メイク落ちしない!ぷるぷるのウルトラパフマスクJIGGLYの秘密

メイクが落ちにくいウルトラパフマスクJIGGLY(ジグリー)とは? 代官山のPOP UPストアをARINE編集部が取材して、マシュマロみたいにぷるぷる&もちもちの触り心地の秘密やカラーバリエーションをチェックしました! 花粉シーズンのマストアイテムであることはもちろん、ファッションアイテムとしても活躍してくれるJIGGLYのマスクについて、サイズ、カラー、洗えるかどうかなどを詳しく紹介します。

PR:株式会社スパイス

目次

毎日使いたくなる“ぷるぷる”のマスク「JIGGLY」

季節を問わず着用するアイテムとなったマスク。とくに花粉シーズンは手放せないので、付けているときのストレスが少なく、普段のファッションとコーディネートしやすいデザインが理想的ですよね。

そして大事なのは、メイクが崩れにくいこと! マスクを外したらファンデやチークがごっそり落ちている…という事態は避けたいところです。

そこでARINE編集部が着目したのは、“ぷるぷる”の素材感が話題になっているウルトラパフマスク JIGGLY(ジグリー)! この春には代官山T-SITEでPOP UPストアが実施されたり、「王様のブランチ」でも紹介されたりした、要チェックのアイテムなんです。

国内初のPOP UPストアが2日間限定で代官山にオープン!

ARINE編集部

発売以来、おしゃれ感度の高い人たちのSNSでは広がっていたJIGGLYが、2021年2月20日(土)・21日(日)の2日間、代官山T-SITE GARDEN GALLERYでPOP UPストアをオープン。ARINE編集部が取材に訪れたところ、店頭にはさまざまなサイズとカラーのマスクが並んでいましたよ!

花粉の気になる季節であり、素材も形もユニークなマスクということで、たくさんの人が足を止め、手に取って見ていました。

メイクパフみたいなマスク!?

ARINE編集部

ウルトラパフマスクJIGGLYの素材は“湿式ポリウレタン”(公式HPより)。顔に付けるとマシュマロのような柔らかさで、手に持ってもぷるぷる、もちもちとしている新感触のマスクです。ストアに来ているお客さんもまずこの感触に驚いていました。

実は、JIGGLYはメイク用のパフと同じ素材を使用しているんです! だから肌につけてもメイクがよれたり落ちたりしにくいんですね。韓国では、発売から半年で100万枚以上も売れたという人気ぶりにも納得。

サイズはS、M、Lの3タイプ

ARINE編集部

JIGGLYのサイズはS、M、Lの3種類で、顔の大きさや好みの装着感で選べます。

Sはお子さんから顔が小さめの女性に向けたサイズ。浅めのシルエットを好む人にもおすすめです。Mはマスクとしてはスタンダードなサイズ感で、女性と小顔な男性もOK。

ARINE編集部

Lは平均的な男性のお顔の大きさに合い、頬をしっかりと覆ってくれるサイズ。耳のバンド部分がやや広めに作られています。

好きな色が見つかる!豊富な10カラー展開

ARINE編集部

そして気になるカラーは、ベージュ、ピンク、ミント、ホワイト、グリーン、ブラック、グレー、パープル、ブラウン、ブルーの10種類! パッと目を引く鮮やかな色からベーシックな色まで揃っているので、自分のファッションテイストに合わせて選べますね。

人気インフルエンサーも愛用中!

当日、POP UPストアにはさまざまなジャンルで活躍するインフルエンサーが多数来店していました。食生活アドバイザーでありモデルのスミスさやかさんもその1人。普段からJIGGLYを気に入って使っているそうです。

この日、スミスさやかさんが付けていたのはJIGGLYのピンク。もともとスリムなさやかさんが、マスク効果でいっそう小顔に見えますね!

マスクのピンクが髪色と春色ワンピにマッチしていて、真似したくなる“マスクコーデ”です。

他にもモデルの玲子さん、Nanamiさん、會澤尚吾さん、スポーツ界からは現役バレーボール選手の佐藤雄斗さんも登場。会場の賑わいはインスタライブでも配信されましたよ。

開発者に聞きました!JIGGLYのおすすめポイント

ARINE編集部

POP UPストアで、JIGGLYの開発責任者である株式会社スパイス・松井さんにお話を伺いました。メイクパフと同じ素材というユニークなマスクはどのような経緯で誕生したのでしょう?

なぜメイクパフの素材でマスクを作ったのですか?

肌への優しさを考えて素材を選びました

ARINE編集部

「もともとは、カビに弱いメイクパフを改良するために開発された素材でした。私達は“人に役立つこと”を理念に商品開発を手がけてきましたが、水抜けが良く肌触りの良いこの湿式ポリウレタン素材と出会い、マスクにも応用してみようというアイデアに至ったのです。

これだけマスクが必須になった世の中でも、肌への優しさが考慮された質の良いものが当たり前に流通しているわけではありません。装着していて気持ち良く、耳も痛くなりにくく、外部からの飛沫対策をしながら呼吸もしやすい。そんなマスクの新常識を目指して、JIGGLYを開発し、ようやく日本での販売をスタートさせることができました」(松井さん)

Q. JIGGLYのデザインの特徴は?

A. 顔にフィットする3D立体構造です

ARINE編集部

「マスクを付けること自体のストレスを減らすために、骨格に合う立体構造を追求しました。フェイスラインに沿ってカーブをつけることで、顔とマスクの隙間を軽減。紐や縫い目がないので、しっかりフィットしてくれます。

次にマスクのストレスとなるのは“話しにくさ”ですよね。鼻の部分のカッティングによってズレにくく、口元にスペースができるようになっているので、マスクをつけた状態での会話を妨げません

一日中マスクをつけていると耳が痛くなることがあります。そこで耳になるべく負担のかからないカットと角度にもこだわりました」(松井さん)

マスクとしての機能はどうですか?

専門機関で検査を行っています

「VFE(ウイルス飛沫捕集(ろ過)効率)80%、PFE(微粒子捕集(ろ過)効率)85%、BFE(バクテリア(細菌)飛沫捕集(ろ過)効率)69%(※1)です。また、春からピークを迎えた花粉の捕集効率は99%(※2)、抗菌力は99%(※3)です。そして花粉の次に気をつけたいのが紫外線。夏に向かって紫外線量が増していき、マスク焼けが気になるシーズンを迎えますが、JIGGLYはUVカット99%(※4)です」(松井さん)

※1 試験実施機関:米国ネルソン研究所
※2 試験実施機関:一般財団法人カケンテストセンター
※3 抗菌加工により細菌の増殖を抑制します
※4 有害な紫外線UV-A UV-B から皮膚を守ります

Q. 人気のカラーはどれですか?

A. ベージュ、ピンク、ミントです

ARINE編集部

「マスクといえば白という時代は終わりましたよね。ファッショナブルに楽しんでもらうために10色を用意しています。男性にはブラックやグレー、パープルが人気ですが、女性に選ばれるのはベージュ、ピンク、ミントといった明るめのカラーです」(松井さん)

Q. 洗って使えるマスクですか?

A. 100回洗っても形崩れはしません

ぬるま湯か水で、中性洗剤を使って洗ってください。おしゃれ着のように優しく手で洗うことをおすすめします。タオルなどでしっかり水気を取っていただくと、日陰干しでもスピーディーに乾きます。

洗濯機の手洗いモードで100回洗っても形やサイズに変化がないという検証結果(※)も出ていますので、繰り返し洗って長くお使いいただけます」(松井さん)

※一般財団法人カケンテストセンターにおいて100回の耐洗濯試験実施

JIGGLYを実際に使ってみて【編集部が検証レビュー!】

ARINE編集部

POP UPストアで購入したウルトラパフマスク JIGGLYをARINE編集部が実際に使ってみました。

選んだのは“ティファニーブルー”のように鮮やかなこちら。春から初夏にかけてのファッションに映えそうです!

【検証1】使い心地

ARINE編集部

つるつるした素材で肌への引っ掛かりがないので、快適なつけ心地でした。耳の痛みはとくに感じませんでした。

鼻でしっかりとマスクが止まり、口周りにスペースができるので、息がしにくいといったことはありません。マスクの中がムレる不快感もありませんでした。

【検証2】メイク落ち

ARINE編集部

ファンデを塗った肌に一日付けていましたが、外したとき、マスクにファンデがべったりと付くことはありませんでした。マスクの中がムレにくいから、メイクのヨレも少ないようです。

どうしてもマスクへの色移りが気になる人は、念のためホワイトは避けて、濃いめのカラーを選ぶことをおすすめします。

【検証3】乾きやすさ

ARINE編集部

中性洗剤で手洗いをして、軽く絞っただけで水気がほぼなくなりました。一晩、室内干しをしたところしっかり乾いていました。風通しのいい場所なら数時間で乾きそうです。

洗っても、素材のつるつる感や形が損なわれることはありませんでした。

ぷるぷる感が恋しくなるマスクの購入はこちら

ぷるぷる、もちもちの感触がクセになるウルトラパフマスク JIGGLY。しっかりフェイスを覆ってくれるデザインによって小顔見せ効果が狙えたり、メイク落ちがしにくかったり、メリットをたくさん感じるアイテムでした。

マスクなしでは成り立たない日々に、お気に入りのものがあると心強いですよね。しかも使い捨てマスクのゴミが減るので地球にも優しい! 公式サイトからサイズとカラーを選べるので、好みに合うもの見つけてください。

※一部の画像はイメージです。
※記載している商品情報は、ARINE編集部の調査結果(2021年3月)に基づいたものです。
※本品は有害な粉塵やガス等が発生する場所でのご使用やそれを防ぐ目的には使用できません。
※マスクは感染(侵入)を完全に防ぐものではありません。
※乳児や呼吸に異常のある方、自らの意思により本品を着脱することができない方は使用しないでください。
※本品を着用中に臭いで気分が悪くなった場合はご使用を中止してください。
※体質によってはかゆみ、かぶれなどを起こす場合があります。皮膚に異常が生じた場合はただちに使用を中止し医師にご相談ください。
※マスクの臭いが気になる場合は洗濯をしてからご使用ください。
※環境、個人差により眼鏡がくもることがありますので運転の際などは十分にご注意ください。
※乳幼児の手の届かない場所に保管してください。
※高温多湿な場所、直射日光の当たる場所での保管は避けてください。
※強い力で引っ張ると商品が破損する可能性がありますのでご注意ください。
※粘着テープやシールは貼らないでください。破損の原因となります。
※ポリウレタンの性質上変色する事がありますが品質に問題はありません。
※使用後は地方自治体の区分に従って捨ててください。

ファッションの記事ランキング昨日人気のあったファッションに関する記事

  1. 1【色別】パーカーでおしゃれに!大人かわいいレディースコーデ20選Mio
  2. 2【2021女子会コーデ】これでキメて♡シーン別おすすめコーデ特集saki0122
  3. 3伊達メガネが安いショップはどこ?プチプラで大人かわいいものだけふろこ
  4. 4【ネックレス】おすすめ17選!人気ブランドのレディースアイテムchucky
  5. 5足元からお揃いに♡カップルにおすすめの《ナイキ》ペアスニーカー集sy
  6. 6世のメンズ必見《黒カーディガン》でつくる大人コーデ25選moeppi
  7. 7【コーデ46選】ニットカーディガンでこなれ感♡最旬コーデをご紹介nvcl
  8. 8サンダルはいつまで履ける?夏から秋まで履けるタイプを紹介ふろこ
  9. 9【2020年】黒シャツでつくるレディースコーデを攻略! Hitomi
  10. 10【2021年メンズスーツトレンド】ダンディなスーツの着こなし7選ふろこ

おすすめの記事いまARINEで話題の記事

  • 次回は9月25日から!Amazonタイムセール祭りの目玉商品やお得に買う攻略法ARINE編集部
  • 【2021年】楽天お買い物マラソンを攻略!次回開催はいつから?ARINE編集部
  • 2021年ZOZOTOWNセールはいつ?再値下げのタイミングなどARINE編集部
  • 9/21更新!Uber Eats(ウーバーイーツ)最新クーポンARINE PRESS