゃれ上級者になれます。

クローゼットがいつもスッキリ片付いていることで、持っているアイテムがわかりやすく整理でき、コーディネートもしやすくなりますよ。

ミニマムなワードローブで、おしゃれ上級者を目指してみませんか?

※画像は全てイメージです。

ファッションの記事ランキング昨日人気のあったファッションに関する記事

  1. 1話題の『シミラールック』でさりげなくお揃い♡おすすめコーデ30選narumottin
  2. 2【メンズ】レザージャケットおすすめ着こなしコーデ16選!Takuma
  3. 3プリーツパンツで始める私の着まわし物語♡《コーデ29選》koto.19317
  4. 4【2022年】秋冬に使える!シャツワンピの上手な着こなし方23選stsuki
  5. 5流行りの【チロリアンテープ】って何?使い方やおしゃれアイテム解説chaaaa4
  6. 6白スニーカーの靴下はどうする?チラ見せで差をつけようふろこ
  7. 7おしゃれは足元から。【チェルシーブーツ】で大人っぽい雰囲気に♡IKumi
  8. 8ツイリースカーフって知ってる?かわいい巻き方やコーデを徹底解説ふろこ
  9. 9【15選】秋冬の“おしゃれなメンズコーデ”と着まわせる服を解説!keigooo
  10. 10《願いを込めて♡》左右や色によって変わるアンクレットの意味とは?Sayu

おすすめの記事いまARINEで話題の記事

  • 楽天お買い物マラソン|次回開催はいつ?攻略法とおすすめ商品を紹介ARINE編集部
  • 次回のAmazonタイムセール祭りは3月12日から!攻略法や事前準備、おすすめ商品ARINE編集部