【着痩せコーデの基本】「痩せた?」と思わせるコーデ・テクニック集

スリムに見える”すらっとした着こなし”は女性にとっての憧れです。そこで今回は、着痩せをして見せるコーデテクニックをはじめに、カバーしたい【部分別コーデ】、シーズンに合わせた【季節別コーデ】を特集! 洋服は着る服の形や配色によって、見た目が大きく左右されます。周囲から「痩せた?」と思われるコーデを作るためにも、ぜひ参考にしてみてください!
目次

【着痩せ】コーデに見せるポイントは?

ARINE編集部

【着痩せ】とは、主に目の錯覚によるもの。
そこで重要となるのが、太って見えやすい【膨張色】と、痩せて見えやすい【収縮色】を使い分けることです。これらのカラーを上手く組み合わせることで着痩せコーデを作ることができます。

ZOZOTOWN

また、3首と呼ばれる【首・手首・足首】を見せることで着痩せをしたかのように見せることができます。
それに加え、二の腕やふくらはぎなどの気になる太見え部分をカバーしてくれるような洋服を選ぶと、より着痩せ効果を感じさせてくれます。
自分の体型をより細く見せるというよりかは、自分の体型を活かしながら、コーデを美しく見せることを意識してください!

【着痩せコーデの基本】ポイント・コーデまとめ

ZOZOTOWN

すぐに痩せることは難しいですが、着痩せのコツを知っていれば体型をカバーしつつ、おしゃれをもっと楽しむことがきでます。
以下でご紹介する【着痩せコーデの基本】を参考にしながらぜひコーデを作ってみてください。

▼1. 着痩せコーデの基本【色選び編】

まずは、着痩せコーデの基本【色選び】から解説します。
「鏡の中の自分が着膨れで丸く見えることがある」そんな経験がある方もいるのではないでしょうか。同じデザインの服でも、色の明るさや濃さによって太く見えたり細く見えたりすることがあります。そのため、痩せて見える色を上手くコーデに取り入れていきましょう。

※【収縮色】【膨張色】について詳しく!

まずはじめに、【収縮色】と【膨張色】の特徴を簡単にまとめました。

▼痩せて見やすい【収縮色】
黒やネイビー、青など”寒色系”カラーのこと。影のように見えるため、実際よりも物の面積が小さく見えやすい。

▼太って見えやすい【膨張色】
白やベージュなど”薄め”カラーのほか、赤・ピンク・オレンジ・黄色などの”暖色系”カラーのこと。光が反射したように見えるので実際よりも膨らんだように見えやすい。

基本的な着痩せコーデには欠かせないのは【収縮色】ですが、全体的に組み合わせてしまうと重たい印象を与えてしまうことも。そのため、以下でご紹介する着こなしのポイントを参考にしてみてください。

【収縮色】を使ったおすすめ着痩せコーデは?

ZOZOTOWN

まずは同系色でまとめたコーデから。
スナップのように、トップスとボトムを同系色にすることで、上下に繋がりが生まれ、縦に長さを演出してくれます。気を付けたいのが、同系色といっても、全身を1色でまめること。全身がぼやけ、間延びした印象になってしまいます。ネイビーとブルーの組み合わせは、若々しく爽やかなコーデに仕上がります。

ZOZOTOWN

また、明るめのカラーを取り入れたいときはカラーパンツをコーデに取り入れるのがおすすめ。
はっきりした色のトップスと、ボトムを合わせてしっかりコントラストを演出しましょう。そうすることで、重たい印象になり過ぎないスッキリとしたカジュアルコーデが完成します。

【膨張色】コーデを楽しみたいときは?

ZOZOTOWN

ピンクやパステルカラーなど淡いカラーも色の重さを意識することで着痩せコーデは作れます。
ポイントは”トップスを淡い色”、”ボトムを濃い色”など、下に重い色を持ってくること。バランスの良い女性らしさ溢れるコーデに仕上がります。
また、膨張色でコーデするときも、トップスとボトムスを同系色で揃えることで、縦ラインを強調して見せることが出来ます。

ZOZOTOWN

膨張しがちな、白ブラウスも着こなし方によって着痩せコーデに見せることが出来ます。ホワイトのゆるっとしたトップスに、収縮色のボトムスを合わせることで、コントラストが生まれ全体にメリハリが出るので引き締めて見せてくれるので試してみてください。

▼2. 着痩せコーデの基本【柄編】

続いては、着痩せコーデに取り入れたい【柄】について。
柄物は上手く使いこなすことで着痩せコーデに活躍してくれるアイテムです。ただ、柄の主張が強すぎると太って見えてしまったり、老けて見えたりすることも。「柄物が好き!」という方は、柄の強さに注意してコーデを考えてみましょう。

【柄物】を使ったおすすめ着痩せコーデは?

ZOZOTOWN

まずは、コーデに取り入れがちな【ボーダー】から。
ボーダーは横模様のため、膨張して見えやすいのが難点。そのため、ボーダーをコーデに取り入れるときは、ボーダーの太さが”ランダム”なデザインになっているものや、”縦のストライプ柄”を用いるのがおすすめ。
また、等間隔のボーダーの場合であれば、太すぎず細すぎない適度な幅のボーダーを選ぶようにしましょう。

ZOZOTOWN

人気なデザイン【花柄】を選ぶときにもポイントがあります。
間違えると太見えしてしまう花柄は柄の大きさや配色が重要。花柄が大きいものを選ぶときは、基本的に濃色ベースがおすすめです。花柄が膨張することなく引き締まった印象に見せることが出来ます。また、体にボリュームがある方が大きめの花柄を着てしまうと重たい印象に見えがち。コーデにメリハリを付けるためにXシルエットを作れるフレアスカートを選ぶようにしましょう。

ZOZOTOWN

また、【小花柄】のスカートを使ったコーデもおすすめ。
コーデのベースも青系統でまとめることで印象を引き締めましょう。トップスはスナップのようなネイビーなどを合わせるとシルエット全体がスッキリとまとまって見えます。スナップのようなフレアスカートなら裾が広がっているため、ウエストの細さも強調して見せてくれます。

▼3. 着痩せコーデの基本【シルエット編】

そして、着痩せコーデの基本【Xライン・Iライン】
【X】【I】のアルファベットの形をコーデで意識することで着痩せをしたかのように着こなすことが出来ます。ぜひ以下で紹介するポイントを参考にしてみてください!

※【Xライン】【Iライン】について詳しく!

▼ウエストを意識した【Xライン】
胸が大きい人、上半身にボリュームのある人におすすめ。文字通りアルファベットの”X”に似たシルエットになるよう、ウエスト位置をベルトで締めたり、ウエストにリボンがついた服を選んだりとウエストを強調してみましょう。

▼縦ラインを意識した【Iライン】
お腹周りが気になる人におすすめ。上半身から下半身まで”I”の形を意識し、縦長を強調したコーデを作りましょう。タイトスカートや、生地が落ちるロングカーディガンを羽織るなどすっきりとまとめることがポイント。同系色でまとめるのも◎。

【Xライン】を使ったおすすめ着痩せコーデは?

ZOZOTOWN

収縮色のトップスにフレアスカートを合わせればXラインが完成。
ボリュームたっぷりの落ち感のあるフレアスカートは、お尻・太ももなど気になる部分をカバーして見せてくれます。サッシュベルトをウエストに巻けばより着痩せコーデに仕上げることが出来ます。

ZOZOTOWN

ウエストをベルト等でマークできるワンピースもおすすめ。
ワンピースは、ウエスト下を末広がりに見せることが出来るのでXラインが強調されます。また、薄手のシフォン素材でも”収縮色”を合わせば身体のラインを拾うことなく着こなすことが出来ます。
さらに、スナップのようなワンピースの場合、前ボタンを開けて羽織にもできるので、後ほどご紹介しますが、羽織でIラインを作ることが出来るのも魅力。

【Iライン】を使ったおすすめ着痩せコーデは?

ZOZOTOWN

ワンピースにシアーシャツを合わせたコーデ。
Iラインは個々のアイテムでも作れますがレイヤード(重ね着)を活かすのもおすすめ。スナップのうような透け感があるシアーシャツは程よくゆったりとしたシルエットなのでレイヤードにすることで女性らしいこなれ感が漂うコーデが完成します。ワンピースはスナップのような落ち感のあるデザインが◎。動きのあるIラインに仕上がります。

ZOZOTOWN

また、タイトスカートでIラインを作るのもおすすめ。
スッキリとしたデザインのタイトスカートは縦ラインを強調して見せてくれます。白のトップスも、スナップのような収縮色を合わせればカジュアルになりすぎず大人っぽく着こなせます。腰にスカーフベルトでXラインを作ってあげればXラインを表現しつつ、こなれ感をプラスしてくれるので試してみて。

着痩せして見せたいのは【上半身】【下半身】?

【上半身ボリュームタイプ】
・上半身のボリュームに比べて足が細く見える。首が短く見えやすく肩周りが太って見えやすい
【下半身ボリュームタイプ】
・下半身のボリュームに比べて上半身が華奢に見える。お尻が大きく、下腹から下にかけて肉付きが良い

それぞれの体型によって、コーデを作るときのポイントは異なってきます。そのため、【上半身】【下半身】に分けトップス・ボトムス選びのポイントを紹介していきます。

▼【上半身】を華奢に見せたい人のトップス選びは?

ZOZOTOWN

顔周りの着痩せにおすすめなのは【Vネック】
上半身にボリュームがあるタイプは、体型をカバーするためにハイネックを選びがちですが、さらに体を大きく見せてしまう原因となってしまうことも。
そこで、顔周りを細く見せるために、首周りが大きめに開いたトップスでデコルテラインを出すことでスッキリとして見せましょう。

ZOZOTOWN

また、ヒップまで隠れるくらいの【チュニック丈】もおすすめ。
上半身をさり気なくふわっとカバーして見せてくれます。寒くなる秋冬にニットを取り入れたい場合は首元にゆとりがあるオフタートルのニットをコーデに取り入れてみてください。

ZOZOTOWN

さらに、【手首の見える】デザインのトップスもおすすめ。
そのときは、細身のボトムスを組み合わせると、シルエットにメリハリができて下半身の細さを強調してくれるのでおすすめ。トップスは、膨張色を選ばないように注意してみてください。

▼【下半身】を細く見せたい人のボトムス選びは?

ZOZOTOWN

下半身を痩せて見せたいときにおすすめなのが、【Aラインで長めのフレアスカート】
落ち感のあるフレアスカートを合わせることで太い脚をカバーしつつ、縦ラインを強調してくれてくれます。トップスは黒やネイビーなどの収縮色を合わせることでよりスタイリッシュに見せてくれます。

ZOZOTOWN

また、ヒップラインを隠してくれる【ワイドパンツ】もおすすめ。
元々ボリューム感のあるボトムスを選ぶことで、お尻や腰周りをスッキリ見せることが出来ます。また、後ろ姿もキレイに表現してくれるのもポイント。さらに、幅広なタイプを選べば、太ももから膝下にかけて細くなっているので下半身を着痩せして見せることもできます。

【体型別】着痩せコーデ&ポイントは?

■【りんご体型】さんのあなた

ZOZOTOWN

【りんご体型】さんは、細い脚を活かしてコーデを作るのがコツ。
ボリュームのある上半身は、Vネックでスッキリさせつつ、ボトムはスキニーパンツや短めのスカートを合わせて視線を上半身から逃がしましょう。上半身を着痩せして見せることで脚とのボリューム差をカバーし、スレンダーに見せることができます。Iラインを作るように意識してみてください。

■【砂時計体型】さんのあなた

ZOZOTOWN

【砂時計体型】さんの、Xラインを活かしてウエストにポイントを置くのがコツ。
元々の女性らしいラインを活かして、トップスをタイトスカートにインしたコーデがおすすめです。また、ウエストラインを絞れるワンピースもキレイに着こなすことが出来ます。

【洋ナシ体型】さんのあなた

ZOZOTOWN

【洋ナシ体型】さんは、上半身にボリュームをプラスすることで下半身とのバランスをとるのがコツ。
細い上半身を活かして、トップスは単色の膨張色を、ボトムスは、気になる下半身をカバーするために濃色の収縮色を合わせましょう。そうすることでコントラストが生まれ、スタイリッシュに着こなすことが出来ます。

【部分別】着痩せコーデ&ポイントは?

【顔周り】Vネックでデコルテ見せて

ZOZOTOWN

「頬やあごがぽっちゃり見えてしまう」そんな顔周りを気にする方は、Vネックがおすすめ。
顔周り・デコルテをスッキリと見せ、明るくシャープに見せましょう。おすすめのネックラインを以下にまとめたので参考にしてみてください!

【着痩せコーデに取り入れたいネックライン】
Vネック、Uネック、ボートネック、ハートネック、スクエアネック

【太って見えがちなネックライン】
クルーネック、タートルネック

【二の腕】ボリューム感のあるスリーブトップスでカバー

ZOZOTOWN

二の腕をカバーしたい場合は、梨袖にボリュームがあるトップスがおすすめ。
そのときのボトムスは、細身のパンツを合わせたり、落ち感のあるスカートを合わせることでメリハリのある着痩せコーデに仕上がります。

【ぽっこりお腹】ハイウエストデザインでメリハリを

ZOZOTOWN

お腹周りを細く見せるには、ハイウエストデザインのボトムスがおすすめ。
ローウエストの場合、下腹のぽっこり感が目立ってしまうこともあるので避けるのが◎。トップスは、軽くインしてあげるのがポイント。「Xライン」を意識してコーデを作ってみてください。

【お尻】ボリューム感のあるプリーツスカートでカバー

ZOZOTOWN

お尻や腰周りの着痩せには、プリーツスカートなど幅広なボトムがおすすめ。
ヒップラインを上手く隠してくれるので後ろ姿もキレイに着こなせます。きれいなシルエットを作ることができますよ。

【年代別】着痩せコーデまとめ!

【30代】の方は品のあるカジュアルさを演出した着痩せコーデ

ZOZOTOWN

30代の大人女子の皆さんは、ナチュラルでありながら上品さを兼ね備えた着痩せコーデを目指したいはず。
スナップのような、ゆとりのあるシャツとパンツを合わせることで品のある飾り過ぎないカジュアルコーデが完成します。

【40代】の方はメリハリを意識した着痩せコーデ

ZOZOTOWN

メリハリを出して若々しく着こなしたい40代の皆さんは、ウエストを意識してみてください。
重ね着やトップスにボリュームのあるアイテム組み合わせたら、パンツや足元はスリムなシルエットを意識させるのが◎。スタイル良く見せることが出来ます。

【50代】の方は落ち着いた色合いの着痩せコーデ

WEAR

ファッションを楽しみたい50代の皆さんには、華やかさのある落ち着いた色のコーデがぴったり。
ホワイトのパンツとグレーのトップスといった同系色でまとめることで落ち着いたキレイめコーデが完成します。

【季節別】着痩せコーデまとめ!

【春】はパステルカラーを上手く使った着痩せコーデ

WEAR

春らしいパステルカラーを上手く取り入れた着痩せコーデ。
ボトムスは黒などで引き締めて見せてくれるものを選んでスタイリッシュに着こなすことがポイント。スナップのように、パステルカラーの中でも寒色系を選ぶとより着痩せして見せることができます。

【夏】は上手く露出を取り入れた着痩せコーデ

WEAR

トップスとボトムスを同系でまとめたカジュアルな着痩せコーデ。
コーデにまとまりと縦のラインを強調してくれるので露出の多い夏コーデも楽しめます。

【秋】はトレンドライクな着痩せコーデ

WEAR

すとんとしたシルエットのパンツを合わせてトレンドライクな着痩せコーデ。
トップスは、濃いめのブラウンでメリハリを意識して。シャツやベストでヒップラインもカバーできるので着痩せファッションが叶います。

【冬】はレイヤードで上手く着痩せコーデ

ZOZOTOWN

重ね着する季節はどうしても着ぶくれしてしまいがちになりますが、中に着るアイテムで調整することで着痩せコーデが完成しますよ。
ボリューミーなパーカーの中にレースネックのトップスを合わせるとカジュアルな印象に。また、コートを羽織るときにはできるだけタイトなコートを意識することで全体的に引き締まった印象に。また、コートの色選びも気をつけてくださいね。

着痩せコーデを活かして「痩せた」と思わせて

ZOZOTOWN

痩せることは難しくても、着痩せコーデはコツを知っていれば少しの工夫で体型をカバーしつつ、おしゃれを楽しむことがきでます。
今回ご紹介してきた、【着痩せコーデの基本】を参考にしながら、ぜひコーデを楽しんでみてください。

※画像は全てイメージです

ファッションの記事ランキング昨日人気のあったファッションに関する記事

  1. 1【2021秋冬】”シンプル”がおしゃれ♪大人カジュアルコーデ特集rabbit055
  2. 2【レディース】ジレの注目着こなし術&おすすめコーディネート集♪akak
  3. 3【2021女子会コーデ】これでキメて♡シーン別おすすめコーデ特集saki0122
  4. 4【2021年】秋冬に使える!シャツワンピの上手な着こなし方23選stsuki
  5. 5デニムシャツでいろいろなテイストに。レディースコーデ13選ご紹介Hitomi
  6. 6足元からお揃いに♡カップルにおすすめの《ナイキ》ペアスニーカー集sy
  7. 7【もう透け感で悩まない】白Tシャツに合わせたい優秀インナー特集♡yuzuki
  8. 8夏でも私はスエードパンプス♡おしゃれに着こなすコーデをご紹介!Asari
  9. 9最近キテるらしい…GOYARD(ゴヤール)サンルイの全てを解説♡Hitomi
  10. 10【大人気ユニクロ】色別リネンシャツコーデ特集♡errie

おすすめの記事いまARINEで話題の記事

  • 【2021年】脱毛サロンおすすめ人気ランキング16選 ARINEサロン
  • 5/7更新!UberEats(ウーバーイーツ)最新クーポン情報ARINE PRESS
  • 【5/7更新】出前館の最新クーポン情報|使い方や取得方法もARINE編集部
  • 【2021年最新版】ナイトブラおすすめ人気ランキング15選!ARINE カタログ
  • 【2021年最新版】おすすめ!人気のシャワーヘッドランキングARINE カタログ
  • 【2021年】脱毛器おすすめ人気ランキング11選【最新】ARINE カタログ