今さら聞けない!のし選びから出産祝いの書き方まで1から徹底解説

みなさんはお祝い事でよく耳にする、「のし」が何かわかりますか? いざお祝いをするとなったとき、知らないと困るのが「のし」や「水引」の選び方。今回は、みなんさんが意外と知らない、出産祝いの「のし」について徹底解説していきます!のしの選び方や書き方で迷った方は、ぜひ参考にしてみてください。
目次

出産祝いの【のし】ってなに?

「のし」とは、出産祝いや結婚式の内祝いなど、フォーマルな贈り物のシーンで添えられる飾りのことを指しています。このあとに説明する、のし紙自体を「のし」だと思っている人が多いですが、正しくはのし紙の中央右上にある飾りのことをいいます。
元々は掛け紙の上に、中央のひもである水引とのしを添えていましたが、最近では紙面に水引とのしのデザインが印刷されているものがほとんどとなりました。

出産祝いの【のし紙】ってなに?

のし紙とは、水引とのしを印刷した紙で、のし紙を品物にかけて相手に贈ります。店やデパートで買う贈答品には、こののし紙をかける場合がほとんどです。
出産祝いののし紙は、紅白で7本の上向きのちょう結びの水引に、のしのついたものを選びます。のし紙は種類によって意味がまったく変わってくるので、間違えないように気をつけましょう。

「内のし」と「外のし」のどっちがいい?

のしには、のしをかけてから包装紙でプレゼントを包む「内のし」や、包装紙でプレゼントを包んでからのしをかける「外のし」があります。「内のし」は一般的に<郵送の場合>で使われ、表書きが包装紙で隠されているため、控えめな表現をしたいときに用いられます。「外のし」は一般的に<手渡しの場合>に使われ、表書きが見えるため、どのような目的で誰からの贈り物なのか、一目でわかります。
出産祝いの場合は「外のし」、お返しである出産内祝いの場合は「内のし」が適切です。

出産祝いの「のし」って必要?

出産祝いの"のし"は、基本的にはつけるべきでしょう。
相手にとっては、同じ時期にたくさんの人から出産祝いが贈られてきます。のしがついていると誰からもらったかわかり、出産内祝いを贈るときにも助かります。
また、上司やお世話になった人への贈り物であれば、「常識がない」と思われないためにも、のしをつけることをおすすめします。

出産祝いで「のし」をつけない場合とは?

出産祝いだけでなく、のしをつけなくてよい例として、ラッピングにリボンがかかっている場合があげられます。
じつは、リボンとのしの両方をつけるのはタブー。出産祝いでのしをつけたい場合は、リボンをかけずにラッピングをして、のしをつけましょう。

出産祝いの「のし」を書くときのポイント

出産祝いののしを書くときに気をつけるポイントは、濃い色の墨の筆ペン、または筆で、楷書でていねいに書くことです。ボールペンや万年筆は避けましょう。
また、名前は表書きよりもやや小さめに書き入れます。

出産祝いの「のし」の書き方

【出産祝いの"のし"の書き方1】表書き

出産祝いの"のし"にふさわしい表書きは、死の文字を連想させる「四文字」を避けた「ご出産祝い」や「御出産御祝」が一般的で、どのお祝い事にも使える「御祝」も広く使われています。
また、表書きが水引やのしに被らないように注意しましょう。

【出産祝いの"のし"の書き方2】名前

出産祝いにおいて、贈り主の名前は水引の下に記載します。
<職場>の場合は、職位や年齢が上の人を中心に書き、順に左に並べて書きます。
<夫婦>の場合は、男性が右、女性が左で名前を書きます。
立場が同じ複数人の場合は、50音順に書きます。あまり多くなる場合は「○○一同」とまとめて書くこともあります。

【番外編】出産内祝いの「のし」の書き方

出産祝いのお返しである「出産内祝い」の場合、のし紙は出産祝いと同じもので大丈夫です。
表書きは水引の上に「内祝」と書き、その下に赤ちゃんの名前だけを記入します。
内祝いを贈る夫婦の名前ではなく赤ちゃんの名前を書くのは、出産祝いをいただいた方に、赤ちゃんの名前をお披露目する意味もあるのだとか。名前にふりがなを振ることも忘れないようにしましょう。

出産祝いで「のし」をつけ忘れてしまったら?

出産祝いで、うっかりのしをつけ忘れてしまうこともあるかもしれません。
もしリボンがかかっておらず、メッセージカードも添え忘れてしまった場合、手渡しであれば渡すときに口頭でお祝いの言葉を伝えましょう。
郵送で送ってしまった場合は、相手からお祝いが届いたと連絡がきたときに、お祝いの気持ちを伝えれば大丈夫です。

正しいのしを選んで、心のこもった出産祝いを♡

出産祝いののしの選び方や書き方を紹介していましたが、いかがでしたか?
初めて出産祝いを贈るとなると、誰でもわからないことだらけです。でも、マナーを理解して包むことができれば、恥をかくことなく、相手に喜んでもらえる出産祝いを贈ることができますよ♪

※画像はすべてイメージです。

恋愛の記事ランキング昨日人気のあった恋愛に関する記事

  1. 1「きゅん」が止まらない♡あざと可愛い服装で彼とのデートを攻略!niwaco
  2. 2付き合う前の電話はどこまでOK?女性が気になる質問答えます♡maaya
  3. 3【男目線】手放したくないと思わせる女性の特徴厳選まとめ6選☆taishin
  4. 4男性心理は本命女性に対してどう動く?なるための方法もふろこ
  5. 5クリスマスにお家デートはいかが♡お家デートの魅力&プランを紹介!daiana_ay
  6. 6顔がタイプじゃない男性とのお付き合いの魅力とは?おすすめの理由もふろこ
  7. 7好きな人と手を繋ぎたい【付き合う前に気になるカレと手を繋ぐ方法】Hiro
  8. 8ボディタッチで腰に手を回す男性心理。脈ありボディタッチ3つふろこ
  9. 9男性にモテそう?ドジっ子でかわいい「天然女性」の特徴12個を紹介chucky
  10. 10思わず抱き寄せたい!かわいい《犬系女子》の特徴と行動パターン♡Asari

おすすめの記事いまARINEで話題の記事

  • 「ビーグレン トライアルセット」の口コミは?編集部が検証レビューARINEレビュー
  • 【ミラブルplus】の口コミ評判は?編集部が実際に使用して検証!PR|ARINEレビュー
  • 脱毛ラボホームエディションの口コミや効果は?編集部が徹底レビューPR|ARINEレビュー