パーマをかける前に♡どっちがいいの?【ヘアアイロンVSパーマ】

「新しいヘアアイロンを買うか…。それともいっそのことパーマをかけてしまおうか…。」パーマをかける前ってとっても悩みますよね。お手入れは大変なの?髪の毛はダメージ受けるのかな?そんな疑問が少しでも解消されるように、ヘアアイロンと比べながらご紹介したいと思います。これからパーマをかけようとしている方もそうでない方も、ぜひ参考にしてみてください♪

あなたはどっち?【パーマVSヘアアイロン】

毎日のお手入れ、ヘアケアやヘアアレンジなど…「楽にできたらいいのに!」そんなとき、頭に浮かぶのは【パーマ】なのでは?でも、パーマって髪の毛が傷むかもしれない…。実際ヘアアイロンとの違いはどうなの?考えることはたくさんありますよね。パーマにもヘアアイロンにもそれぞれメリット、デメリットがあるんです。
そこで今回は、あなたにおすすめなのは【パーマ】と【ヘアアイロン】のどちらなのか比べていきましょう♡

【パーマ】っていうけど、どんな仕組み?

パーマとは、1度髪の毛の結合をバラバラにして、それをカールなどの形にして再結合させています。なので、髪の毛の痛みからは逃げられません。しかし、お手入れやケアによってきれいな髪の毛を保つこともできますよ。
まずはパーマの種類を大きく3つ、ご紹介しますね♪

パーマは大きく分けて3種類あるんです♡

HAIR

ウェーブやカールを付けるパーマについてご紹介します。パーマについて調べた方ならご存知かもしれませんが、パーマには【デジタルパーマ】と【コールドパーマ】があるんです!そして、ストレートパーマと縮毛矯正の違いもご紹介しますね。

1. ストレートパーマ(縮毛矯正との違いは?)

HAIR

まずは、「ストレートパーマ」略して「ストパー」です。髪を真っすぐにするパーマであることは広く知られていると思いますが、ストパーと縮毛矯正の違いってご存知ですか?

ストパー…地毛に弱めの癖があってストレートにしたいとき、パーマをかけている人がストレートに直したいときに薬剤の力を使う方法。
縮毛矯正…地毛に強めの癖があってストレートにしたいときに薬剤と熱の力を使う方法。

HAIR

パーマをかける人によってストパーにするか、縮毛矯正にするのかは変わってくるので、美容師さんと相談して決めるのが◎ですよ。
ストパーのメリットは髪の毛がボリュームダウンしすぎないこと。「逆に、癖は気にならないけれど少しボリュームダウンしたい!」という方にもぴったりです。縮毛矯正のメリットはストパーよりもしっかりと髪の毛を伸ばせるので、強めにストレートの癖を付けたい方にはおすすめ。

2. デジタルパーマ♡熱を加えるパーマ

デジタルパーマとは…薬剤と熱の力を利用するパーマです。形状記憶パーマとも呼ばれていて、立体的でスタイリングしやすいのが特徴的。
濡れているときにはウェーブがゆるくなり、乾くとウェーブがくっきりしますよ♪熱の力を使うので、髪の毛の根元の方にはパーマをかけることができませんが、パーマの持ちは長め!

3. コールドパーマ♡熱を加えないパーマ

HAIR

コールドパーマとは…名前の通り、熱を使わずに薬剤の力だけで行うパーマです。水パーマやクリープパーマなどいくつか種類があります。
デジタルパーマよりダメージが少ないですが、カールが弱めでナチュラルに仕上がるのが特徴。常温でパーマをかけるので、髪の毛を根元からふんわりさせることもできますよ。
ヘアアイロンで伸ばせるので、ストレートヘアを楽しむのも◎。

パーマを長持ちさせるお手入れ方法♡

パーマを長持ちさせるケアの仕方は普通の髪の毛のケアとさほど変わりません。パーマをかけたときに特に注意しなくてはならないことは、
1. 髪の毛を乾かしてから寝ること(乾かしすぎには注意です!)
2. カールをきれいに出してから寝ること
です。

1. 髪の毛を乾かしてから寝ること

濡らしてカールを出すこともあるパーマですが、髪の毛が濡れている状態はやはり髪の毛には良くありません。また、お風呂上りに髪の毛をしっかり乾かすことで翌朝、髪の毛の乱れが少なくなって朝のセットが楽になりますよ♡

タオルドライで水分をしっかり吸収して、ドライヤーで乾かしましょう。ドライヤーの温風を使い分けるときれいに仕上がります♪
最初は強めの温風、次に弱めの温風で形を整え、冷風で仕上げればカールが引き締まってまとまりのある髪の毛のできあがり!

そして、乾燥させすぎにも注意が必要です!
そのためにも洗い流さないトリートメントなどがおすすめ♡ドライヤーからの熱や乾燥から髪の毛を守ってくれます。乾燥は髪の毛のパサつきの原因にもなるので、しっかり気にかけてあげましょう。

2. カールをきれいに出してから寝ること

先ほども少し触れましたが、夜のうちにある程度髪の毛をセットしておけば翌朝のセットがとっても楽になるんです♡
まず、カールがしっかり出るように乾かしていきます。ふわふわに仕上げたいときにも、スタイリング剤を付けたりするとカールが落ちてしまうことがあるので、しっかりカールを出しましょう。
髪の毛を指に巻き付けてくるくるさせながら乾かすと、カールがしっかり出ます。強く引っ張らないように注意しましょう。

パーマとヘアアイロンを比べていきましょう♪

HAIR

ここまでパーマについてご紹介してきましたが、まだまだヘアアイロンを使うか、パーマにするか迷っている方もたくさんいると思います。そこで、ヘアアイロンで毎日巻くこととパーマをかけることのメリットとデメリットを比較してみましょう♡

パーマをかけるメリット♪

HAIR

パーマをかけるメリットで1番大きいのは「時短&楽」ということですね。
朝、髪の毛を巻く時間が無くても、少し髪の毛をセットしてスタイリング剤を付ければOKです。パーマをかけることで、髪の毛にダメージはかかりますが、朝の準備に時間をかけたくない方にはおすすめ。
コールドパーマをかければ、ヘアアイロンを使ってストレートにすることもできちゃいます♡

パーマをかけるデメリット…

HAIR

パーマをかけることのデメリットは、やはり髪の毛へのダメージが大きいので既にストレートパーマをかけている方やブリーチをしている方にはおすすめできません。
そして、何もしなくても1日中セットが持つわけではありません。スタイリング剤などが必要です!

ヘアアイロンを使うメリット♪

HAIR

ヘアアイロンを使うメリットは、自分の思ったようなスタイリングにできることです。パーマは自分の思った仕上がりにならないことも少なくありませんが、ヘアアイロンは1から自分でセットすることができるからです。
また、ストレート、ワンカール、ウェーブやカールの巻き方など、その日の気分によってヘアスタイルを変えることができますよね♡時間はかかるけど、楽しい時間です!

ヘアアイロンを使うデメリット…

ヘアアイロンを使うデメリットは、パーマに比べてヘアセットに時間がかかってしまうことです。その時間が楽しくもありますが、寝坊した朝なんかは大変ですよね。
そして毎日髪の毛を巻いているとパーマと同様、髪の毛は傷んできます。しかし、熱の温度を選べるヘアアイロンも増えているので、低温を選べば少しでもダメージを減らすことができますよ♡

あなたは【ヘアアイロンとパーマ】どっちを選ぶ?

ヘアアイロンとパーマのメリットとデメリットを比べてみていかがでしょうか?人によって大事にするポイントは違ってくると思います。ヘアケアをするのはどちらも変わりません。ぜひ1番自分に合ったものを探してみてください♡

※画像はイメージです。

気になったヘアスタイルの関連商品を探す

ヘアスタイルの記事ランキング昨日人気のあったヘアスタイルに関する記事

  1. 1毎日のシャンプーは洗いすぎ?程よいシャンプーの頻度が知りたい!Nadia
  2. 2【人気トリートメント10選】"ちゅるちゅる美髪"の仲間入りを♡Mayu
  3. 3【顔形・年代別】ショートボブの大人かわいさ徹底解析!スタイル集♡Nadia
  4. 4【ダークブラウンetc】季節別人気ヘアカラーでおしゃれに攻めろ♡mm_ym
  5. 5トレンドな”パープルアッシュ”♡ブリーチなしでも、セルフでも♪chaa_f_chaa
  6. 6結婚式にも大丈夫!くるりんぱと三つ編みで作る簡単ヘアアレンジ♡sy
  7. 7女ウケVS男ウケ?【ショートカット×パーマ】の魅惑の魔法って?MK33
  8. 8簡単!大人かわいい「シニヨン」の作り方を徹底解説します♡himayurik
  9. 9簡単アレンジ【なんちゃってボブ】で憧れボブヘアーに大変身!♡kakoichan
  10. 10周りと差を付けるなら?【暗髪×ハイライト】で作る透明感ヘア特集♡akak

おすすめの記事いまARINEで話題の記事

  • ゆらぎ肌にはたっぷりの潤いを。口コミで高評価の潤い化粧水アヤナスPR|ARINE公式
  • 【最大1万円分】ギフト券が当たる!「#ピンク」キャンペーンPR|ARINE公式